ローゼンベルグかローゼンベルギーか

オウゴンオニクワガタの一種で、ローゼンベルグオウゴンオニクワガタがいます。
近年では「ローゼンベルグ」の呼び名でほぼ定着していますが、以前は「ローゼンベルギー」という名でも呼ばれていたのを覚えているでしょうか。
これは、どちらも同じ種を指しているのですが、なぜ語尾が「グ」か「ギー」か違っていたのでしょう?
(他にも、「モーレンカンプ」と「モーレンカンピ」等も)

実は、これは前回出た学名がその要因となっています。
ローゼンベルグオウゴンオニクワガタの学名は「Allotopus rosenbergi」、つまり、学名の種小名をそのまま和名に当てはめた名前なのです。
そして種小名をそのまま読めば「ローゼンベルギ」と読めます。

では、本来は「ローゼンベルギー」が正しいのか?

実は、この種小名の「rosenbergi」は、ローゼンベルグという人の名前から取っています。
学名に人の名前を付ける時にはルールがあり、男性の名前なら最後に「i」、女性なら最後に「ae」を付けるという決まりがあります(※名前の語尾によっては変化する場合もあります)。
例えば、日本で井上さん(男)という方の名前が付けば「inoue+i」で「inouei」、タケシさん(男)なら「takeshi+i」で「takeshii」、アツコさん(女)なら「atsuko+ae」で「atsukoae」という具合です。


さてここで最初の「ローゼンベルグかローゼンベルギーか」に戻ります。
つまり、これは和名にする際に末尾の「i」を読むか読まないか、という事なワケです。

…では、日本人の名前が付いている虫の場合、どう呼んでいるでしょうか?
「カミジョウオオクワガタ(Dorcus kamijoi)」「タナカコクワガタ(Dorcus tanakai)」「エサキモンキツノカメムシ(Sastragala esakii)」、どれも基本的に語尾の「i」は入れず、名前だけで呼んでいます。
学名をそのまま和名に当てはめて呼ぶ場合、人名の語尾の「i」「ae」は入れないのが一般的です。

となると、外国人の名前だけ「i」を発音するのもおかしな話です。
以前はそれを人名だと意識せずに学名をそのまま読んでしまって「ローゼンベルギー」だったりしていたのですが、近年では本来の人名である「ローゼンベルグ」と呼ばれるようになったというワケです。


※ただし、学名で呼ぶ場合は当然「i」や「ae」も発音しますから、「ローゼンベルグイ(ローゼンベルギ)」と呼びます。
末尾を発音しないのは、あくまで和名で呼ぶ時という事になりますね。

※また、語尾が「a」で終わる男性の場合、最後は「i」ではなく「e」にして、同じく「イ」と発音するという決まりになっています。
ですので、本来であれば、田中さん(男)の名を付ける場合は、「tanaka+e」で「tanakae」と書いて、「タナカイ」となるのがルールなのです。
全部が全部「i」か「ae」を付ければ良いというワケでもなく、学名のルールが色々あるワケです。
スポンサーサイト

虫の名前について ~和名と学名~

日本で使われる「虫の名前」には、2種類があります。
ひとつは和名と言われる日本での名前。
これは「ミヤマクワガタ」や「モンシロチョウ」など日本人にだけ通じる名前です。
この呼び名は日本国内のみのものであり、海外の人には通じません。
一方で海外に行けばそれぞれの国でそれぞれの呼び名があります。
日本で蝶(チョウ)と呼ばれる虫は、アメリカやイギリスではバタフライと呼ばれ、フランスではパピヨン、インドネシアではクプクプと呼ばれます。
普通に生活する分にはそれぞれ自分の国の言葉での呼び名を知っていれば十分なのですが、研究したりする場合にはそう簡単ではありません。
日本のチョウを調べる場合でも、海外にいる近い種類のチョウを調べたりする必要が出てきますが、これが国ごとに呼び名が違っていては非常に不便なワケです。

そこで世界共通の名前が必要になります。
それが学名です。

ミヤマクワガタなら「Lucanus maculifemoratus」、モンシロチョウなら「Pieris rapae」という学名が付いています。
図鑑などで、虫の名前の横(または下)に斜字体のアルファベットで書いてあるのがその学名です。
イタリック体という字体で表記するのが基本なのですが、その字体がワープロソフト等で入っていない場合も多く、多くの場合は学名である事が分かるように斜体で書くか下線を入れます。

種を表す学名は2つの名前の組み合わせで出来ています。
「属名」+「種小名」という組み合わせで、属名の「属」は生き物を分類する時の単位で、例えばミヤマクワガタの学名である「Lucanus maculifemoratus」は「Lucanus」の部分が属名になります。
「ミヤマクワガタ属」に含まれる全ての種がこの「Lucanus」が最初に付き、同じグループに含まれることが分かります。

(例)
ミヤマクワガタ:Lucanus maculifemoratus
アマミミヤマクワガタ:Lucanus ferriei
ヨーロッパミヤマクワガタ:Lucanus cervus
エラフスミヤマクワガタ:Lucanus elaphus

後半の「maculifemoratus」や「cervus」は種小名と呼ばれ、Lucanus属のcervus種という虫がヨーロッパミヤマクワガタを指すワケです。

なお、後半の種小名だけではどの虫かは断定できません。
属名と種小名の組み合わせが完全に重なるものはありませんが、種小名だけなら同じ虫がいくつもいます。
例えば、奄美大島にいるアマミミヤマクワガタ(Lucanus ferriei)の種小名「ferriei」は、同じく奄美大島にいるフェリエベニボシカミキリ(Rosalia ferriei)にも使われています。
そのため、何という種かを確定する名前は、あくまで「属名+種小名」という組み合わせになります。

もっともっと学名のルールは色々あるのですが、今回はそのさわりだけ、という事で。


…ちなみに学名は英語っぽく見えますが、ラテン語(もしくはラテン語化した言語)という言葉です。

ちょっと虫採り行ってくる

昨年末に久米島に行ったばかりなのですが、またしても南の島に虫採りに行ってきます(※例によって、この記事がUPされるのは離陸予定時刻です)。

2013年最初の遠征…
…に、まさか1月から早々に行けるとは思いませんでしたが。
沖縄の海2011

“まぁよくそれだけ次から次に行けるもんだ…”と呆れた声が聞こえて参りますが、別に私が悠々自適なお金持ちというワケではなく、前回の久米島と今回の沖縄本島は“コガネムシの神様の御力”がはたらき、奇跡的に色々な都合が付きまして…という事情があるのであります(^^;

狙う虫は、性懲りもなく久米島と同じ虫です。
ただ、今年は久米島でも経験したように季節がかなりズレ込んでおり、やんばるでの発生もやはり早かったという話も聞いています。
はたして例年通りの時期に発生するのかどうか、それすら怪しいワケで正直言って暗中模索です。
狙いを付けているポイントも普段誰も採集に行かないような場所なので、どうなる事やら…



じゃあ、ちょっと虫採り行ってくる!

第19回 埼玉インセクトフェスティバル

来月 2013年2月16日(土)&17日(日)、大宮ソニックシティにて毎年恒例の
埼玉インセクトフェスティバルが開催されます(※写真は2011年のもの)。
毎年9月23日(秋分の日)に開催される大手町インセクトフェアと並ぶ、有名な昆虫フェア(即売会)です。

大宮フェア2012

<詳細>
大宮ソニックシティ 第一展示会場
〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

2月16日(土) 生き虫中心 13:00~17:00
2月17日(日) 標本中心  10:00~17:00

日によって開始時間が異なりますのでご注意下さい。
※HPが見当たらないため、情報元は「TSU-I-SO No.1442」になります。

各日入場料:大人500円/小人(小・中学生)300円

…ちなみに、この埼玉のフェアは毎年「カトレア企画」という会社が主催していたのですが、諸事情により今回はLIS(エルアイエス)さんが主催する事になったそうです。


さて、フェア告知というコトで昨年記事の焼き直しではありますが…

既にご存知の方はもう説明不要ですが、知らない方のために簡単に説明しますと、
多くの個人や業者などが1~数卓ずつのスペースを借りて出店する昆虫市です。
お客さんは入場料を支払って中に入り、あーだこーだと言いながら会場を回り、気に行ったモノ(虫や用品)があったらその場で購入。
値段は各出店者が自由に決められるため、市場価格よりかなり安く手に入る事もあります。
散財しやすい人は、最初に予算を決めておいた方が良いかもしれませんね。
その一方で、値段との折り合いで迷いに迷って購入したら別の人の所でもっと安く売っていた、なんて事もあったりします。
でも「もっと安いのがあるかも」と会場を回っているうちに最初のが売り切れてしまう事もありますので、なかなか難しい。
その辺を含めて「市」を楽しみましょう。
フェアはネットオークション等とは異なり実際に虫を見て選べますし、購入したら意外なオマケを付けてくれることもあります(必ずではないので、期待はしないように)。
販売主とも直接話せますので、飼育や標本作製のテクニックなんかを聞いたり、仲良くなれば「まとめて買うから少し値引いて」なんて交渉をしたりもできます(…値引いてくれるかどうかは相手次第ですが(笑))。
また販売者や来客の中には業界で有名な方も結構いますので、そういった方とお近付きになるチャンスでもあります。

ちなみに、秋に開催される大手町インセクトフェアは毎年9月23日と決まっていますが、埼玉インセクトフェスティバルは2~3月と毎年開催時期はマチマチ。
日程は要注意です。


で、その埼玉インセクトフェスティバルですが、
2月16日(土)はカブト・クワガタの生き虫中心の日で、国産・外産様々な生き虫が並びます。
飼育中心の方は、こちらの日がオススメ。
意外な出物があるかもしれませんし、ケース・マット・ゼリーなどの飼育用品を売っている人もいますので、ついで買いにも良いです。

2月17日(日)標本中心の日で、こちらはカブト・クワガタだけでなく、様々な甲虫やチョウ、トンボ、ハチ、時にウデムシ(昆虫じゃない)など様々な虫の標本が並ぶ即売会です。
世界各国の珍種・奇種が並びますので、見ているだけでも楽しいです。
また標本箱や昆虫針などの用品を売っている人もいます。
標本に興味があるなら是非オススメです。


…で。
昨年は生き虫中心の日に、私もちょっとだけ出店していましたが、今年はどうしようかと悩み中。
もし出店するとなれば、昨年と同じく友人のスペースを1/3~半卓ほど間借りして標本教室の宣伝を兼ねて標本作製実演をしようかと思いますが。

ちなみに、11日(日)標本中心の日は、お客として会場をプラプラしている予定です。
自身は標本派なんで、自分の好みで言えば標本中心の日の方が面白いのです…(^^;

キイロトゲエダシャク

この不思議なとまり方をしている虫は、実はこれでも立派な

キイロトゲエダシャク

本土にも分布するが、奄美や沖縄と言った南西諸島を中心に分布し、台湾までいる蛾。
早春のごく短い期間にのみ現れる蛾で、けっこう珍品らしい。

今回、2012年2月の奄美大島でケブカコフキコガネ狙いのライトトラップに飛来したものの、勉強不足で珍品とは知らずリリースしてしまった。
こういうT字型にとまる蛾というのは1cmクラスの小型種(トリバガ科)ばかりだと思っていたので、この大きさでこんな止まり方する蛾がいるんだなぁ…と写真は撮ったのだけど。

後日、蛾屋さんに同定してもらおうと写真を見せて「逃がしちゃったんで、写真だけですけど…」と言ったら、

「これ珍品だよ!? 逃がしたぁ!? 何やってんの!?」

…と怒られました(笑)

感覚的に言えば…
クワガタ屋じゃない人が奄美大島に行って、
「奄美大島でミヤマクワガタっぽい♀がいたんですけど、小さかったし♀だったんで捨ててきちゃいました」とかって言い出すようなモンですかね(爆)(※1)

…まぁ確かに2月の南西諸島なんて採集に行く人も少ないでしょうし、こういう変な時期に気になる虫を採ったら、自分の興味の対象外の種でも採っておかないといけない、というコトですね(^^;

ちなみにこのキイロトゲエダシャク、♂は珍品・♀は大珍品らしいですが、飛来したのは♂(…ちなみに、多分完品でした)。
別の方からは、「♀を逃がしたなんて言ったらボコボコにされるよ」とも…。

いやぁ…♂で良かった(^^;)





※1.
奄美大島にのみ分布する「アマミミヤマクワガタ」は、♂は比較的採集しやすいものの♀は珍品。
♀が採りにくいため、かつてはなかなか生き虫が出回らなかった。

久米島に行ってきました

12月23日~31日の8泊9日で久米島に採集に行ってきました。
いつもの流れですとココで採集記となるのですが、今回は写真も少なくまた採集記に書けるほど内容も濃くありません(一部、濃い部分もあるのですが…)。
ですので、今回は撮影した写真からいくつかを並べてお茶を濁す事にします(をい)。

まずは、クメジマハブ
クメジマハブ幼蛇
奄美や沖縄本島にいるホンハブと同じ種とされていますが、久米島のものは写真のように模様が単純化する個体が多く、こういった個体は「クメジマハブ」または「クメハブ」と呼ばれています。
今回出遭った個体はまだ30~40cm程度の幼蛇でしたので幼い顔をしていますが、既にハブの貫禄は備えていました。

で、狙いのケブカコフキコガネ
久米島ケブカコフキ♂
これがもう今回は完全に発生ピークを過ぎてしまっており、少ないこと少ないこと。
23~31日という長い日程だったので“どこかでピークが来るだろう”と考えていたのに、どうも行く前に既にピークを過ぎてしまったようで本当にキツかったです…。

アオカナヘビ
アオカナヘビ
ケブカ探索を森をさまよい、車に戻ってきたらポトリと膝の上に落ちてきた。
どうも森で藪を漕いでいるうちに体にくっついていたらしい。

奥武島からの海
奥武島からの海
久米島と橋でつながった小さな島で、その間の海は非常に浅く、そして澄んでいる。
ここから“はての浜”まで数km、非常に浅い海が続き、ところどころに砂洲が顔を出す。

ミーフガーの荒波
ミーフガーの荒波
穏やかな奥武島方面とは打って変わり、北側の海は風も強く波も荒い。
人の背丈を超えるような波が白く砕け散り、迫力の姿を見せる。
しかしそこは沖縄、荒ぶる波も水色に透き通っていた。


…今回は本当にキツかったです。
元々個体数の少ない虫なら苦労して採る楽しみも大きいのですが、本来多数採れる虫がピークを過ぎて少ないというのは精神的にもキツイ。
おそらくピーク時には何十・何百という♂が飛びまわっているハズなのに、それを過ぎてしまったせいで採れる数が毎晩数頭レベルというのは…

一応の成果は出せたものの、個人的な「ケブカの生態観察」という意味でも不完全燃焼感。
正直リベンジしたい所ですが、次に発生するのは再来年の2014年末。
先は長いなぁ…。

謹賀新年

謹賀新年2013
リュウキュウハグロトンボ 2012年7月12日 奄美大島(鹿児島県)
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク