スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロシデムシの飛翔

…正直、シデムシという虫はあまり好きになれない。
腐った肉を食べ、危険が迫ると出すニオイがまさに腐臭そのものなのだ。
その中でも、クロシデムシ というヤツはとりわけ大型で真っ黒、オマケに必ずと言って良いほど大量のダニを乗せている。
クロシデムシ
灯火採集をしていて、これが来ると一瞬クワガタかと期待した後の気持ちの落差は言い表せない程だ。

だがしかし。
彼らは、飛翔の瞬間、思いもしない形態をとる。

普通、コガネムシなど甲虫類の飛翔と言えば鞘翅(上バネ)を広げて、下翅を羽ばたかせるというのが基本だ。
また一部にはカナブンのように鞘翅をほんの少しだけ浮かせて下翅を出し、その羽ばたきだけで飛ぶものもいる。

だが、クロシデムシを含むモンシデムシ類の飛翔形態はそのどちらとも異なる。


なんと、鞘翅を「開く」のではなく 付け根からグリンと180°近く回して内側を外に向けてしまう のである。その上で下翅を伸ばし、羽ばたいて飛翔する。
クロシデムシの飛翔

そんな妙な姿で飛翔するものだから、飛んでいる姿からはとてもシデムシだとは想像できず、「なんか謎のデカイ虫が飛んでる!」と思ってしまう。
甲虫のような蜂のような、でもこんなサイズの黒い蜂はいない…!と頭が混乱する。


モンシデムシ類がこんな形態で飛翔するというのは、大学の先輩であったspaticaさん(→blog:ふしあな日記)から教わったのだが、初めて知った時の衝撃は凄まじかった。
甲虫の鞘翅というのは“開く”ものであって、まさか“回転する”ものだなんて考えもしなかった。
だからその写真を見た時は、まさに「えええええ~ッ!?」だった。

嫌いなクロシデムシではあるが、この飛翔姿だけは正直格好良いと思ってしまう。


虫の飛び方ひとつとっても、まだまだ不思議な事だらけだ。
これだから、昆虫趣味はやめられない。
スポンサーサイト

ムカシヤンマ

先日の奥多摩採集、夜の灯火がメインとは言え昼間も網を持って少し採集をした。
林道では大量のテングチョウと共にオオムラサキ・ミヤマカラスアゲハ・コムラサキなどがチラホラと見られたが、なかなか採集できず。

で、晴れた林道を歩いていたところ、流れが小さな滝となって道に落ちている近くに大型のトンボの姿を見つけた。
地面にベタッととまるその姿と、黄色と黒の模様から最初はコオニヤンマかと思ったのだが、近付いてみるとどうも雰囲気が違う。
ではサナエトンボか何かか…?と思うが、気になる。
一応採集してみるか、と網を振ったがかわされてしまった。“しまった!逃げられた!”と慌てて目で追うと、そのトンボはヘロヘロと弱々しく飛んで数メートルでまた地面に降りてしまった。

弱ってるのかな…?

更に次も採りそこねるが、やっぱり逃げない。
普通、大型のトンボは一度振り逃すとあっと言う間に遥か彼方に飛び去ってしまう事が多く、基本的にチャンスは一度きりだ。
だが、このトンボはヘロヘロと弱々しく飛ぶだけでその場から飛び去らない。

そうして三度目の正直、ようやくネットインしたトンボを取り出してみると、どうにもサナエトンボじゃない。
ムカシヤンマ側面

かと言って普通のヤンマでもないし、腹端の形もなんか変だ。
顔を見るとオニヤンマとも違う。
ムカシヤンマ顔
…というか、複眼が真っ黒だ。
体の黄色もなんか薄汚れているし、飛び方も弱々しいし、もう寿命で死ぬ寸前なのかもしれない。


………なんて思いながら採集したこのトンボ、
実は生きた化石と言われる虫のひとつ、ムカシヤンマ だった。
「ムカシ」とつくトンボは日本に2種類いて、ひとつはムカシトンボ、そしてもうひとつがこのムカシヤンマだ。
ムカシトンボの方は以前に何度か採集した事があったのだが、ヤンマの方は初採集だったもので「これはもしや…?」とは思いながらも現地では確証が持てなかったのだ。

さて、トンボ好きの方はもうお気付きの事と思うが、実はこのトンボ、弱っているワケではなかったらしい。
複眼が黒いのも本種の特徴で、死ぬ寸前で黒かったワケではなかった。
元々そういうトンボなのだ。
なんとも不思議なトンボだが、この初採集はかなり嬉しい。
個人的には、今回の奥多摩採集で一番の成果かもしれない。

ちなみにこのトンボ、幼虫(ヤゴ)時代に水中ではなく苔の生えた濡れた崖に穴を掘って過ごすという面白い生活を送る。
「ヤゴ=水中」という常識にも、やっぱり例外というものがあるというコトだ。


改めて背面から見てみれば、なるほど図鑑でよく見るムカシヤンマの姿そのままである。
ムカシヤンマ背面

外来種、クロジャコウ

少し前、埼玉県某所で外来種の大型カミキリムシが発生しているというニュースを知った。
北海道にいるジャコウカミキリの近縁種で、意外と格好良い。
しかも、その場所というのが自宅から自転車で行けるような距離だという。

これは採りたい! 虫屋として、微力ながら駆除に貢献しなくては!
…という事で、自転車を飛ばして行ってきた。

それがコイツ。
クロジャコウカミキリ-1

通称クロジャコウカミキリ(学名:Aromia bungii )と呼ばれるカミキリムシだ。
食害されて衰弱した桜の樹皮に静止した本種は、思っていた以上に格好良かった。
クロジャコウカミキリ-2
既に行政がかなり本腰を入れて捕殺駆除を行っており、またカミキリ屋さんも多数入っているそうで、個体数は相当少なくなってきているそうだ。
確かに、さんざん探しまわってようやく1頭を見つけただけだった。
駆除に何処まで人件費を割くか、または何処まで虫屋を扇動できるかで変わってくるとは思うが、本気で続ければ数年で駆逐できるのではないだろうか。
そうなる前にもっと欲しい 自身ももっと駆除に貢献しなくては!

まぁ格好良い虫が好きという虫屋の葛藤という事で冗談めかして書いてきたが、実際のところ桜の害虫であり、既に被害も出ているので冗談抜きで駆除・駆逐が妥当だとは思う。
…これだけ格好良い虫だと、虫屋として心惹かれてしまう所も多々あるのだが。

簡易式ライトトラップ

先日の「奥多摩ライトトラップ(→記事)」で使用した灯火採集の機材について。
…なので、もっと大掛かりなセットを持っている方や、普段からライトトラップをやっている方などは、今回の記事はスルー推奨。

ライトトラップ-2

・バラストレス水銀灯(100w)
・クリップ付きソケット
・延長コード(20m)
・三脚
・白シーツ
・シガーソケット変換器
・電池式6w蛍光灯装置
・ケミカル蛍光灯(6w)


…これで一式。
一応、簡単に説明をば。

【バラストレス水銀灯】
バラストレス水銀灯
またの名をチョークレス水銀灯とも言い、通常の水銀灯は電源と電球の間に「安定器」という機械が必要になるのだが、このバラストレス水銀灯はそれが組み込まれているので別途接続する必要が無い。そのため家庭用電源に直接コードを挿して点灯することが出来る。
ただし、普通の水銀灯に比べて明るさは半分程度しかないので、バラストレス100wだと普通の水銀灯の50w程度の明るさしかない。しかし、250wとかのワット数の高い物を使うと車のヒューズが飛んでしまう可能性が高いので自分は100wのものを使用している。
自分が使っているのは、東芝の「チョークレス水銀ランプ BHG100 110V/100W」だが、これが唯一無二というワケではないので、色々調べてみて欲しい。インターネットで調べて購入したが、2,000~3,000円ぐらいだったと思う。

【クリップ付きソケット・延長コード】
クリップ付きソケット
普通の電球用のソケットで大丈夫だが、このクリップで三脚に電球を固定するので、クリップ必須。
またソケットに付いているコードなんて1mかそこらで、それだと車のすぐ横でしか点けられず、影側には光が飛ばないので、車から離して点灯させる必要がある。
10mでも野外だと意外と短いので、自分は20mの延長コードを使っている。
ソケットも延長コードも、確かドイトかホームセンターで買ったと記憶している。

【三脚】
電球の高さを稼ぐために、1.3mぐらいの高さのある三脚を使っている。
プラスチック製の安いものだと電球の熱で変形してしまう危険もあるかと思い、金属製のものを選んだ。
ヨドバシカメラなどカメラ専門店に行けば色々な種類がある。
自分が買ったのは7,000~8,000円ぐらいだったかな?

【白シーツ】
コンクリートを打ってあるような場所なら無くても良いが、土の上とかだとあった方が良いと思う。
白だと小さな虫も見つけやすくなるし、下に向かった光をある程度空に反射してくれる。
布団用でも生地屋さんのものでも、お好きなものを。

【シガーソケット変換器】
車のシガーソケットから家庭用電源に変換してくれる機械。
シガーソケット変換器
ライトトラップに限らず、携帯やデジカメの充電器なども繋げるので便利。
水銀灯や蛍光灯は点灯時に通常の倍ぐらいの電圧を必要とするので、その一瞬のために倍以上あるパワーのものを準備しなくてはいけない。
自分が使っているのは最大出力350w・定格出力280wのもの。
ホームセンターやドンキホーテなどのカー用品コーナーに行けば置いてある。
…一緒に写ってるCDは変換器とは全く関係無い(笑)

【電池式6w蛍光灯装置・ケミカル蛍光灯】
最初の画像で、三脚の下で青く光ってるヤツ。
これは、飛来した虫を下に落とすために地面に置いている。
…個人的な印象だが、このライトを置かないと飛来した虫が周囲に散らばってとまってしまい、採集しづらい気がする。この小さなライトを点けておくことで、飛んできた虫がかなりの確率でライトの近くに落ちてくれる。


正確な値段はもう覚えていないが、一式3万円以下で揃ったと記憶している。
量的にも段ボール一箱でほぼ収まる。


…ただし、前回の採集記事でも書いた通り、小さいセットではその分パワーも落ちる。
数百ワットの水銀灯を点けるような装置と同じような成果は当然期待できないし、使う場所の条件も変わってくる。
ワット数の大きいセットはその分開けた場所で使うのが望ましい。
周囲に落ちる個体も多いので、山に囲まれた場所の広い駐車場みたいな場所のイメージ。

一方でこのバラストレスの場合、そんな広い場所では光が弱過ぎて虫が呼べない。
そのため、使うのであれば 森の中を抜ける林道で少し開けたような場所 や、小さな谷川に掛かる橋 ですぐそばまで山や森が迫っているような比較的小さな場所がいい。
林道や谷川は夜間にそれに沿って虫が飛ぶので、そこで点灯すればそのまま虫が引き寄せられるのだ。

なお、近くに外灯などの明かりがあると虫がそっちに行ってしまうので、近くには全く光がなく、夜は自分の水銀灯だけが光っているような状況がいい。

あとは、月齢が新月に近く、付近にクワガタが多い場所であれば完璧だ。
好条件の場所であれば、こんな小さなセットでも一晩に20頭以上のクワガタが飛んできてくれるコトもある。
使い方次第で十分に楽しめるライトトラップだと思う。

奥多摩ライトトラップ

先日、奥多摩にライトトラップをしに行ってきました。
本命は、今年初のミヤマクワガタ。
…外灯採集でも十分狙えるのですが、奥多摩も最近は採集者が多く、ライバルにギリギリしながらやるより多少成果は落ちても自前灯火でやった方が楽しいかな、という事で小さなライトトラップセットを準備していきました。

自前ライトトラップと言えば発電機と水銀灯、最近では大型投光機を使う方もいるみたいですが、私はもっとこじんまりしたもの。
車のシガーソケットからの変換器でバラストレス水銀灯に繋ぎ、それを灯りの無い小さな橋の上で点ける。
で、下に白い布を敷いた簡易セット。
発電機から揃えると5万10万が軽く飛んでしまうが、このセットなら3万円程度で揃うのでだいぶお手軽。
自前ライトトラップ
…まぁ、その分パワーも落ちるけど。

夕方になると、川の上でカゲロウが謎の垂直上昇・垂直下降を繰り返し始める。メスへのアピールなのだろうか。
更に薄暗いくなり始めると、今度は多数のカワゲラが飛び始める。
そんな様子を見ながら、19時半に点灯する。

すぐにカワゲラやカゲロウなどの水生昆虫や、小さなゴミムシなどが飛来する。
続いて少し大きな甲虫…と思ったら、クロジョウカイ。
一見するとカミキリムシに似ているが、鞘翅(上バネ)が柔らかく、更に彼らは肉食性。
ライトに来た小さな虫などを襲って食べていた…と思ったら、自分より大きな蛾の翅に食らい付いてムシャムシャしているようなヤツまで。
飛来クロジョウカイ

19:45
白幕に甲虫の影があるのでよく見てみると、いきなりキンスジコガネが飛来していた。
金属光沢のある種の多いコガネムシの中でも、ラメを散らしたようなキンスジコガネは別格。
飛来キンスジコガネ
これは嬉しい飛来だ。

19:56
クロスジヘビトンボが飛来する(…写真撮り損ねた)。
飛んでいる姿はカワゲラに似ているが、サイズが明らかに大きい。

20:08
ドウガネブイブイ(コガネムシの一種)が飛来したかと思ったら、その向こうに明らかにクワガタの形をしたのがもがいている。
慌てて駆け寄れば、
飛来アカアシクワガタ
アカアシクワガタ。
小さな個体だが、クワガタ飛来第一号だ。

ライトの周りは大小様々な虫が飛び交っており、大きい物はスズメガなど、小さいものは数ミリの不明な虫。
気温も低くないし、風もない。しかも月齢もほぼ新月と条件は悪くない…

…ハズなのだが、どうも甲虫の飛来が少ないように思う。
ま開始したばかりだから、これから増えてくるんだろうか…?

20:30
飛来ミヤマ♀-1
お待ちかねのミヤマクワガタ。
♀ではあるが、まずはミヤマが来てくれた事が嬉しい。
続いて更に1♀が飛来する。

20:45
ミヤマ3♀目が飛来するものの、とまらずに暗がりへと消えてロスト……と思ったら、数分後に戻ってきて無事ゲット。
飛来ミヤマ♀-2
しかし、そろそろ♂が来て欲しいところ。

20:55
願いが届いたのかどうかは分からないが、白幕の外に大きな黒い影を見つける。
「来たか!?」と駆け寄れば、期待を裏切らぬミヤマクワガタ♂
飛来ミヤマ♂
まだ発生初期で金毛も揃った美しい個体だ。

…ちなみに、これは個人的な印象ではあるが、森が深く冷涼な地域のミヤマは耳状突起がよく発達する傾向があり、やや小さめの個体でも迫力が出るように思う。
この個体も、画像だと65mmぐらいありそうに見えるが、実は60mmを少し切っている程度の中型個体。
千葉県辺りで採ったミヤマは、これに比べて耳状突起の発達が悪く、60mmを切るような個体だとかなり弱々しい印象になってしまう。

21:20
またミヤマ♀が来たかな?と思ったら、オオキノコムシ。
飛来オオキノコムシ
小型種の多いキノコムシの仲間にあって、このオオキノムシだけは飛び抜けて大きい。
捕まえるとアーモンドのような化学物質のような微妙な匂いを出す。

21:30
少し周辺を歩いてみたところ、木の幹を素早く走る小さな哺乳類の姿を見る。
見られたのは時間にしてほんの数秒だったが、あの丸っこくもやや平べったい姿、背中の黒条は…
「ヤマネだ!」
生きた実物を見るのは生まれて初めてだ。
虫目的の奥多摩行だったが、良いモノを見られた。

21:40
突然の白い羽ばたきはオオミズアオかオナガミズアオか。
数分ライトの周りを飛び回ったあと、そのまま何処かへと飛び去ってしまった。
続いて立て続けにミヤマ♀が3つ飛来する。
…その後も、ポツリポツリとミヤマの♀は飛来し続け、気付けばゴールデンタイムと呼ばれる時間はやや過ぎている。

23:15
突然大きな物体が飛来し、思わずミヤマの大型♂かと期待するも、着地してみたらカブトムシの♀。
…ガッカリではあるが、奥多摩産は持っていなかった気がするので一応採集する。

23:55
もう日付も変わろうかという頃合いに、ようやく2頭目のミヤマ♂が飛来した。
サイズは最初のより少しだけ大きく62mmぐらいだろうか。

…その後は虫も落ち着いてしまったため、日付変わって少しした辺りでライトを消した。

本命のミヤマクワガタ2♂11♀
その他に、アカアシクワガタ・キンスジコガネ・クロジョウカイ・オオミズアオ・シモフリスズメ・ヒョウモンエダシャク・等。
欲を言えばもっとミヤマ♂に多く飛来して欲しかったが、まぁ楽しむ事は出来たと思う。


発電機を使った大掛かりな仕掛けは、その分成果も大きくなるが、こういう小さな仕掛けでも条件が良ければそれなりには楽しめる。
あまりライトトラップ採集を行わない自分には、このぐらいで十分な気がしている。

…さて、次の記事で、一応使用機材の話をしてみたいと思う。
こんな小さな屋台ではタコ採れのような成果は望むべくもないが、一方で荷物もさほどは嵩張らないし、場所や条件を選べばミヤマやノコギリは十分に狙える。
“やってみたいけど、発電機まで買うのはちょっとな…”なんて思っている方、ちょっと考えてみてはいかがだろうか?

○星テントウ

ちょっと下のテントウムシを見て下さい。
このテントウムシは何と言う名前でしょうか?
○○○ホシテントウ
「なんだ、ナナホシテントウじゃないか」

…と思った方、もう一度画像をよく見て下さい。

少しおかしくありませんか?


分からない?

では、星(黒紋)の数を数えてみましょう。
ココノホシテントウの星の数

1,2,3,4,5,6,7…8……9!!
七星(ななほし)のハズなのに、星が9つあります。

実はこのテントウムシ、ナナホシではなく ココノホシテントウといいます。
ナナホシより数が少なく河川敷など比較的限られた環境でしか見られない、ちょっと珍しいテントウムシです。

で、本物のナナホシテントウはこちら。
ナナホシテントウ

写真を見比べてみると、肩の紋が一対少ないのが分かります。

ナナホシテントウがあまりに有名なのに対し、一方のココノホシテントウは一般にはほとんど知られていません。
ナナホシテントウに比べて見つかる環境などが比較的限られている上、ナナホシがあまりに有名過ぎて仮にココノホシを見ても、「あ、ナナホシテントウだ」と思われてしまうのでしょうね。

…実は以前に某テレビCMでこのテントウムシが出ていたことがあり、一部の虫屋(→記事)の間で「あのCMに出てるの、ココノホシテントウだよね!?」と話題になった事がありました。
多分、CMを作った人は普通のナナホシテントウのつもりで使ったのだと思いますが、実は珍しいココノホシテントウだったのです。

河川敷や海岸草地などで時々見られるようなので、もしそういった場所でナナホシテントウを見かけたら、よく星の数を数えてみて下さい。
もしかしたらそれは、ココノホシテントウかもしれません。

窓のアリ

某所に調査に行った帰りのバスの中、ふと窓を見ると小さなアリが付いていた。

窓のアリ

もしかすると、森で調査をしていた私の体に付いてきてしまったのかもしれない。

…可哀想だが、こうなったアリはもう生きていく術(すべ)はない。

アリは女王を中心とした巣を形成し、集団で生きる虫。
単体で巣から引き離された場合、彼らに待つのは死だけだ。
他の巣に入ることは出来ないし(同じ種でも巣ごとに体の匂いが異なるため、敵とみなされ攻撃されてしまう)、もしバスから逃がしてやっても残念ながら元の巣に辿り着ける確率はこの上なく低い。
数日もしないうちに餓死してしまうだろう。

小さな生き物たちにとって、常に死の危険は隣り合わせ。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。