奄美大島採集記2012夏(12)~旅の終わり~

7月13日(金)

長かった奄美遠征も今日でおしまい。
昨夜のうちにトラップ類は全て撤去してあるので、今日は荷物整理をして帰るだけ……のつもりだったんだけど、流石に時間が余り過ぎるため、空港近くで少しばかり網を振る。
狙いはクロイワニイニイ
クロイワニイニイ
単体で見るとニイニイゼミとそっくりだが、やや小ぶりで前胸背の形や翅の模様などが微妙に異なり、また鳴き声も少し違う。
南西諸島にしかいないニイニイゼミの仲間だ。
…ただ、奄美大島には普通のニイニイゼミもいるので要注意。
捕まえてきちんと確認しないと、どちらだかハッキリ断言は出来ない。

中型のハンミョウが飛んでいる…と追いかけていくと、植えつけ前の畑に出て、そこで沢山飛んでいるのを見つけた。
捕まえてみればコハンミョウだ。
コハンミョウ
10頭ばかり摘まむ。

また、ここにきてメスアカオオムシヒキの♀を見つける。
メスアカオオムシヒキ♀
♂は今回の滞在中に何度か見ていたのだが、♀は初。
日本最大のムシヒキアブで、正直キモチワルイ。…が、“日本最大”とかいうとつい採りたくなってしまうのは虫屋の性(さが)。
画像は帰宅後に撮影したものだが、一緒に撮ったオオセンチコガネと比べると、その大きさが分かる。
2♀を採集し、じゃあ♂も採ろうかな…と探すが、いざ探すとなると♂がいない。

虫屋あるある:どうでもいい時には見掛けるクセに、いざ採集しようと思うと見つからない。

…結局、♂は見つからないまま終了。
とは言えまだ時間は十分にあるので、友人宛のシリケンイモリと自分の荷物をそれぞれ空港から郵送で送る。
それから空港の土産物屋をゆっくりと見て回り、十分な余裕を持って鹿児島空港行きの飛行機に乗り込む。

…行きは6月だったため55日前の超割があり1万円台で直行便が取れたが、帰りは既に7月の繁忙期に入っているため超割がない。
そのため、「奄美→羽田」直行便よりも、鹿児島空港を経由して超割を取る方が安い(それでも3万円台だが)という逆転現象が起こる。
その上、鹿児島経由なら本数があるので夕方の便を選べば島での滞在時間も長くなるしで「奄美~羽田までの所要時間が長くなる」という以外は全てにおいて経由便の方が勝ってしまう。
そんなワケで、今回も経由便。

まだ明るい奄美空港を、飛行機は一路鹿児島空港へと飛び立った。

プロペラ

--------------------------------------------------------------

<あとがき>

さて、長々と続いてきた「奄美大島採集記2012夏」も、この第12話でとうとう(やっと?)終了です。
ここまでお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。
せっかくなので、賛否どちらでも採集記の感想コメントなど頂けると虫けら屋は喜びます。

また、現地で案内をしてくれた友人Y氏をはじめ、お世話になった方々にもお改めてお礼を申し上げます。

今回の奄美遠征は、神風(突風)が吹いたかと思う程の“出来過ぎ”なミラクルな成果でした。
初っ端に轢かれていた特大アマミヒラタ、バナナトラップに来た巨大なスジブトヒラタ、野外ギネス僅差のアマミノコギリクワガタ…どれかひとつでも採れたら遠征大成功と言えるようなサイズのクワガタです。
えー、採集記を読んで下さった皆様はもうお分かりかとは思いますが、(自分が言うのもなんですが)これは異常とも言える程の大成果です。
普通なら、

アマミノコギリは73mmから上は相当キツイです。
スジブトヒラタは55mmもあれば十分大型です。
アマミヒラタは野外で60mmを採るのは楽ではありません。

これらのサイズを「大したコトないじゃん」とは絶対に思わないで頂きたく…(汗)。
どうか、野外サイズのアベレージを誤解されませぬよう。

奄美クワガタ大集合

--------------------------------------------------------------

~えぴろーぐ~

帰宅した翌日の7月14日(土)、それらの成果を持って、今回色々とお世話になったむし社に成果報告へ。
顔を出した途端、いきなり「君は奄美には行かなかった!」と言われ、何の事やら分からず頭上に「?」マークを5つぐらい浮かべていたら、

「いや、奄美に行った夢を見たんだという催眠術をかけて、成果をこっちの物にしようかと」

…と。


ナッ!? Σ(゚Д゚;)







そしてその翌日…7月15日、朝。
私はひんやりとした空気に包まれた新千歳空港に立っていた。
灰色に曇った空は太陽の暖かさを完全に遮り、半袖で空港の建物を出た途端に肌寒さを感じる程だった。
「さっむ…!」
つい一昨日までいた奄美大島と同じ日本だとは思えない。
ていうか、今は本当に7月の中旬か!?


南の島に続いて北の大地へ。

この上ない贅沢である一方で、奄美であれだけの成果を出してしまうと、その反動で目も当てられないような貧果になるんじゃないかという不安も…
やがてやってきた送迎ワゴンに乗り込むと、私一人だけを乗せ、車はゆっくりと空港を後にした…




===================================
※長いので、以下リンクに目次ページがあります。
日を追って順に読んで頂く方は、どうぞ。
奄美大島採集記2012夏~目次~
===================================


p.s.
さて、いよいよ今度の日曜日が待ちに待ったインセクトフェアですね。
年に一度の大イベント、私もとても楽しみです。
…と言っても、私の場合、標本の購入はほとんどしないので、なかなか会えない仲間に会うのが何よりの楽しみなんですけどね(笑)

第63回 インセクトフェア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

採集、お疲れさまでした!!

いや、楽しい採集記でした♪

成果も凄い羨ましいもので。。(笑)

23日にお会いできるのを楽しみにしています♪

No title

奮い立つような記事でしたよ!
それで・・・続きに北海道があるとは。また楽しみにしています!

No title

環境調査のバイトで出ておりましたので、お返事が遅くなって申し訳ありません。
先程帰宅しました(^^;


>京四郎さん
ありがとうございます。
今回は本当に素晴らしい採集でした。
では、フェア会場でお会いできることを祈りつつ。

>ふうけぃ☆風敬さん
ありがとうございます。
流石に採集記がずっと続きましたので、北海道編は少し間を置いてからにしようかと思っています。
とりあえず、次の記事はインセクトフェア関連で確定です(笑)
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク