奄美大島採集記2012夏(07)~本来ならハイライトになり得るはずの中日~

7月4日(水)

朝から新たなポイントにトラップを入れに行く。
以前、お盆時に何年も連続で奄美に通っていた頃には毎年トラップを入れて採集の拠点にしていた場所だ。
試しに20個程を設置する。

午後に時間ができたので、またフェリベニの御神木に行ってみると、1♂2♀。
うち1♀は黒紋がやや発達した個体(写真左)。

フェリベニ黒紋&ヒシバッタ
フェリベニは黒紋が比較的安定しているので、この程度の変異でも案外珍しいかもしれない。
そしてもうひとつ、非常に面白い形のヒシバッタ(写真右)。
友人曰くアマミヒラタヒシバッタという種だそうで、胸部背面(上側)が圧して潰したように真っ平らになっている。

…更に一休みしていたら、御神木の陰からフェリベニ1ペアが出てきて合計2♂3♀の大成果

夜はトラップを設置したばかりのポイントを回ってみるが、小さなアマミノコやスジブトがいくつか来ているだけで非常に芳しくない。
悩んだ末、ミカン畑に突入。

昼間は透明で非常に見つけづらいミカンの樹液なのだが、夜間はややアメ色がかって反射するので返って見つけやすかったりする。
しかし、樹液はあってもクワガタが何も付いていない場合が多く、樹液の供給過多になっている。
クワガタの数がかなり少ないらしい。
かと言って自分の他に採集者が入っているふうでもない(真新しいトラップが掛かっていない)ので、どうも発生自体が悪いのだろう。

それでもミカンの樹液は大型個体が採れる確率が高いので、膝上以上の草丈のミカン畑をハブの恐怖に怯えながら頑張って探す。
さほど広大な畑というワケではないのだが、1本ずつ丁寧に見て行くのでかなり時間が掛かる。
そうして2時間程歩いた頃、巨大な個体が目に飛び込んでくる。
今日見た個体の中では飛び抜けて大きい。

アマミノコ76mm
76mm。
数こそ少なかったものの、このサイズが出れば満足だ。
…というか、普通ならこれぐらいが最大で採集記のクライマックスになるような場面のハズで、
「で、でけぇ!うおぉぉぉお!!」とか夜のミカン畑で大絶叫……ってな感じになるハズなんだけど……ねぇ。



7月5日(木)

少し疲れが溜まってきたか?
午前中はダラダラして体を休め、午後からフェリベニの木を見に行くが、本日はゼロ。
しばし待ってみるも飛来せず。
…まぁ、そんな日もあるでしょう。
正直、成果ナシにこの森を戻るのはシンドいのだが、採れなかったモノは仕方がない。

夜は再び昨夜と同じポイントを回るが、これがサッパリ。
どうもこの辺りはポイントとしての寿命が尽きた感がある。
この周辺はポイントとして当たりハズレを10年サイクルぐらいで繰り返しているようで、またしばらく経てばクワガタも増えるのだろうが、少なくとも数年はあまり成果は望めないかもしれないな。

仕方ないので、少々遠いが“いつものポイント”の方へ車を走らせる。
こちらのバナナトラップは既に終わり掛けているが、大型ノコがいくつか入り、スジブト集会所も好調。
更に特大ノコのミカン畑に行くと、数もサイズも奮わない中、1頭だけ76mmの赤い特大個体が入る。

赤ノコ76mm
これがムチャクチャ格好良い個体で、フォルムだけなら今回の採集でピカイチである。
ガッシリとしていながらもスラリと美しい体型、奄美の基亜種らしい長く伸びた大アゴは力強く湾曲し、スイギュウと呼ぶに相応しい。
その上、奄美では少ない“赤ノコ”と呼ばれる赤褐色タイプだ。

か…かっこええ…!!

こいつは夜のミカン畑で一人、思わず惚れ惚れと眺めてしまった。
さてスジブト集会所も好調で、今日も57~58mm級が入る。



7月6日(金)

昼間は名瀬の市街地でバナナを買い込み、それを車に積んだままポイントへ向かい、追加のバナナトラップを仕込む。

バナナトラップ作成中

流石のスジブト集会所も、デカイのを抜き続けてきたせいか、ついにサイズが落ちてきた。
最大で55mm。
…まぁ55mmでも十分に大型(本土ノコギリに換算するなら66mmぐらい?)ではあるのだが、連日のフィーバーを経験してしまうと55mmがあまり大きく見えなくなってしまうから困ったものである。

スジブトは梅雨明けが発生ピークで、この頃が数もサイズも最も良いようだ。
お盆時に採集すると、そこそこ採れはするものの数はずっと少なく、サイズも小さいのばかり。
30~40mm台ばかりで、50mmを超えたら「よっしゃ!」と言ってしまうほど。
その頃だと、55mmなんて「でけぇーッ!」って大喜びしてしまうサイズなのである。
今回の梅雨明け採集で、随分と自分の中の“サイズ感覚”が変わってしまった。




===================================
※長いので、以下リンクに目次ページがあります。
日を追って順に読んで頂く方は、どうぞ。
奄美大島採集記2012夏~目次~
===================================
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

九州でマイマイ採集してから地元で採集したときのような感覚でしょうか(笑)
48のヒメマイマイが小さく見えますよ~w

それにしても、今回の採集だけで相当に、壮観な一箱が出来そうですね!

Re: No title

>ふうけぃ☆風敬さん
福江島のマイマイ採った後みたいな感じかもしれません(笑)

…確かに、これを種別でなく遠征成果という形で1箱に収めたら、相当豪華な箱になりますね…。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク