スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ型標本箱

ドイツ箱

通称『ドイツ箱』、標本を集める虫屋さんにとって最も基本的な標本箱です。
一口に標本箱と言っても色々な種類があり、日本国内で流通している標本箱は大まかに3つ、ドイツ箱インロー箱紙箱があります。
いずれ全部紹介したいと思いますが、今回はドイツ箱。

一番値段が高い代わりに作りも一番しっかりしており、標本の長期保存という意味では最も適した箱です。
また前面がガラスなので見栄えも良く、趣味での収集にも適しています。

淵の部分がフタと身で凹凸が噛み合うようになっており、大切な標本を食い荒らすシバンムシなどの害虫の侵入を防ぐ仕組みになっています。

ドイツ箱の凹凸

またフタと身はピッタリ合うように仕上げられており、フタを開ける際も四隅を少しずつ開けていく必要があります。
これを無理に一ヶ所から開けようとするとガラスが割れたりする場合もあるので要注意。
また、開ける際も一気に開けず、少しずつ隙間を開けるようにしないと、小型のチョウなどは開けた瞬間の風圧で翅が吹き飛ぶ危険もあります。

…と書くと、なんかこの箱で保管するのは危険なんじゃないかという気もしてきますが、逆に言えばそれだけしっかりとフタが閉まるという事であり、長期保管には非常に適しているという事でもあります。

更に、このドイツ箱は一箱ずつ組みで製作されているため、同じドイツ箱でも他の箱とはフタが合いません。
それどころか、正しいフタと身の組み合わせでも、上下逆にフタをする事も出来ないぐらいにピッタリに作られています。
そのため、フタと身のそれぞれに数字(メーカーによって色マジックの場合もアリ)がスタンプされており、フタを閉める際は同じ数字である事を確認した上で、スタンプの場所が重なるように閉める必要があります

ドイツ箱のスタンプ

…これを油断して逆向きにしてしまうと、「フタが閉まらない」「閉まったまま開けられなくなる」「フタがバカになる」のいずれかの結果が待っています。
フタが閉まらないならまだしも、開かなくなったり、フタがバカになったりしたら最悪です。
初めてドイツ箱を買う方はよくこの失敗をしやすいので、要注意。

属に「大箱」と言われるサイズが最も一般的ですが、メーカーによっては中型や小型など他のサイズも作っている所もあります。
ただし、箱の価格は加工賃が結構大きいようで、箱のサイズが半分になったからと言って価格は半分にはなりません。

ドイツ箱サイズ

今回の画像は全てバードウイング社製のドイツ箱になりますが、メーカー価格は以下の通り。

大:7,100円
中:5,600円
ミニ:3,300円

箱の保管場所さえ確保できるなら、大サイズが最もサイズ単価が安いという事になります。
長く昆虫趣味を続けていくなら是非にもドイツ箱をお薦めしたい所ではありますが、見ての通りかなり単価が高くなります。
なので、昆虫趣味の入口に立っている方は、最初からこの箱を使う必要はないと思います。
まずは紙箱やインロー箱を使ってみて、続けていくうちにドイツ箱が欲しくなったら買ってみる、という感じでいかがでしょうか。




…あ、ちなみに最初の画像は国産ミヤマ70mmUP箱です。
左上は75mmUP、右下で70mmぐらい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ドイツ箱にスタンプがあるなんて知りませんでした。僕はドイツ箱はそんなにたくさんないので中にユニットボックスをいれて標本を保管しています。本格的に昆虫を集めるには経費がけっこうかかりますね。僕はミヤマ75ミリupなんて持ってないので羨ましい限りです。 

Re: No title

>インセクトさん
ドイツ箱は1箱1箱ピッタリと作られているので、ほとんどのメーカーの物はスタンプ(もしくは色マジック)がフタの合わせの目印に付いています。
今後新たに購入される際は、きちんと確認し、万一目印が付いていなかった場合は自分でマジックで書き込んでおいた方が良いですよ。
でないと、フタがカパカパになってしまう可能性があります。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。