初夏の山梨・韮崎市(2)

※6月20日UP記事の続きです。虫けら屋本人は現在は南の離島におりますが、記事は予約投稿で。
一応「前回(→前回記事)」の続きになりますが、2日目は天気も悪く、トラップを回収してちょっと見回っただけなので短いです。




6月16日
…朝起きてみると、予報通り天気は悪い。
昨日は晴れ間の覗く良い天気だったのだが、今日はシトシトと小雨。
これではチョウは難しいな…。

まずは餌用ミミズを確保してからベイトトラップ(→ベイトトラップ)をチェックするが、やはり追加のオサムシは落ちていない。
オサムシは基本的には夜行性だが、夜間気温が下がって寒くなるような場所では昼間メインに活動する場合もあるようだ。
ミミズを追加でコップに入れて、打ち合わせの北杜市(旧・長坂町)のオオムラサキセンターへ向かう。

夏のイベントの打ち合わせをして、昼過ぎに解散。

イベント下見を兼ねてセンター敷地内を歩き、ふと池を見てみると、小雨の中で羽化しているトンボがいる。
腰の部分が黄色い、コシアキトンボだ。

コシアキトンボ羽化

再びベイトトラップを仕掛けたポイントに戻ると、小雨降る中オオオサムシ3♀が新たに落ちていた。

オオオサムシ3♀

…が、考えてみると、今回ベイトに落ちたオオオサムシは何故か全部♀だったような…?

計9頭が採れているが、回収時にざっと見ただけだが全て♀だったように思う。
時期のせいなのか、他に原因があるのか分からないが…。
ついでに、「あと1頭採れたらちょうど10頭だったんだけどなー」なんて思ったりも。

残った餌を捨ててコップを回収し、出発する前に小用を…と思ったら、足下にオサムシ。
紺色の大型はオオオサムシだ。

オオオサムシ♂

“これでちょうど10頭だ!”と拾ってみると、♂だ。
こいつはラッキー。

ついでに材置場も行ってみるが、小雨ではタマムシは飛来しない。
カミキリもほとんど来ていないが、チャイロホソヒラタカミキリだけは数頭が見つかった。
樹液も見てみるが、シラホシやムラサキツヤはおろかシロテンハナムグリ(→シロテンハナムグリ)も来ていない。
…ま、この天気ではなぁ…。

という事で採集を終了し、荷物を片付けて車に乗り込み、中央高速の韮崎ICへと向かった。




…今回は、打ち合わせついでの採集ではあったが思った以上の成果が上がり、初夏の山梨採集を楽しむ事ができた。
ゼフはまだほとんど出ていなかったが、オサムシ・ハナムグリ・タマムシなど採りたかった種が色々と。

材置場を見に行ったのは、もしかしてルリボシカミキリやヤマトタマムシが出ていないかな…と淡い期待を抱いていたのだが、さすがにゼフもほとんど出ていないようでは、まだ2種とも姿を現さなかった。
彼らとの出会いは、夏のイベント本番の時期に期待しよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク