fc2ブログ

引っ越しします(してます)

長年FC2で続けてきました当ブログですが、
このたび、
アメブロさんお引越しすることになりました。
(アメブロの方も同じタイトルでやっております。)

新しい記事も少しずつ書きつつ、
過去記事を今の情報なども加味した上で焼き直ししながらお引越ししています。

なので、以前から読んで頂いていた方も、
もしよろしければ読み直しぐらいのつもりでアメブロの方でもお付き合い頂ければと思います。


アメーバブログ
虫けら屋の「ちょっと虫採り行ってくる!」

※タイトルクリックでアメブロにリンクします。


どうぞよろしくお願い致します。



虫けら屋
スポンサーサイト



バッタ釣り

ご無沙汰しております、虫けら屋です。
ここ最近、Youtubeに動画をポツポツと投稿していたりしますが、こちらのBlogはだいぶ空いてしまい…
見に来てくれている方には申し訳ない限りで。

なので、そんなYoutube投稿の中で先日投稿したものから、ひとつ。

トノサマバッタを釣っちゃおう!



いわゆる昔から知られている「バッタ釣り」という遊びです。
角材を7~8cmに切ったものを黒く塗り、糸で結んでトノサマバッタのオスを釣って遊ぼうというもの。

普通、釣りというとエサや疑似餌を使って魚を釣るものですが、このバッタ釣りの場合は疑似餌ではなく、メスに見せかけた角材(ルアーと呼んで良いものか…?)です。
普段は警戒心が強く、足音に反応してはるか遠くまで飛んで逃げてしまうトノサマバッタですが、メスに乗っている時だけは警戒よりもメスを放さないことの方が重要なようで、野外でたまにおんぶしている個体を見つけてもオスはそうそうメスから離れず、2頭まとめて手掴みできてしまう場合も多いです。
そのため、この角材にしがみついたオスも、サムネイルのように吊り上げられてもしがみついたまま離れず、簡単に捕まえられてしまいます。

作り方や釣り方なんかは動画の中で全部実践していますので、ぜひ見ていただければと。
ただ、オスを釣る際のポイントでひとつ言い忘れていたのが、

一度飛んで逃げた個体は、あまり釣れない

…というコト。
歩いていると、こちらの足音(振動?)でトノサマバッタは飛んで逃げてしまうのですが、釣りたい場合は逃げられるより前にこちらが見つけることが重要になります。
というのも、一度飛んで逃げたものは人間を警戒してしまうためか、ルアーに反応しにくくなってしまうのです。
はるか遠くまで飛んで逃げてしまうことも多いですが、一方で少し先にまた着地する個体もいます。しかしそういった場合でも、一度飛んで逃げた個体はルアーに対して反応しづらく、逃げやすくなっています。
そのため、バッタが逃げる前に発見し、そっと近付いてルアーを投げてやる必要があります。

あとは、ルアーの動かし方なんかは、野外でトノサマバッタの動き方(歩き方)をよく観察して真似すると良いかと思います。
逃げる際は跳躍と飛翔がメインなので歩くの自体はそれほど早くなく、また一度にあまり長くは歩きません。
そんな動きも真似てあげると、よりオスが引っ掛かってくれるかと。


…実際のところ、たくさん採集したいだけなら普通に捕虫網を持って行った方が簡単ですし、より大きなメスも得ることができます。
なので私も最初は「釣りったって、どんなもんなんだか…」という感じで、期待というよりは「昔の本にも出てるようなアレだし、一度ぐらいやってみるか」ぐらいのつもりでした。
しかし、実際にやってみるとこのトノサマバッタのオスがルアーに反応し、ピョン!と飛びついてくるのは見ていて面白く、「遊び」として楽しかったです。
なので、「ガチで採集するぞ!」ではなく、「バッタ相手に遊んでみるか」ぐらいのつもりで挑んでみて頂けたら、楽しめるんじゃないかと思います。

気になった方は、ぜひぜひお試しあれ。

最近の動向

ご無沙汰しています、虫けら屋です。
コロナのご時世で県外に出ることも少なくなっておりますが、なんとか生きております。
遠征が難しいなら地元の昆虫相解明に力を入れようぞ、というコトで最近は地元採集に色々と力を入れており、そのおかげか新しく採れた嬉しい虫もありました。

そのひとつが、こちら。
地元産ウマノオバチ

ばびほう=馬尾蜂=ウマノオバチ
以前に他県で採集した記事は書いておりますが(以前の記事:(1)神奈川里山採集・(2)ウマノオバチ)、転居した千葉でもいないものかと探しており…
ようやく今年になって出遭うことができました。

地元2ヶ所でポイントを見つけることができ、嬉しい発見でした。
で、せっかくなら動画も撮ってみたいとビデオカメラを持って同じ所に行き、採集する動画も撮影することができました。



住んでいるのが町中だったりすると、「地元なんて大して良い虫いないし…」と思ってしまいがちですが、例えば「地元=住んでいる市町村」として全体を見てみると、残っている社寺林や雑木林、河川敷など意外と虫のいそうな場所はあるものです。
そして、そういう地元(市町村)単位だと、意外としっかりと記録されていない昆虫が多かったりします。

遠出がしづらいこのコロナ渦中ですが、だからこそ、地元でじっくりと虫を探してみてはいかがでしょう?
「えっ、こんな虫が地元にいたなんて!」という驚きの発見があるかもしれませんよ。

春、カブトムシの幼虫を探そう

短編動画を作ってみました。

外出自粛で息苦しい御時世ですが、要するに「人との接触を避けましょう」という話。
人との接触がない外出ならば、むしろ良いコトだと思う。
あまりに家の中に閉じ籠っていたら、息が詰まってストレスも溜まってくる。

では、人と接触をしない外出とは?

虫採りだ。


そんなワケで、まだ成虫のいない時期にカブトムシを探してみようというコトで、試しに動画を作ってみました。

https://youtu.be/aKcv5apAdFk

春も進んで色々な虫も活動を始めています。
息苦しく感じたら、人との接触を避けて外に出てみましょう。

よくある標本の誤解のひとつ

先日(と言っても1か月ほど前)手に入れたモーレンカンプオオカブトの標本を展足しているところ……というのが、以下の写真なのですが、、、
モーレン展足01

「針がいっぱい刺さって、まるで剣山みたい。カワイソウ…」


ありがちな誤解です。

昆虫の標本というのは、確かに針を刺す場合が多いです。
「なぜ刺すのか?」という理由については過去(だいぶ前)に記事を書いているので詳しくはそちらに譲るとして(→記事リンク:昆虫針)、まぁ簡単に言ってしまえば「標本を壊さないよう、大切に扱うため」です。
…でもって、虫の体に刺す針は1本だけなのです。

モーレン展足02

写真をよく見て頂きたいのですが、右のハネに刺さっている針以外、他の針はすべて体の各部にピッタリと添えているだけで、刺さっていません。これらの針は実は押さえ針で、標本を乾燥させる間に足の形などがズレて狂ってしまわないようにするために留めています。
そして、乾燥が済んだら抜いてしまい、体に刺した1本の針だけを残します。

これ、昆虫標本の世界では常識なのですが、そうでない方には意外と知られていないポイントだったりします。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク