スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標本修理のちょっとしたコツ

標本のフ節や触角などが折れてしまうというコトは、たまにあります。

リュウツヤ修理前

そういう時は折れた箇所を木工用ボンドなどで接着して修理します。
(※ニカワが一番良いそうですが、やや入手しづらい事や接着の為に温めたりと手間が掛かるため、近年は木工用ボンドを使う事が多いようです。)
接着の際、平らな台の上に置いて修理できればまっすぐに直せるのですが、修理箇所や状況によってはそう出来ないコトもあります。
そうすると、細長いパーツなどは接着しても乾く前に自重で下がってしまう…なんて事も。
そんな時は針などで下から支えて乾燥させることが多いのですが、角度の調整が難しく、なかなかまっすぐになってくれなかったりと苦戦することもしばしば。
そこで、こんな方法を御紹介。

まず、ペフ板や発泡スチロールなどでL字型の台を作ります。
大きさは、縦の部分が修理する標本より少し長いぐらいにします。

修理台

そして接着箇所を木工用ボンドなどでつないだ虫を、この縦の部分に刺して留めます。
ここで1つポイントがあり、虫はまっすぐに留めるのではなく、接着箇所がまっすぐになる角度に留めます。

修理中

画像では赤い矢印の部分を接着しているので、その右中脚のフ節がまっすぐ下を向くように留めています。
こうする事で重力によって接着部分が自然とまっすぐになり、しばらくそのまま置いておけば接着剤が乾いて、自然な角度で付けることができます。

乾燥が済めば、修理箇所はこんな感じ。
リュウツヤ修理後
パッと見では、折れた箇所はもう分かりません。

いかがでしょう?
スポンサーサイト

チョウの標本の作り方

久しぶりに原点回帰(?)で、標本の作り方。
きちんと書かなきゃな、と思いつつ保留になっていた「チョウの標本の作り方」です。

標本を作る際、クワガタのように主に脚の形を整えるのを展足(てんそく)」または「展脚(てんきゃく)」と言うのに対し、チョウなどのように主に翅(ハネ)の形を整えるのを 「展翅(てんし)」 と言います。

展翅には、展翅板と展翅テープという道具を使います(※道具詳細はこちら)。
展翅板と展翅テープ

まず展翅作業を始めるための準備として、展翅テープを展翅板の中央溝にピッタリ沿うように上を針で留めます。
展翅-01
紙製のテープなどで弱い場合は、先を数回折り返して補強してあげると破れにくくなります。
これで準備完了。

まずは、チョウに昆虫針を刺します。
展翅ー02
針を刺すのは胸部の真ん中、また前から見ても横から見ても針がチョウの体に直角になるように刺します。
針を刺したチョウを展翅板に留めます(※展翅板の溝の底にはペフやコルクなど針が刺さる部分がありますので、そこに針をしっかり刺します)。
展翅-03
せっかくチョウに昆虫針をまっすぐに刺しましたので、展翅板にも斜めにならないように気を付けて刺します。

この状態からチョウの翅を整えていくワケですが、チョウやガの翅は鱗粉(りんぷん)という粉に覆われており、指で触ったりするとその粉が剥げ落ちてしまいます。
そこで、その損傷を極力少なくするため、展翅の際は細い針を引っ掛けて(刺さずに引っ掛ける)、ハネを押し上げて形を整えます。

昆虫の翅には、木の葉っぱのような脈があります。
虫の種類によってこの脈筋は色々異なるのですが、チョウやガの脈筋は、おおよそこんな感じに走っています。
(※下のサムネイル画像をクリックして頂くと、より大きな画像で見られますので翅脈が分かりやすいかと思います。)
展翅-04
翅脈
そこで、この翅脈に針を引っ掛け、ハネを押し上げます。
特に、前縁の緑色の点線を引いた翅脈は比較的太く強いので、ここに針を引っ掛けます。

展翅ー05
クワガタ等と違い、チョウやガの翅は薄いため、力加減を間違えると簡単に破れてしまいます。
しかし加減を言葉で説明するのも難しく、いくつも標本を作って練習し、自身で加減を掴んでいくしかありません。

また、外側から引っ掛ける以外にも、内側から針を入れて展翅する方法もあります。
内外どちらが正解というものでもなく、個々人でやりやすい方を選択すれば良いかと思います。
展翅-06

…ちなみに、利き手と逆側の翅を展翅する場合は、無理に反対の手でやっても上手くいきませんので、展翅板を逆さまにして行うとやりやすいかと思います。
逆さ展翅

後翅も同じように持ち上げ、バランスを整えます。
後翅のバランスはチョウの種類や個体によっても異なるので一概に言えず、図鑑やネットの画像などを参考にされるのが良いかと思います。
展翅-07
触角も、出来るだけまっすぐになるようにして展翅テープの下に挟み込みます。

あとは、腹部が上がっている場合は針を十字にしてまっすぐになるように押さえ、下がっている場合はティッシュなどを丸めてお腹の下に入れて枕にし、まっすぐにしてやります。
展翅-08

この状態で1~2ヶ月ほど乾燥させれば筋肉が乾いて動かなくなりますので、押さえた針を抜いて展翅板からチョウをはずし、ラベルを付けて標本は完成です。
乾燥の際は、陽の当らない風通しの良い場所に保管しましょう。
展翅-09


乾燥やラベルについては、以下リンクも併せてご参照下さい。

ドライボックス
データラベルの書き方
データラベルの作り方

裏面展足標本

えーと、採集記をお待ち頂いている方には申し訳ありません(^^;
ちょっと今回は標本関係記事で。
次回から順次採集記を書いていきたいと思いますので、今しばらくお待ち下さい。






さて、前々回記事のように通常の表向きの標本にするより裏向きで標本にしたくなる虫というのがたまにいます。
そうでなくても、同じ虫を複数頭採った際に裏面が美しかったりすると、1頭ぐらい裏面の標本にしてみたくなる事があります。

ミヤマ裏展

でも、チョウなら表展翅も裏展翅もさほど変わらないけど、

甲虫の裏展足って虫をひっくり返して脚を空中の状態で固定しないといけないから難しい







…とか、思っていませんか?


そんな時は頭を柔らかくしましょう。
思考を柔軟に、発想の転換。

何の事はない、
表向きに展足して、乾燥させた後で裏返せば良いのです。


…そう、なにも展足時から裏返しで作業する必要は全くないのです。
乾燥させた後で昆虫針を抜き、逆向きに刺し直せば良いだけ。

ミヤマ左針刺し
ただ、気を付けなければいけないのは、最後で裏返すので、最初の時点では昆虫針を左側に刺すということ。(※乾燥後に針を刺すという方法もありますが、裏面だと脚が上に来ているため、その状態で針刺し作業をすると足を折ってしまう可能性もあるのであまりオススメしません。)

針を左側に刺したら、そのまま普通に展足して乾燥させ、乾いたらそっと昆虫針を抜き、腹側から刺し直すだけです。
これだけで裏面標本の出来上がり。
もし標本がクルクル回ってしまう場合は、下側を少量のボンドでとめるだけ。

「裏面標本=裏展足」というのはただの先入観、固定観念。
発想を柔軟にすれば、なんら難しくないのであります。

うちの外産ミヤマ標本

わたくし虫けら屋はもともと収集よりも採集が好きなので、購入が主となる外国産標本はあまり持っていません。
なので、好きなLucanus属についても特に海外産を収集したりはしていないんですが、以前に多少まとめて捨て値で手に入る機会があったため、ちょっとだけ持っていたりします(各種雌雄合わせて計20頭チョイぐらいかな?)。

…ただ、前の持ち主の標本の扱い方がかなり悪く、全身に乾いたカビの菌糸が絡まっていたり、フ節があちこち飛んでたり、針が小楯板だの鞘翅のやたら下の方に斜めに刺さってたり、針が途中で45°ぐらい曲がってたり。
ついでに思いっきりケンカ傷(穴)が付いているものも。
まあそんな状態だからそのままコレクションにするのは嫌だし、かと言って進んで手を付ける気にもなれないんですが……それでも折を見て少しずつクリーニング&展足しています(一応、針刺し標本なんですが、お世辞にも“展足してある”とは認められない…)。

いや~ヒドいヒドい。
軟化してティッシュでゴシゴシして死んだ菌糸を拭ったり、表面に毛の無いヤツはボンドパックしたりして、その上で展足をキメてようやく“なんとか見られる状態になるか?”という感じ。
もうクリーニング&展足の前と後では「劇的ビフォー・アフター」状態(笑)

標本クリーニング前→後

針も全部交換(ブラックエナメル針が刺さってるヤツなんて、中で錆びてるし)。
大アゴがカッチカチで動かないヤツは、頭を取り外して内側の筋肉をピンセットで取り除いて。

マザマミヤマ(頭はずし)

軟化した途端にフ節が2~3本取れたりするから、どこのパーツか分からなくならないように保管。
まさに壊れた古いプラモデルを直してる気分ですよ(笑)

…で、展足しながらBE-KUWA片手に絵合わせで名前を調べてみる(大図鑑出すのが面倒臭くて…まだ旧版しか持ってないし)んですが、意外と良い虫が入ってたりしてちょっとビックリしたりする事も。
ただ、本当に「その時の気分で、手に入れやすかった物から買っていった」感じで、オマケに小型種が多く、カンターだのメアレーだのセリケウスだのルニフェルだの人気大型種が抜けてるわりに、バルバロッサだのマザマミヤマだのが入っていたり。
タカサゴ、チョウセン、タイワン、ヘルマンは入ってましたが、ヨーロッパミヤマはケルブスだけ。
なんとも不思議な集め方だなぁ……それとも、自分が海外産種の収集をあまりしていないからそう思うだけなのか?

ちなみに、1960~70年代の採集モノが多く、中にはdet.ラベルが付いているものまであったりするんですが……その同定者を知らないのでナントモ…(^^;

プラキドゥスdet.ラベル


…それにしても、標本の状態はともかく、こういうベースがあると確かに「ちょっと世界のミヤマを集めてみたいかも」と思いたくなったりもしますね。

財布が泣くのでやりませんが

それに、10種買うより1種採る方が楽しいしね。
ただ、国産3種の親戚(パリーやラエトゥス、プラネット、ボイレアウ、とかかな)ぐらいは持っていたい気もするなぁ……

…などと思い始めるのが既に危険な兆候ですかね(笑)

部分軟化

展足し、乾燥を終えていざマウントしようとした時に、フ節や触角が曲がってしまっているのに気付くことがあります。

部分軟化-1

まぁ「仕方ない」と妥協しても良いのですが、どうにも気に入らなかったりする事もあります。
でも、全部軟化してまた一から展足し直すのはあまりにも面倒…。

そんな時は、修正したい一部だけを軟化、つまり部分軟化をします。

フ節なんかだとやり方は簡単で、小さく切ったティッシュを濡らして軟化したい箇所に当てておくだけ。
数分~十数分も待てば柔らかくなり、そこだけ展足し直す事が出来ます。

…しかし、触角など浮いた状態のパーツだとティッシュを乗せておくのも難しかったりします。

そこでピンセットが登場します。

ピンセットを軽く閉じて水に浸し、
部分軟化-2
そのまま静かに水から引き上げると…
部分軟化-3
ピンセットの間に少量の水分が吸い上げられます。

…で、それを軟化したい箇所に水滴として付けます。
この場合は触角の中程ですね。
部分軟化-6

無論、普通に脚などでも同じ方法で軟化できます。
部分軟化-4

…で、待つこと数分~十数分。
水を付けた部分だけが軟化されますので、そこだけ展足し直します。
部分軟化-5


フ節や触角など先端部分のみの再軟化の場合、1週間ほどで乾燥しますので、乾燥が済んだらラベルを付けて標本箱に入れる事が出来ます。

“展足が一部だけ気に入らないけど、全部やり直すのは…”なんていう時に、この部分軟化は力を発揮します。
また、触角などは一度の展足だけだとビシッとキマらない事もあり、全体を展足して乾燥させた後、触角のみ再軟化して整え直すことも可能です。


展翅や展足は本来標本を検分しやすくするために行うもので、見やすくさえなっていれば本来の目的としては十分であり、それ以上に“美しく仕上げる”のは所詮は個々人のこだわりの世界です。
…しかし、だからこそキレイに展足して美しい標本にしたいと思うもの。

この部分軟化もまた、こだわりの展足のためのテクニックです。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。