スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋ヶ瀬公園

5月20日(日)、埼玉県にある秋ヶ瀬公園で初心者向けの昆虫採集会。
内容は今後の会誌に載せるのでここで詳しくは書けませぬ。
…まぁ、珍品はいないです。元々、初心者向けの採集会ですし。

で、個人的な採集成果はというと、

・オオスズメバチ女王蜂
・クロヒラアシキバチ
・セイボウ(未同定)

…と、まぁ、
「あなたハチ専門でしたっけ?」
とか聞かれそうなラインナップ(笑)
いやまぁ、アカボシゴマダラの春型♀とかも採れたんですが、既に標本も持ってるし…ということでリリース。
お持ち帰りしたのは今後の会の展示に使えそうな虫と、個人的にはハチ類のみというコトに。

クロヒラアシキバチは体長が4cmぐらいある大きなキバチで、エノキ(?)の衰弱木(というか枯れかけ)に来ていた。

クロヒラアシキバチ

本種は産卵管を深く刺してしまうともはや自分では抜けなくなってしまうらしく、産卵管を刺したまま力尽きた個体がいくつも木に付いていた。
また、まだ息のある個体でも体を掴んで引き抜こうとすると腹部が引きちぎれそうな様子で、数日もすれば命尽き、やがて壊れて刺さった腹部だけが残り…となっていくようだ。
腹部だけが残された死骸もいくつも見受けられた。


もうひとつはセイボウの仲間(まだ種名までは調べていない)。
セイボウ展翅展足

室内&携帯撮影なので色がイマイチだが、実際は緑と青にキラキラと輝く美しいハチ。
以前に紹介したイラガセイボウ(→スズメノショウベンタゴ)もこの仲間だが、今回の個体はそれよりずっと小さく、体長は1cm以下で別種………と思っているのだが、ハチは正直詳しくないので、調べてみないと何とも…。

今回、せっかくなので脚(あし)と翅(はね)の両方を整える展翅展足(てんしてんそく)を行ったのだが、なにせ1cm以下の虫なので、肉眼で作業をするのは正直シンドかった…(^^;
翅を押さえているテープの青いメモリ(線)が5mm間隔と言えば、およその大きさが想像して頂けるかと思う。
…まぁプロの研究者はこれよりさらに小さい虫を解剖したりするのだから、このぐらいの大きさでヒィヒィ言ってたら情けないのかもしれないが。

乾燥が済んだら同定(種名を調べること)するのが楽しみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 セイボウや小さいハチは展翅が大変ですね。              ちなみにその展翅版は自作ですか。

Re: No title

>インセクトさん
この展翅板は自作…と言うのもおこがましい、ぺフ板に段ボール紙を針で留めただけの簡易展翅展足板です。
展足も同時にしたかったため、展翅台は適度な厚さ(薄さ)の段ボール紙を使いました。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。