タトウ

標本中心のいわゆる“虫屋さん”の間で、甲虫やカメムシなどの一時保管や簡易展足等によく使われるのが「タトウ」というアイテムです。

タトウ

まぁアイテムと言ったってカット綿を紙で包んだだけなので、本当に簡単な物なのですが。
どういうものかと言うと、死んだ昆虫をカット綿に並べ、それを半紙や新聞紙など吸水性が良く通気性のある紙で包んで乾燥させ、軟化するまで保管しておくという保管・整理用品です(※生理用品ではないッスよ)。

タトウ開く

半紙や藁半紙など無地の紙で作った方がデータが書きやすくて良いのですが、旅先などで半紙が手に入らない場合は新聞紙でも構いません。
その場合は、できるだけ印字の少ない部分が表になるように折り、マジックなどで見やすくデータを書き込みます。
なお、広告チラシなどツルツルした紙は吸水性・通気性が良くない場合が多く、あまり向いていません。
吸水性・通気性の悪い紙だと、中の虫が乾燥せずにカビたり腐ったりしてしまう可能性があります。


さてタトウの作り方ですが、カット綿はどこの薬局でも必ず売っているので、それを紙で包んで作ります。
上の写真に折線が見える通り、「下側→上側→右側→左側」と順に折り、最後に右側の袖を左側の袖に挟み込んで(もしくは差し込んで)完成です。
とっても簡単。

タトウ折
(※ちなみに、この折る順番については人によってクセがあり、異なる順で折る人もいます)

タトウが折れたら、表側に、中に入れる虫のデータを書き、あとは中の虫を乾燥させてしまうだけです。
ちなみに、タトウに並べる前に、虫の各関節を一度しっかり動かして死後硬直が解けているのを確認しておいた方が、後で軟化展足する時にやりやすくなります
遠征などですぐに展足できない時や、一度乾燥させてから軟化展足したい時など、用途は多いです。
自分などは、虫は一度タトウでしっかり乾燥させてから軟化展足をする場合が多く(その方が展足後の乾燥期間が短くて済むのです)、このタトウを非常に多用しています。
更に、このタトウをタッパー等に入れておけば保管場所も少なくて済み、誤って破損させる危険も少なく、非常に効率的(防虫剤を忘れずに)。

タトウ収納

その際に、タトウの表にデータを書いておくようにしないと、後から何処で採った虫だか分からなくなってしまうので、必ず明記します。
また、原則的に1タトウ1データにしましょう。
色々な場所で採った虫を同じタトウに入れてしまうと、万一タトウの上で虫が転がったりした時に、どれがどのデータだか分からなくなってしまう危険がありますので、同じタトウには同じ日・同じ場所で採った虫しか入れないというようにした方が安全です。

また、タトウの大きさに決まりはないので、入れる虫の大きさや数によってサイズを好きに変えられます。
自分の場合、2種類の大きさのタトウを使い分けています。

・大きい方はカット綿そのままのサイズを藁半紙で包んだもの
・小さい方は、カット綿を1/3サイズにカットして、100均の半紙1/2切で包んだもの

…です。

タトウ大小

ミヤマクワガタやタガメなど大型種を入れる場合や、小型種でも大量に採れた場合は大きなタトウを使用し、コクワガタ1頭とか小さな虫が少量の場合には小さいタトウを使用しています。


展足が追い付かない時、すぐに展足する余裕がない時、まずはタトウで保管しましょう。

また、小型の昆虫などではタトウの上で展足し、そのまま乾燥させて台紙に貼り、マウントする場合もあります。
つまり、押さえ針を使わないで、このまま綿の上で展足してしまうワケです。
詳細はリンク記事をご覧下さい(→小型甲虫の標本の作り方)。


保管から展足まで使えるお手軽アイテム「タトウ」。
便利ですよ。


※ちなみに、「タトウ」という名の由来は、着物を包む和紙から来ています。
着物は和紙に包んで保管するのですが、それをタトウと言い、同じ折り方をするのでこちらも「タトウ」と呼びます。
近年、薄いプラスチックケースに綿を敷いて同じように保管使用する「プラタトウ」なるものも出てきていますが、名の由来から考えると、これはタトウと呼んで良いものか……悩むところです(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

虫けら屋さん、こんばんわ!
勉強になります!
今まで死んだ虫はプリンカップにそのままいれておりました(^^;)
展足の時の腐敗臭に負けそうでしたが、これからは大丈夫そうです。

Re: No title

こんばんは。

死んだ虫で、すぐに展足をしない場合は、カラカラに乾燥させるか、(ご家族が許してくれれば)冷凍庫に入れて凍らせてしまうのが良いですよ。
クワ・カブなら、防腐処理がしてあれば一度乾燥させてしまうのが一番お薦めです。
死んだ後でも、一応は酢酸エチルの効果もありますし。
そして、一度乾燥させた後の軟化展足だと、再度乾くまでに掛かる時間がかなり短くなりますので展足のサイクルも速くなります。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク