水筒型タッパー

またまた採集用品、毒ビンの代用品です(飼育中心の方にはすみません…)。
私が最も愛用しているのが、こちら。

筒タッパー

水筒型のタッパーウェアです。
素材はPP製なので耐酸性もあり、同じ物を3年以上使い続けていますが、溶けてベタベタになったりといった現象も今の所ありません(黄ばみ等は出てますが、使用に問題はないです)。
自分は何本か持っていて、長く使って老朽化したり、汚れが酷くなったら買い換えています。

100円ショップ等でも似たような商品を売っていますが、私が愛用しているのはホームセンター島忠で売っている株式会社リッチェルのクールポット(型番:FC-25S)です。

筒タッパー(フタ中)

価格は400円程度だったと思いますが、この商品の大きな利点として、この本来コップとなる部分が本体径より少し小さいため、写真のようにスポッとコップが本体に入ってしまうのです。
そのため、本体底に綿を入れて酢酸エチルを注ぎ、その上からコップをストンと落とせば、中型以上の虫は綿に絡まなくなり、中身を出す時も逆さにしてコップを出せばOK。
500mlペットボトルよりだいぶ太いですが、よく売っている“ペットボトルを腰に付けるポーチ(?)”に入るので、タッパー付属の取っ手部分は取り外し、採集時はポーチに入れて腰に付けています。

更に、フタに小さな口が付いており、採集した虫を入れる時はそこを開閉すれば酢酸エチルの無駄な揮発も押さえられてGood。
一見すると口が小さいようにも見えますが、アオオサムシやゴマダラカミキリ級は余裕で入りますし、脚に気を付ければシロスジカミキリやノコギリクワガタの60mm程度の個体でも十分通ります。

お散歩程度の採集には少々大き過ぎますが、離島遠征など本格的な採集に行く時には必ず持って行く必需品です。


…ただまぁ難点を言うなら、これもPPサンプル管と同じくコルク栓ほどフタがしっかり閉まらない、という事。
PPサンプル管と同じく、内圧が上がるとフタが開いちゃうんですよ…(--;

だもんで、ヒメオオ採集とかコブ叩きとか車で高地に行く時は要注意。
標高が上がるに従って気圧が下がり、車で走っている最中にポンッとか音がして、“もしや…”と思っていると車内に酢エチ臭が充満してきたりする事がたびたび…

そのため、車で出掛ける際は必ずすぐに手が届く場所に置いておくか、現地に着いてから酢酸エチルを入れるようにする必要があります。
後部座席に置いておいて高速道路でフタが開いたりすると、車を停めるワケにもいかず、車内が毒ビンと化します

「虫じゃなく自分が逝ってしまふ…~゜」とならないよう、要注意。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

水筒を使うやり方初めて聞きましたました
酢酸エチルを吸って死にそうになるくらい咳き込んだことがあるので気をつけます
なかなか使えそうですネ

Re: こんにちは

>インセクトさん
この道具&フタの使い方は、虫友のacraeoidesさん(リンクのLepido and Scales管理人)に教えてもらい、それ以来愛用しています。

内圧でフタが開きやすい事を除けば、非常に便利な道具だと思います。
…車内毒ビン化だけは気を付けないとアブナイですけど(笑)

こんにちは

水筒とはなかなか面白いですね。                                   
たしかに、車内が毒ビンになったら窓を全開にするかしないと自分が逝っちゃいますからね。 気をつけないといけませんね。
それよりも値段が安いってゆうのが良いですね!ホームセンターなら車なしで行けるので自分も買ってきてやってみようと思います。

こんばんは

>虫採りハンターさん
水筒タッパーは使ってみると結構便利ですよ。
ただ、他メーカーでも似た商品を出していますので、もし『コップを中敷に』をやるのでしたら、購入前にちゃんと入るかどうかお店で試してみた方が良いかと。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク