スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナベブタムシ

指先に乗ってしまう小さな丸い虫、これは ナベブタムシ という。
ナベブタムシ

鍋の蓋のように丸くて平べったく、また似たような色合いをしていることから名付けられたとよく分かるこの虫だが、体長1cm足らずと小さいもののタガメ(→記事)やミズカマキリなどと同じ水生カメムシの仲間。
ただ、タガメやミズカマキリと違い、この虫は流れの速い場所を好む。
川底の石や砂利にしがみつきながら水中生活を送っているのである。
流れのあまりない止水を好むタガメ等とは好む環境が異なるのだが、どちらも比較的キレイな水場を好むのは共通しており、全く同じ場所では見つからないが、近くで見つかることはある。
条件が良い場所ではかなりの数が生息していることがあり、見つけた場所もその「良い場所」のひとつらしかった。
流れの底の小石ごとゴリゴリをこそぐように網で掬い上げると…

ナベブタムシ多数

一掬いで20頭ぐらい平気で入ってくる。
すぐ横を同じように掬えばまた20頭。ちょっと離れて同じように掬えばまた…
流れ全体ではどれほどの数が生息しているのか、ちょっと見当もつかない。

以前に喜界島の採集記(→記事)の中で登場した「アシブトメミズムシ」に通じる可愛らしさがあって、好きな虫のひとつである。
アシブトメミズムシ-2

…ところで、タガメやミズカマキリと言えば呼吸管(おしりの先)を水面に出して呼吸をする姿を思い浮かべる人もいると思うが、このナベブタムシくんは実はそれをしない。
なんと彼らはエラもないのに、プラストロン呼吸という特殊な方法により 水面に上がらなくても息ができる のである。

体にいっぱい生やした細かな毛に空気を纏わりつかせることで、いわば酸素ボンベを作り、その空気で呼吸する。
更に、その空気の中の酸素が少なくなると、周囲の水の中からその空気の中に自然と酸素が溶け込み、わざわざ水面に上がって酸素の補給をする必要がないのである。
他の水生昆虫もプラストロン呼吸も利用しているのだが、それだけでは足りず外気から直接酸素を取り込む。
しかし、このナベブタムシは、ことプラストロン呼吸に関しては特に優れているようだ。

ちなみに、プラストロン呼吸とは違うがゲンゴロウも水中の酸素を取り込むという方法を利用しており、水槽で飼育されているゲンゴロウがおしりの先に小さな泡を付けているのは、その泡の中に水中の酸素を取り込んでいるのである。
ただ、これもやはりその酸素取り込みだけでは呼吸がもたないので時々水面に上がりおしりを上げて、外気を取り込む。
ゲンゴロウが水中でおしりの先に泡を付けているのは、遊んでいるのではなく、実は水中でより長く活動するための工夫なのである。

たかが昆虫、されど昆虫。

彼らは生きていくために、実に様々な工夫をしているのである。
スポンサーサイト

キバラヘリカメムシ

黒のニーソと白い太もも…なんて見えてしまうのは男のスケベ心か。

キバラヘリカメムシ-1
…でも、この虫はそんなふうに見えてしまっても仕方ないと思うぐらいのニーソックスっぷりである。

この虫の名は キバラヘリカメムシ
カメムシの一種である。
脚の付け根の白は目立つものの全体的に見ると比較的地味に思える…


…が、実は腹側は真っ黄色。
日本の虫らしからぬド派手な色のカメムシである。
キバラヘリカメムシ-2
キバラヘリカメの名も、この「黄」「腹」からきている。

マユミなんかの実に群れていることが多く、カメムシとしてはあまり臭くない方(触ればニオイは出すけど)なので、もし木を見かけたらちょっと立ち止まって探してみてほしい。

絶対ニーソに見えると思うから。









…実がなるの、秋口だけど。

不思議な羽化不全

先日、標本教室の教材のためにセミ採りをしていたところ、妙な姿が視界に入った。

アブラゼミ羽化不全
なんじゃこりゃ!?

アブラゼミなのは間違いないが、こんな羽化不全は初めて見た。
右のハネがまるで風になびいたマントのようにめくれ、左側に回っている。

セミ好きの友人に聞いてみたところ、“羽化最中に風で煽られてハネが捲れてしまったのかも…”との事だったが、やはりこんなのは見たコトがないとの事だった。
当然ながら、こんなハネでは飛べるハズもなく、ひたすら幹を歩くのみ。

珍しい羽化不全例という事で一応採集してきたが、さてどうやって標本にしよう…
セミは小楯板に昆虫針を刺すのが一般的だが、この個体は捲れた右ハネで小楯板が完全に隠れてしまっている。

ハネごと針を刺してしまう?
前胸背に刺すのはなんかオカシイし…
う~んむ……悩む…

ナガメ

菜の花を登る小さな赤いカメムシ。
春、菜の花が咲き乱れる場所で目を凝らしてみると、よく見つかる。
ナガメ
その名も ナガメ
菜の花に付くカメムシだから、菜亀
なんとも単純明快で分かりやすい名前であるが、「アブラナカメムシ」ではなく「ナガメ」な辺りに名付けた方のセンスも感じる。

逆さにしてみると、人面に見え…………なくもなくなくない…?
ナガメ人面?

ちなみにこの時期、菜の花にはナナホシテントウやナミテントウなどのテントウムシもよく付いている。
大きさも同じくらいなので遠目には見間違いやすいが、よくよく見れば模様や形も違うのでカメムシと分かる。
お散歩中に菜の花の原っぱを見つけたら、ちょっと探してみてはいかがだろう?

アブラゼミが鳴いていた…

昨日10月30日、某用事で新宿を訪れ、昼頃に新宿中央公園を歩いていたところ、何処からか間延びした“ジリジリジリジリ…”という声が聴こえ始めた。
思わず耳を疑ったが、注意してよく聴いてみればやはり間違いない。

アブラゼミの鳴き声だ。

…まさか、10月も終わろうかというこの時期に、まだアブラゼミが生き残っていようとは。
気温が低いせいか鳴き方が間延びしているが、今この瞬間に鳴いているということは、前日の冷たい雨を生き延びたという事だ。
そして、まだ鳴くだけの力を残しているということ。

当然、私自身では最遅確認記録だ。
鳴いていたのが高い場所だったので姿までは確認できず、画像はないが、あれは間違いなくアブラゼミだった…

いつ頃に羽化した個体なのか分からないが、もしあと2日生き延び、再び鳴くことがあったなら、11月のアブラゼミ鳴き声記録ということに…!!
今週は天気も比較的安定しているみたいだし、可能性はゼロとは言い切れないのではないだろうか。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。