スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメバチの採り方講座

今回は、「スズメバチ怖ぇ!でも1回ぐらい採ってみたい!」という人(普通思わない)や、「スズメバチを標本にしている人って、どうやって採ってるの?」という人のための、スズメバチの採り方です。
…そんな情報を欲している人がどれだけいるか知りませんが、独断と偏見でレッツゴー。

登場して頂くのは、世界最大のスズメバチとして有名なオオスズメバチ
オオスズメバチ女王蜂

女王蜂は体長45mmに達し、生きて動いている時は5cm以上に見えます。
大の大人の掌に載せてもこのサイズなので、その巨大さは推して知るべしというところ。

彼ら(正確には“彼女ら”)は強靭な大アゴと長く鋭い毒針を持っており、とても素手で掴めるものではありません。(※以前に紹介した雄蜂(→オオスズメバチの雄)は、毒針を持っていないので素手で触れますが、女王蜂・働き蜂は毒針を持っています)

そこで、まずは当然、捕虫網で捕獲します。
飛んでいるものであればチョウやトンボと同じようにネットイン、木にとまっているものは網枠で少し小突いてやると嫌がって飛び上がりますので、そこをすかさずネットイン!

スズメバチ採集-1

『何かに捕まった!』と分かると、オオスズメバチは大アゴをカチカチと鳴らして網の中から威嚇してきます。
普通の虫ならこの後網から取り出して毒ビンなり虫カゴなりに移すワケですが、素手で触れないのは先述の通り。
そこで、まず網の上から毒ビンを被せてしまいます。

スズメバチ採集-2

この時、間違っても素手で網をビンの中に押し込もうとしないように。
オオスズメバチの毒針は1cmぐらい長さがあり、ネット越しでも十分に人を刺せます。
枝などで押し込んであげましょう。

網ごと毒ビンに入れてフタをして、待つこと数分。
酢酸エチルが効いてスズメバチが弱り、飛んだりできなくなりヒクヒク状態になります(通称“ピヨる”)。
そうしたら網を取り出し、スズメバチに触らないようにしながら蜂を取り出し、枝などで毒ビンに移します。

スズメバチ採集-3

あとは他の虫と同じで、死後硬直が解けたら展翅なり展足なりしていけばOK。

…ちなみに、スズメバチは蜂の死後も少しの間、反射的に刺します
死んだからと言って慌てて触らず、標本作製を始めるには十分に時間をおきましょう。
できれば、丸一日(24時間)ぐらいは毒ビンに入れておいた方が死後硬直も解けやすいので良いです。


…とまぁ、これが最もオーソドックスな採り方です。
スズメバチに限らず、刺す蜂はこのようにして採ります。
まぁ防護服でも着込んで採れば安全なんでしょうけど普通は持っていませんし、(他にも採り方はありますが)この『網の上から毒ビンを被せる』が通常では一番危険が少ない方法です。
(※網の上から殺虫剤をかける、とかの乱暴な方法を除けば)


ただし。

これはあくまで“危険が少ない”というだけで、安全というワケではありません
作業を誤れば刺される危険は十分に考えられますし、スズメバチの採集自体「お薦めです」とは口が裂けても言えるモノではありません。
日本だけで、毎年2桁の方がスズメバチに刺されて亡くなっています。
この数は熊より毒ヘビより多く、スズメバチは「日本で最も多く人の命を奪う野生動物」です。
益虫でもある半面、最も危険な昆虫と言っても過言ではなく、採集はその危険を十分に加味した上で自己責任でお願い致します。

間違っても
「虫けら屋さんが大丈夫って言ってたからやったら刺されました」
…とは言っちゃいけません(爆)





…あ、ちなみに私は、網の上から何発もデコピンを入れて脳震盪(?)を起こさせて、ピヨッた隙に毒ビンに入れる、という方法で採集しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 オオスズメバチはかっこいいけど刺されるのだけは勘弁です                       ちなみに僕はオオスズメバチを毎年のように捕まえていますが刺されたことはゼロです(アシナガバチその他ヒメバチは17回ですが)

No title

ネジレバネついていますか。僕はコガタスズメバチ5匹、オオスズメバチ1匹についているのを確認し、液浸標本にしました。ちなみに女王蜂にもつきますが働き蜂についた場合は8月くらいから越冬することもあるそうです 

オオスズメバチ良いですよね~
自分も刺されたことは無いですが、あの羽音にはビビります(笑)

今年も採りたいですね~♪

No title

>インセクトさん
私自身は突っ込んだ話も大好きですし、ネジレバネの話も存じていますが、当ブログは「虫を分かりやすく・面白く」というコンセプトでやっており、興味のある方は誰でも楽しんで頂けるように、“知識前提”の話は極力避けています。ご了承下さい。

ネジレバネも面白い虫なので、いずれ紹介したいとは思います。

>京四郎さん
確かにオオスズメバチの羽音はビビリますね(笑)
突然耳元に来られたりすると、反射的に身を竦めてしまいます。
でも格好良いんですよね~

こんにちは

スズメバチは、やっぱりかっこいいですね!特に大あごの所や、目、模様などがたまらないですよね。この前、学校でコガタスズメバチの女王?らしきものを捕まえたんですが、そのあと学校帰りに水で窒息死させようとしてビニール袋3枚がさねでやっていてなかなか死なないのでハチの頭などをでこピンしていると体が動かなくなってきたので死んだかな?と思い袋から出して、ティっシュでくるんで3時間後に何か音がすると思い見てみるとなんとハチが動いていたのです。このことからハチは、気絶することがわかりました。なんか恐ろしいです。

No title

>虫採りハンターさん
スズメバチは、フィルムケースなどに一時的に入れておくと、1時間ぐらいすると結構酸欠状態になっていますが…

ただ、スズメバチは比較的腐敗しやすい気がするので、大型種の場合はきちんと酢酸エチル処理をした方が良いかもしれません。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。