FC2ブログ

インセクトフェア戦利品(その1)

今年のインセクトフェアは例年の9月23日ではなく、10月8日に行われました。毎年会場となっている大手町サンケイプラザが改修工事で9月一杯使えなかったため、時期が遅くなったのだそうで。
今年も例年通り1卓出展で参加してきましたが、場内は大盛況で時間によってはブースとブースの間の通路を通ることも難しいほどでした。
知人・友人も多く来ており、またこのブログやTwitterの方を見て頂いている方からもお声を掛けて頂き、この場で改めてお礼申し上げます(…のわりに、Twitterではいつも馬鹿なことばかり言っていますが)。

さて、フェア後のブログ記事といえば戦利品のご報告。
今回のフェアは思っていた以上に良いモノがたくさんあり、だいぶ散財してしまいました…。一度の記事にすると少々長くなってしまうので、2回に分けて書いていきたいと思います。
カブト・クワガタムシが多いので、まずはそれ以外の虫から。

…で、まずはいきなり昆虫じゃないところから。

タイのオオムカデ
フェア2018オオムカデ
大人の掌を遥かに超える巨大なムカデ。一緒に写した携帯電話(ガラケー)からも、その巨大さが伝わると思う。
会場内を物色していたらたまたま発見し、「昆虫ではない虫」的な展示に使えるかな…と入手したのだが、個人的には好きではない。どうも生理的に受け付けないというか……好きな人は好きなんだろうけど……う~ん。じっと見ていると尻から背中にかけてゾワゾワと悪寒が這い上がってくる。
“これ”の生きているものに遭遇したら、とても手を出す気にはなれないかもしれない…

ニシキオオツバメガ
フェア2018ニシキオオツバメ
ニシキオオツバメガは以前のフェア戦利品でも紹介したことがあるマダガスカルの美しい蛾。「チョウは美しく、蛾は地味」という世間一般のイメージを真正面からひっくり返しにかかる極美麗な蛾である。

メネラウスモルフォドクチョウの仲間。
フェア2018モルフォ
フェア2018ドクチョウ
メネラウスモルフォ(上段)は美しい青い輝きで知られるモルフォチョウの一種で、こんなのが野生で飛んでいるというのが未だに想像できない。ドクチョウ(下段)はその名の通り体内に毒を持ったチョウで、外見がそっくりな種がいくつもおり、何と言う種のドクチョウなのかまでは私の知識では分からない。

オオルリオビタテハ
フェア2018オオルリオビタテハ
以前の記事でも書いたが、いずれ小さな展示ぐらいはできるようになりたいなーと最近は標本を買っていたりする。今回のチョウや蛾もその一環であり、正直言うとオオルリオビタテハは見た目だけで惹かれて選んだ。

オオゴマダラ
フェア2018オオゴマダラ
オオゴマダラは日本最大のチョウで、国内では沖縄地域で見られる。自身でも採集したことはあるのだが、わずかしか持っていないので展示に使えるかなーと思って。
ちなみにこの個体は沖縄島産で、自分が採っているのは石垣島。亜種が分かれており、微妙に違う。

カラスアゲハの仲間2種
フェア2018アキリデス
カラスアゲハの仲間は緑や青の金属光沢の鱗粉を持つものが多く、美麗種揃い。美しいものは理屈抜きに“良い”。

ジンメンカメムシシカツノハナムグリ
フェア2018ジンメンカメムシ
最後はジンメンカメムシとシカツノハナムグリ。ジンメンカメムシは、逆さにするとお相撲さんの顔に見えるということで有名なカメムシで、確かにそう見えてしまう。一頭一頭個体差があり、人相(?)や表情が違うのがまた面白い。
シカツノハナムグリは、頭に奇妙な形のツノがあるハナムグリで、東南アジアに見られる。こういう虫も面白い。願わくば、自分でも採ってみたい虫である。

…という所で、戦利品報告の第一弾は終了。残りはクワガタムシで、次回に。
スポンサーサイト
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク