キイロトゲエダシャク

この不思議なとまり方をしている虫は、実はこれでも立派な

キイロトゲエダシャク

本土にも分布するが、奄美や沖縄と言った南西諸島を中心に分布し、台湾までいる蛾。
早春のごく短い期間にのみ現れる蛾で、けっこう珍品らしい。

今回、2012年2月の奄美大島でケブカコフキコガネ狙いのライトトラップに飛来したものの、勉強不足で珍品とは知らずリリースしてしまった。
こういうT字型にとまる蛾というのは1cmクラスの小型種(トリバガ科)ばかりだと思っていたので、この大きさでこんな止まり方する蛾がいるんだなぁ…と写真は撮ったのだけど。

後日、蛾屋さんに同定してもらおうと写真を見せて「逃がしちゃったんで、写真だけですけど…」と言ったら、

「これ珍品だよ!? 逃がしたぁ!? 何やってんの!?」

…と怒られました(笑)

感覚的に言えば…
クワガタ屋じゃない人が奄美大島に行って、
「奄美大島でミヤマクワガタっぽい♀がいたんですけど、小さかったし♀だったんで捨ててきちゃいました」とかって言い出すようなモンですかね(爆)(※1)

…まぁ確かに2月の南西諸島なんて採集に行く人も少ないでしょうし、こういう変な時期に気になる虫を採ったら、自分の興味の対象外の種でも採っておかないといけない、というコトですね(^^;

ちなみにこのキイロトゲエダシャク、♂は珍品・♀は大珍品らしいですが、飛来したのは♂(…ちなみに、多分完品でした)。
別の方からは、「♀を逃がしたなんて言ったらボコボコにされるよ」とも…。

いやぁ…♂で良かった(^^;)





※1.
奄美大島にのみ分布する「アマミミヤマクワガタ」は、♂は比較的採集しやすいものの♀は珍品。
♀が採りにくいため、かつてはなかなか生き虫が出回らなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

虫けら屋さん ・ こんばんは♪

貴重な蛾だったんですね!

専門業者さんには言えないですね(爆)

奄美ミヤマ雌をリリースの例えは
分かりやすいですね~

虫けら屋さんには分からない種が
あるんですね~

Re: 虫けら屋さん ・ こんばんは♪

>あおさん
ネタとして色々な人に話してますけどね(笑)
昆虫はあまりに種類が多く、私も分からないものだらけです。
ホント、毎回毎回勉強して学ばなければと思います。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク