トノサマバッタに似たヤツら

※当人はまだ離島採集中につき、予約投稿でのUPになります。





クルマバッタ、クルマバッタモドキと続きましたので、以前に紹介したツチイナゴを含め、ここらでトノサマバッタとよく間違われるバッタをまとめ。
…と言っても、これら以外にもトノサマバッタに似た種というのはいます。
今回は「トノサマバッタと同じような場所で見られる、良く似た比較的大きい種」という事で。

トノサマ近似4種

…こうして見ると、ツチイナゴは明らかに違うのがお分かり頂けるかと。
特に、目の下に伸びる黒緑色のラインが特徴的。
この4種の中では唯一成虫で越冬するバッタなので、春先にトノサマバッタっぽい茶色のバッタを見掛けたら、まず大抵ツチイナゴ(※南西諸島には、タイワンツチイナゴという良く似た形の巨大なバッタがいます)。

他のトノサマバッタ・クルマバッタ・クルマバッタモドキの3種は比較的よく似ています。
そこで翅を広げてみる。
トノサマ近似3種の翅

すると、トノサマバッタには後翅に黒い帯がない
また、クルマバッタに比べてモドキの方は後翅付け根側の黄色が薄いのが分かる。
更に今度は翅を畳んだ状態で背面から。
トノサマ近似3種背面

緑色型の個体であれば、クルマバッタは翅の合わせ目が緑色になるのでよく分かる。
クルマバッタモドキは緑色型でも合わせ目が緑色にはならず、褐色型は胸部背面のX字模様が分かりやすい。
なお褐色型のクルマバッタの場合、クルマバッタモドキと多少見分けづらいが、後翅の黄色の濃さや、翅を横から見た時の模様などで見分けられる。


…さて、あなたが今年空き地や土手で見掛けたバッタは、はたしてトノサマバッタで良かっただろうか?

気になった方は、ぜひ次のシーズンにはしっかりと確認してみて頂きたい。
こういう小さな疑問こそが、自然探求の入口なのであります。




~~~~

…さて、年内の更新は今回が最後になりそうです。
遠征帰宅予定が31日の夜中なので、多分当日に更新してる余裕はなさそうなので…。

今年も様々な虫と出遭いました。
正直、2012年はかなり神風(突風の吹いた年だったと思います。
思い返せば、神風は既に2月の奄美遠征(→奄美大島採集記2012年初春)から始まっていたんでしょうね。
来年もまた良き年でありますように。
私にとっても、皆様にとっても。

それでは、来年もよろしくお願い致します。


良いお年を!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク