虫屋とは

虫屋(むしや) [名詞]

標本作製を含む昆虫採集を本気の趣味としている人のこと。虫で商売をしている人の事ではない。
多かれ少なかれ、“正常な人”の範疇から足を踏み外している人が多く、常人からは理解しがたい行動・言動を取ることも多く、そういう人を指して特にガチ虫屋と呼ぶこともある。
(例)
 ・狙う虫によって捕虫網の色や種類を変える
 ・登山しても、目的の虫が採れると山頂まで行かずに満足して下山する
 ・虫を採るためにハブのいる沖縄や奄美の森に入り込む
 ・外灯があると、つい目が行ってしまう
 ・都道府県を「どんな虫が採れるか」で記憶する

虫のことになると目の色が変わり、我を忘れてしまう事があるが、基本的に悪意はない(でも善意もない)。
虫の発生で季節を感じ、少なくとも一般よりはずっと本当の意味で自然を楽しんでいる人が多いと思われる。

暗い部屋で陰気に虫に針を刺しているという変態的なイメージがあるが、実際は虫採りのために北から南まで野山を駆け巡り、時に虫を採る為だけに海外まで飛び出したりもするので、世間一般のイメージよりずっとアウトドア派
ただ、人付き合いより採集をしている方が好きな人が多く、社交性が低い場合も多い(例外もあるが)。

昆虫全般を趣味の対象とする人もいるが、特化した専門分野を持つ場合が多く、個々に○○屋と呼ばれる。
(例)
 ・カミキリムシ専門 →カミキリ屋
 ・チョウ専門     →チョウ屋
 ・蜂専門       →ハチ屋

変人は多いが、変態はいない……と思う。少なくともお巡りさんに通報される系の変態はいないハズだ。

【その他、虫屋に見られがちな特徴】
 ・樹液の匂いでテンションが上がる
 ・「カタクリ」と聞くと真っ先に「ギフチョウ」が思い浮かぶ
 ・歩いていても、視界の端で虫を探している
 ・「平均台」と聞くと、体育の用具よりも小さな階段状の道具が思い浮かぶ
 ・バナナはトラップの材料
 ・山中の外灯がオレンジ色だとガッカリする
 ・昆虫は「採取」ではなく「採集」と書く事にこだわる
 ・「しが → 志賀」「てんし → 展翅」の脳内変換はデフォ
 ・「バナナ」「焼酎」「ストッキング」の3つはセットだと思っている
 ・糞(フン)を食べる虫を採るためなら自分のウ○コもトラップに使う

…あれっ?
最後が変態っぽいぞ……おかしいな。


…そんな虫屋にとって、今日64日は、「ムシの日」であり、虫供養の日であります。
普段、意図して自然から命を頂いて(昆虫採集)いる人種であるからして、虫の日にはせめて感謝の意を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。^^

むしけら屋さん はじめまして、こんばんは。
東京23区内を中心に…色々な昆虫を採集し飼育している ティーノと申します。
少し前から、貴ブログの方に ちょくちょく遊びに来ていましたが・・・
今回の このブログ記事はとても共感でき、思わず部屋で 笑ってしまいました(笑)
たしかに・・むし屋は、変人や奇人が多い気がします。 私の周りでのトップ3は・・

山に採集しに行き、汗をかき過ぎて…塩分不足になって 山小屋に醤油を求めた。
北海道遠征時に…宿代わりに、山奥の神社にある賽銭箱の裏で野宿する。
車の無い貧乏な学生時代は、ヒッチハイクで・・採集地近く まで出かける。

等なので、こんな話を聞いていると…あぁ~私はまだ まともだな と思っています(笑)
それにしても「採取」でなく「採集」に拘る。 これは、地味に気になります。
6月4日は、供養の日だったですね。 とりあへず標本箱の虫に、感謝・感謝。

今年は、忙しい身分で…あまり遊びに来る事 が出来なくなるかもしれませんが・・・
また、時間があれば・・ココに遊びに来ますので、宜しくお願い致します。m(__)m

No title

自分も虫屋なのでたくさん標本をつくるため虫供養しなければいけないと思いました
マイトラップはさすがにやったことがないですが虫屋の特徴には何個か当てはまります

お久しぶりです

虫けら屋さんお久しぶりです。今までの見れていなかった記事全部読みました。最近とても忙しくて虫採りいけてなくてなんか「ウワ―!ウオー!ウギ―!」てかんじです。もう夏らしくなってきましたね。虫屋にとってこの季節はサイコーですね。もう少しで本格的な夏なので虫採りがいっそう楽しくできそうです。さてこのブログもいっそう楽しくなってきました。虫けら屋さんは何か採りに行きましたか?僕は採りに行ってはいませんが嬉しかったことならあります。それはこのあいだ採ってきたクワガタの幼虫が蛹になっていたことです。虫けら屋さんはどうですか?

虫の日

>ティーノさん
はじめまして!
“山小屋に醤油を…”は凄まじいですね(笑)
そしてやっぱり昆虫は採取ではなく「採集」ですよね!
…まぁ、供養と言いつつ今日も採集したりしていますが、せめて年に一度ぐらいは感謝と供養を、と思います。
今後ともよろしくお願いします。

>インセクトさん
マイトラップ(セルフトラップ)、自分はガチでやってます…(^^;
きっかけは、どうしてもオオセンチコガネを採りたくて…でした。
最初はやはりかなり勇気が要りましたが、土の中からオオセンチの赤い輝きが出てきた時には感激しました。

>虫採りハンターさん
こちらは、遠征はしていませんが埼玉や神奈川の採集は色々行っています。
採集記を書いていない分の虫のいくつかは、いずれ個別紹介みたいな形で登場するかと思います。
あ……うちのオキナワカブトの幼虫もそろそろ蛹化用に土を入れてあげないと…。

No title

こんばんは。

私はまだ虫屋と呼べるほどじゃないと思っていたのですが、
笑ってしまいました。
近づいてる感がありますね。(笑)

Re: No title

>ひさ@くわがたさん
虫屋と虫屋以外との明確な境界線は無いですからね。
本人が虫好きで、周囲が「この人は虫屋だ」と認めたらもう虫屋です(笑)

No title

 ああー、マジで「てんし」の変換の何がオカシイのかと考えてしまいました。天使って単語がありましたねー。(オオ馬鹿者です)
 ウチのPCも一発変換ムシ屋仕様なので、どうも昆虫には詳しいらしいです。(爆)

Re: No title

>ふうけぃ☆風敬さん
「てんし」と聞いて「天使」が出て来なくなったら、もう完全に虫屋ですね(笑)
…実のところ、私自身もこの記事を書く際に「“てんし”って変換は展翅以外に何かあったハズだよな…え~と…」と数秒悩みました(^^;

あと、多かれ少なかれ科学の一端を担っているという自負を持っているというのも虫屋の特徴だと思います(^^)

Re: タイトルなし

>acraeoidesさん
確かに、そういう自負を持っている人は多いですね。
…ただ、自分の場合、“自負”とまで言える程か?というと少々自信無いですが(^^;
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク