久米島に行ってきました

12月23日~31日の8泊9日で久米島に採集に行ってきました。
いつもの流れですとココで採集記となるのですが、今回は写真も少なくまた採集記に書けるほど内容も濃くありません(一部、濃い部分もあるのですが…)。
ですので、今回は撮影した写真からいくつかを並べてお茶を濁す事にします(をい)。

まずは、クメジマハブ
クメジマハブ幼蛇
奄美や沖縄本島にいるホンハブと同じ種とされていますが、久米島のものは写真のように模様が単純化する個体が多く、こういった個体は「クメジマハブ」または「クメハブ」と呼ばれています。
今回出遭った個体はまだ30~40cm程度の幼蛇でしたので幼い顔をしていますが、既にハブの貫禄は備えていました。

で、狙いのケブカコフキコガネ
久米島ケブカコフキ♂
これがもう今回は完全に発生ピークを過ぎてしまっており、少ないこと少ないこと。
23~31日という長い日程だったので“どこかでピークが来るだろう”と考えていたのに、どうも行く前に既にピークを過ぎてしまったようで本当にキツかったです…。

アオカナヘビ
アオカナヘビ
ケブカ探索を森をさまよい、車に戻ってきたらポトリと膝の上に落ちてきた。
どうも森で藪を漕いでいるうちに体にくっついていたらしい。

奥武島からの海
奥武島からの海
久米島と橋でつながった小さな島で、その間の海は非常に浅く、そして澄んでいる。
ここから“はての浜”まで数km、非常に浅い海が続き、ところどころに砂洲が顔を出す。

ミーフガーの荒波
ミーフガーの荒波
穏やかな奥武島方面とは打って変わり、北側の海は風も強く波も荒い。
人の背丈を超えるような波が白く砕け散り、迫力の姿を見せる。
しかしそこは沖縄、荒ぶる波も水色に透き通っていた。


…今回は本当にキツかったです。
元々個体数の少ない虫なら苦労して採る楽しみも大きいのですが、本来多数採れる虫がピークを過ぎて少ないというのは精神的にもキツイ。
おそらくピーク時には何十・何百という♂が飛びまわっているハズなのに、それを過ぎてしまったせいで採れる数が毎晩数頭レベルというのは…

一応の成果は出せたものの、個人的な「ケブカの生態観察」という意味でも不完全燃焼感。
正直リベンジしたい所ですが、次に発生するのは再来年の2014年末。
先は長いなぁ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ケブカ

あけましておめでとうございます。

昨年のケブカ採集では、神風は吹かなかったようですね・・・
ケブカって毎年発生すると思っておりましたが、そうではないようですね。
今年の年末は、南の島ではなく、別のところですごすのですか?

Re: ケブカ

>モモンガさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

久米島のケブカは、時期を外してしまいましたね…
ケブカコフキコガネは隔年で多い年と少ない年を繰り返します。
今冬が沖縄や久米島で多い年だったのは確かなのですが、発生時期がズレていたようで…

No title

新年おめでとうございます。
昨年のコガネムシ研究会でカナブンについてお話しさせていただいた者です。今年もよろしくお願いします。

遠征お疲れ様でした。久米島まで行ったのにピークを過ぎていたのは辛いですね・・・。

Re: No title

>オリザさん
おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

久米島、得るものはありましたので無駄足ではないのですが、正直リベンジしたいですね。
ちなみに、ケブカコフキ探索中に採れた赤いサシガメがどうも久米島初記録のようで、そのうちカメムシ専門家に献上する予定です。

長期遠征お疲れ様です♪

虫けら屋さん ・ こんにちは♪

沖縄久米島遠征お疲れさまでした。
目的種が少なく残念でしたね。金ハブは綺麗です(^^)

ケブカコフキコガネって非常にカワイイ触覚ですね!?
嫁も【つけまつげみたいで可愛い】と絶賛してました(笑)

Re: 長期遠征お疲れ様です♪

>あおさん
コフキコガネの仲間というのはどれも可愛いのが多いのですが、ケブカコフキはその中でも特にかわいい虫です。
大きな触角とクリッとした黒い眼、裏側のモフモフした毛。

久米島の金ハブは特に美しいですね。
小さな個体でしたが、ちょっと感激しました。

はじめまして。

久米島には主に多足類メインで毎年秋頃になると行っていますが、沖縄本島よりマイナーな島なのかそれ程…ってか殆ど他の虫屋さん達を見かける事がありません。 採集圧も少ないので自分の中では本当に最高の島だと思います。 沖縄本島よりハブに出会う確率が高いですが、万全に対策を行えば単独採集でもそれ程危険は感じません。 久米島は最高の島です‼︎

Re: はじめまして。

>虫と僕さん
ようこそ。

初夏等のハイシーズンはともかく、秋ともなると確かに久米島に行く虫屋さんは非常に少ないでしょうね。
ケブカコフキももう一度リベンジしたいし、一度ぐらい初夏にも行ってみたい島です。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク