スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンボの標本の作り方~基礎編~

先日、ウチの裏の川で採ったアキアカネを標本にしてみたいと思います。
トンボの標本を作る場合、手順は以下の通り。

(1)エノコログサの準備
(2)トンボに糞を出させる
(3)エノコログサの茎を通す
(4)整形する
(5)乾燥~マウント

トンボの標本を作る場合、まず下準備が必要になります。
エノコログサ(ねこじゃらし)の茎を切ってきて、乾燥させておきます。
なお、穂の部分は必要ないので切り落とし、茎の、節(フシ)のない部分のみを使います。

エノコログサ

次に、採集したトンボを三角に折った紙に包んだまま丸一日(24時間)ぐらい置き、糞を出させます。
体内に糞が残っていると標本にした時に色が悪くなる原因になるため、可哀想ですが餓死させた方が標本の色残りは良くなります。

トンボ三角紙

1~2日ぐらい経つとトンボは餓死しますので、そうしたら乾燥したエノコログサの茎をトンボの胸~腹端と同じぐらいの長さに切り、それをお腹に通します。

トンボとエノコログサ

トンボは乾燥の過程で腹部が折れたり曲がったりしてしまいやすく、それを防止するために茎を入れておくのです。
…ちなみに茎はエノコログサでなければいけないワケではないのですが、「茎が細くまっすぐで、葉や節が少ない」「近所で簡単に手に入る」という理由からエノコログサが良く使われています。

トンボ標本作業

茎を通したら、胸部に昆虫針を刺して、写真のように翅(はね)を広げても良いし、ちょっとこだわるなら横向きの標本にしても良いです。
トンボは胸部や腹部の付け根の形で種を見分ける事も多いため、専門の虫屋さんは横向きに標本を作る事が多いのです。

トンボ展翅

形が整ったら、風通しの良い場所に置いて、1ヶ月ぐらい乾燥させます。
そうして乾燥が済んだら、「いつ」「どこで」「誰が」採ったかという『データラベル』を、虫に刺した針に一緒に刺して、完成です。
翅を開く場合には「展翅板」「展翅テープ」という道具が必要になりますが、それ以外はさして難しい作業もないです。
…まぁ、強いて言うなら、エノコログサの茎を通す際に、お腹の途中から飛び出してしまわないように、慎重に通していくという事ぐらいでしょうか。


※なお、詳しいラベルの書き方・作り方については、以下のリンク記事をご覧下さい。
 →データラベルの書き方
 →データラベルの作り方


…さて、横向き標本についてはまたいずれ、“こだわり編”みたいな形で書きたいと思います。
トンボは通常乾燥だとどうしても色落ちしてしまいますし、その辺りも“こだわり編”で色を残す試みなんかを書いていきたいと思いますので、首を短くしてお待ち下さい。
スポンサーサイト

トノサマバッタ

トノサマバッタ

夏の虫がいよいよ数を減らし、空も空気もすっかり秋めいてきた。
数週間前まで河原の土手で飛ぶトンボはウスバキトンボが大多数を占めていたのに、いつの間にかアキアカネに入れ替わっている。

河原の土手を歩けば、次々とトノサマバッタが飛び立つ。
子供の頃、まだ整備されていなかった荒川土手で一日中こいつを追いかけ回していた記憶がある。
普段は敏感で、そう簡単には近付かせてくれないトノサマバッタだが、運良く交尾中の個体を見つければそうでもない。
オスがしがみ付いているために飛翔ができず、ピョンピョンと跳ねるだけなので捕まえるのも撮影するのも簡単。
携帯でここまで寄れるぐらいに。

トノサマバッタと言えば仮面ライダーのモデルとしても有名で、緑色のものが一般的だが、こんな茶色のヤツもいる。
また、バッタと言えば秋のイメージだが、実はトノサマバッタは年に2回発生し、初夏にも成虫を見ることができるのは意外と知られていない。


…今日は、10月に開催予定の昆虫標本教室の材料調達で、トノサマバッタとオオスズメバチを採集。
スズメバチの方は写真を撮り忘れてしまったので、また今度という事で。

9月のミヤマクワガタ

ミヤマ73

本日から、ブログなるものを始めてみました。
一発目という事で、まぁ何はともあれ一番好きなミヤマクワガタで。

虫けら屋本人は埼玉に住んでおりますが、毎年丹沢にミヤマ採集に行きます。
まぁ機会あって丹沢でミヤマの良いポイントを見つけてしまったから毎年通ってるってだけなんですが。

…とは言え、行くのは基本的に7月中~下旬。
9月に行こうなんぞとは思ってもみませんでしたが、今年たまたま別件で9月10日に丹沢に行く用事があり、“じゃあついでに、ダメ元でポイントをチェックしておくか”ぐらいのつもりで行ったら、数頭のミヤマが付いており、しかも滅多に採れない73mm級がいるじゃないですか。
いやいや、思わぬ大収穫でした。

俗に言う『二次発生』かとも思ったけど、鞘翅の毛はすっかりスレてるし、一時発生からの長生きさんでしょうな。

ミヤマクワガタの新鮮な個体は金灰色の微毛が全身に生えており非常に美しいのですが、その微毛は活動と共に落ちて、シーズン末期になると鞘翅ツルツルの個体が増えてきます。
でも、そういう個体も大型クラスになると猛者の貫禄があるような気がして、好きなんですよねぇ。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。