スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の奇形さん(3)

久しぶりの「我が家の奇形さんシリーズ」です。
今回は全て同じタイプ、4頭とも脚が1本だけ短いタイプの奇形です。

ミヤマクワガタ
脚奇形ミヤマクワガタ
左後脚(写真の標本は裏面なので、右側の後脚)が1本だけ明らかに短いですね。

カブトムシ
脚奇形カブトムシ
こちらは右後脚だけが短い(写真だと左側の後脚)。

エゾカタビロオサムシとエサキオサムシ
脚奇形オサムシ
どちらも右後脚が短いタイプです。

こういった奇形はオサムシなど幼虫が野外で動き回るタイプの虫に多く見られ、クワガタムシなど幼虫が土や木の中に棲むものでは比較的少ないようです。
…そう考えると、このテの奇形は遺伝子による先天的な要因ではなく、幼虫時代の欠損による後天的要因の奇形と思われます(※最初から遺伝的に奇形だったのではなく、成長する段階で何らかの原因で奇形になった)。
おそらく、幼虫時代に襲われたりケガ等で欠損した脚が脱皮によって多少再生したことによるものだと思います。
脱皮を重ねる度に再生脚は少しずつ大きく復元されていくものの、脱皮回数には限度があるため完全再生には至らず、という所でしょうか。
より初期に欠損した場合は複数回の加齢(脱皮)によりある程度の大きさまで再生し、より後期(終齢とか)に欠損した場合は、蛹化または羽化の脱皮のみなので再生脚も小さい、という事かと思います。

稀に見られるクワガタムシの大アゴが片方だけ小さい、という奇形も個人的には同様の原因(“材が固い”等により片方のアゴが欠けたもの)ではないかと考えています。


ひとくちに“奇形”と言っても、そのタイプは千差万別です。
奇形というのは、正常型に当てはまらない異常な形のものを言いますので、正常な個体変異の範囲からはみ出してしまえば全て奇形、という事はつまり「奇形とは“こういう形”」というものが無いのです。

今回の奇形は後天的要因によるもので比較的目にしやすいタイプかと思います。
採集をする際、よく見ていれば同じタイプのものが見つかるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんばんは。

一昨年採集したオオクワガタの♂がやはり
後脚が短かったです。

少し残念に思いました。

>ひさ@くわがたさん
奇形は“正常型ありき”ですからね(^^;
正常型をいくつも採った上での奇形は嬉しかったりしますが、初採集が奇形だったりすると微妙な気分になります。

No title

初コメント失礼します。

葛城山のヤマトオサムシに、後脚が短い奇形個体がいたので、それについて調べていたら、本記事にたどり着きました。
素晴らしい考察で、勉強になります。この、奇形についての考察は報文などで発表されていますでしょうか。もしくは、何かを参考にされたのであれば文献をご教示頂けないでしょうか。

初コメントで図々しいお願いで申し訳ありません。ご検討のほど、よろしくお願い致します。

Re: No title

>かわおさむしさん
ありがとうございます。
この考察はあくまで自分の経験や友人からの話などを総合して考えたものなので、参考文献などはなく、また発表等もしておりません(…きちんとデータを取ったワケではないので)。

ただ、本格的なオサ屋でない自分がオサムシの脚矮小奇形は4~5回は採っており、クワガタ等に比べてはるかに確率が高いというのは実感しております。

遅くなりましたが、お返事有難うございます。
先日、オオオサムシの幼生(終令)を見掛けましたが、前脚2本とも半分なくなっていました。
もう再生する見込みはないと思ったので持ち帰りませんでしたが、いづれ虫けら屋さんの仮説を飼育実験で検証してみたいと思いました。
有難うございます。

Re: タイトルなし

>かわおさむしさん
ぜひぜひ!
あくまで経験からの仮説でしかないので、自分も実際どうなのかを知りたいです。



…自分は性格がズボラで飼育は不向きなので……ぜひ検証をお願いしたいです(^^;

No title

スジクワガタ♂の標本を作成していて、大アゴ左右の開き具合がなかなかキマりませんでした。
なんでだろう…と思ったら、どうも長さが若干(おそらく1mmに満たない程度)違うようです。
角度をそろえると左右で全長が合わず、全長でそろえると角度が合わず。
どちらにしろ違和感があったので、それぞれの中間で感覚的に違和感が最小になるようにして完成としました。

こういう場合も、果たして奇形と言えるのでしょうか。
詳細に観察すれば完全に左右対称という個体はいないでしょうし、奇形というのは程度問題で、明らかな場合にそう言われるのかなと思っています。

そんな小さな違いにも気づくことができるのが、標本作成による面白さの一つだと思っています(^^)

Re: No title

>Taku35歳さん
1mmぐらいの差だと、奇形と呼ぶか難しいところですね…。
どんな虫でも完全な左右対称にはならず、どこかしらに微妙な左右差があります。
ノコギリクワガタの大アゴの湾曲だったり、アゲハのハネの形だったり。

奇形というのは「通常ではない」ものの呼び方なので、「通常」の変異の幅をどこまでと考えるか、次第ですよね。
自分なら、「奇形と言うほどじゃないけど、微妙に違う」という表現にするかもしれません。

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。