奄美大島採集記2012夏(08)~中日その2~

7月7日(土)

某所の池にゲンゴロウ狙いのトラップを設置する。
今回、ウェイダー(胴長靴)やタモ網は無い…というか、そもそもにウェイダーは持ってない。
んで、今回は特に水生昆虫までは考えていなかったので、それ用の準備は何もしてこなかったのだ。
だが、長い日程の中でやってみたくなった。
そこで、2リットルのペットボトルを漏斗部分で切って逆向きに取り付け、紐を付けた簡単なトラップを作った。

ゲンゴロウトラップ
餌はサンマの切り身が良く使われるが、ここ奄美ではサンマは逆に高いので、スーパーの鮮魚コーナーで安い部位を探して購入。

…どうでも良いが、鮮魚コーナーでBGMで「崖の上のポニョ」を流すのはどうなのよ?
魚系の歌で明るくて有名なモノ、ということでまぁ気持ちは分からなくはないが、それにしたって…

♪真ん丸お腹の元気な子~♪ってのは、
まな板の上に置いた感想ですか??

「おう!よく跳ねて活きがイイじゃねぇかっ!」的な。



さて、昨日仕込んだバナナトラップを早速設置していくが、スジブト集会所のトラップも新しい物に替えてみる。
そこで、古い穴だらけのトラップを外し、分解してみる。
…まぁ、5~6頭はトラップの中に住み着いているだろうとは思っていたのだが、分解してみると次から次へとスジブトが出てくる。

バナナトラップ分解
…小さい個体ばかりではあったが、結局ひとつのバナナトラップの中に、21頭ものスジブトヒラタが住み着いていた。
流石にビックリである。

…夜は今までで一番奮わず。
ノコギリもスジブトも大きいのが入らず。
ゲンゴロウトラップはトビイロゲンが十数頭入ったのみで、黄色い縁取りがあるようなのは1頭も入らず。
場所があまり良くないと判断し、トラップは撤去。

唯一ビックリさせられたのは、巨大なアマミナナフシの♀。
アマミナナフシ♀

う~ん…ここまでデカイと、もはや日本のナナフシに見えませんな。


7月8日(日)

朝から雨。
梅雨明けとは言え、今までがずっと好天続きだった事の方が幸運だったと言える。
…正直、今回は長期なので滞在中に台風の一発ぐらい来るのを覚悟をしていた。

午前中は採集した虫の整理をしながらダラダラと過ごし、休養。
Y氏が宿に遊びに来たので、これまでの成果を見せる。
ついでに冷蔵庫の中も見せる。

冷蔵庫の中身
虫だらけ…っていうか、虫しか入ってません。

夕方になり、友人と別れてトラップ巡回に出掛ける。
途中で本日分のゲンゴロウトラップ用の魚も購入し…

…た辺りで、雨がモノスゴイ事に。

バラバラではなく、バチバチという音を立ててフロントガラスに天井に所構わず叩き付ける雨粒。
もう車の天井が凹むんじゃないかってぐらいの音である。
ワイパーをフルに動かしても、5m前を走る車が霞むレベル。

流石にこの雨ではトラップ巡回をする気にはなれない。
しばらく車を止めて雨脚が弱まるのを待ってみたが、しかしながら雨は一向に弱まらず。

結局、本日は諦めて宿に戻った








…のはいいんだけど、車から宿の玄関までの間さえ歩くのを躊躇われる程の豪雨。
早く宿に入った方が体を休められるのは分かっているのだが、その僅かな距離でパンツまでガッツリ濡れる自信があるようなとてつもない雨なのである。

…諦めて、宿の目の前で、雨が弱まるまで車の中で時間を潰すことに。




===================================
※長いので、以下リンクに目次ページがあります。
日を追って順に読んで頂く方は、どうぞ。
奄美大島採集記2012夏~目次~
===================================
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク