チョウセンカマキリ

先日のインセクトフェアの後、夜出で福島にナミゲンゴロウを採りに行ってきました。
…なんでわざわざ福島まで行ったかっていうと、確実なポイントを知っているのが福島だけだったから(笑)

山梨や長野にもいますし、おおまかな場所は知っているのですが、ほぼ日帰りで確実に得られる可能性は低いかなぁ…と。
んで、過去に多数を得た経験のある福島まで足を延ばしてみたワケです。

まぁゲンゴロウはいずれ登場して貰うとして、今回は、その際に見つけたチョウセンカマキリ

チョウセンカマキリ(1)

図鑑によっては、ただカマキリという名で載っている事も多いです。
ただ、それだと“カマキリの仲間”という意味でのカマキリと混同しそうなので、ここでは「チョウセンカマキリ」と呼んでいます。

姿はオオカマキリと良く似ていて、わりと混同されているんじゃなかろうかと。
感覚的にオオカマキリより多少小ぶりで、首(前胸)が長くて胴体(中胸から先)が寸詰まりな印象を受けますね。
そして何より一番の見分けポイントは、首の下側、カマの付け根部分の色。

チョウセンカマキリ(3)

ここがオレンジ色なのがチョウセンカマキリ。
オオカマキリだとこの部分が淡いレモン色になるので、捕まえさえすれば、ここを見ればすぐに分かります。
幼虫でもこの特徴は出るので、捕まえれば幼虫でも成虫でも分かります。




…ところで、2枚目の写真、“ちょっと小さくない?”て印象受けませんでした?


実はそうなんです。


チョウセンカマキリ(2)

妙に小さいんですよ。

最初これが草にとまっているのを見つけた時、正直言って種類が分かりませんでした。
先述の通り、チョウセンカマキリは普通はオオカマキリに次ぐ大型の種なので、このサイズからは思い付かず。
捕まえてみてもカマの内側に紋がないからコカマキリの緑色型でもないし、ウスバカマキリでもない。
…で、裏を見てカマの付け根にオレンジの紋…

…え、これチョウセンカマキリ!?

まだ終齢幼虫サイズなのに、しっかり翅も伸びてるし。

(少なくとも国産の)カマキリ類は、成虫のサイズは比較的安定している印象があったんですが、こんなのを見つけてしまうと“カマキリも成虫サイズに差があるんだなぁ…”と。
普段スルーしているような種でも、目を向けてみると案外知らないコトばかりなのだなぁ…と改めて思わされた個体でした。


ちなみに、Wikipediaだと♀は70~90mmとなっていますが、今回の個体は60mmちょっとでした。
他のページだと雌雄合わせて60~85mmなんて書いてある場合もありますが、基本的に♂の方が小型なので、♀としては相当小さいのは確かかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かにチョウセンカマキリにしては小さいですね・・・。
あっそうそう虫けら屋さん今朝きれいなゴマダラチョウ見ました!
久しぶりに虫を生で見れたので超うれしかったです。
目の保養になりました(笑)

No title

 いつもカマキリを見るとウスバカマキリかもしれないと思ってよく見てしまいます。(現実は厳しいです)
カマキリの大きさは、興味深いと思います。

No title

>虫採りハンターさん
小さいです。
実物を見ると、コカマキリに毛が生えた程度の大きさです。

>インセクトさん
ウスバは自分もまだ1~2回しか野外で見た事がありません。
しかも自己採集はまだ未経験。
局所的に多いというので、一度は採ってみたいですね。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク