コクワガタ、2012年初採集

もしかしてヒラタクワガタが出始めてないかなぁ…という淡い期待を抱いて、御神木に行ってみた。

アマガエルの合唱にライトを照らしてみれば、足元につがい。
アマガエル交尾

何度見ても可愛いカエルである。
そして、しぐさが何処となく人間チックなところもまた良いのである。

さて御神木を見に行ってみると、今月頭に来た時にはまだカラカラだったクヌギから甘酸っぱい匂いが漂っており、黒い影がいっぱい付いている。
一瞬期待するが、見ればそのほとんどは触角が長い。

…はい、ヤマトゴキブリですね。

…とは言え、その中にポツポツとコクワガタの姿も混じっている。
落ち枝で1頭を落としてみると、アゴ先がスリ減った典型的な越冬明けの♂。

2012コクワ初採集

フ節等の欠損はないが、背中も細かい傷が多く、いかにも頑張って越冬しましたという感じ。
泥だらけな所を見ると、朽木ではなく土中越冬でもしたのだろうか?

何はともあれ今期初採集だ。
…と言いつつ実のところ、4月28日の段階で付近の別の木で既に1♂を確認はしていたのだが、その個体はウロの奥に逃げてしまったので、採集したのはこの個体が今年初。

でもキープする気はないので撮影だけして再びリリース。
ついでにいくつかの木を見回ってみると、そこそこの数のコクワが出ているようだ。

しかし、それ以上に目に付いたのがアオオサムシ(亜種:カントウアオオサムシ)。
カントウアオオサムシ

適当に地面を見ながら歩いていただけで20頭ぐらいは確認出来たんじゃなかろうか。
その他にゴミムシ類やオオヒラタシデムシなんかもポツポツ見掛けたが、期待していたヒラタはまだ見られず。

とは言え、そろそろ出ても良い頃合だとは思うので、また折を見て様子を見に行ってみようと思う。
それに、クヌギが樹液を出し始めたということは、オオスズメバチの女王がクヌギに集まるようになって採りやすくなるというコト。
昼間も期待大である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕のところではクワガタ、カブトは本格的にはまだですが今年は成虫だとヒラタクワガタ、コクワガタ、ノコギリクワガタ、チビクワガタ、コカブトの成虫を採っています
もうそろそろ夏です

No title

 結構、産地別にアオオサに凝っているので、沢山見られるというのはうらやましいです。意外と普通種って、爆産地に当たらないことが多いですよね。

No title

>インセクトさん
そうですね。
だいぶ初夏らしくなってきました。

>ふうけぃ☆風敬さん
アオオサの場合、時期も結構影響が大きいように思います。
特に5月頃は越冬していた個体が一斉に活動し出すので、夜に林の近くを散策するとよく見掛けます。
あと、舗装道路だと見つけやすいので、林の中を抜ける細い舗装道路、が観察には一番かもしれません。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク