虫の名前について ~和名と学名~

日本で使われる「虫の名前」には、2種類があります。
ひとつは和名と言われる日本での名前。
これは「ミヤマクワガタ」や「モンシロチョウ」など日本人にだけ通じる名前です。
この呼び名は日本国内のみのものであり、海外の人には通じません。
一方で海外に行けばそれぞれの国でそれぞれの呼び名があります。
日本で蝶(チョウ)と呼ばれる虫は、アメリカやイギリスではバタフライと呼ばれ、フランスではパピヨン、インドネシアではクプクプと呼ばれます。
普通に生活する分にはそれぞれ自分の国の言葉での呼び名を知っていれば十分なのですが、研究したりする場合にはそう簡単ではありません。
日本のチョウを調べる場合でも、海外にいる近い種類のチョウを調べたりする必要が出てきますが、これが国ごとに呼び名が違っていては非常に不便なワケです。

そこで世界共通の名前が必要になります。
それが学名です。

ミヤマクワガタなら「Lucanus maculifemoratus」、モンシロチョウなら「Pieris rapae」という学名が付いています。
図鑑などで、虫の名前の横(または下)に斜字体のアルファベットで書いてあるのがその学名です。
イタリック体という字体で表記するのが基本なのですが、その字体がワープロソフト等で入っていない場合も多く、多くの場合は学名である事が分かるように斜体で書くか下線を入れます。

種を表す学名は2つの名前の組み合わせで出来ています。
「属名」+「種小名」という組み合わせで、属名の「属」は生き物を分類する時の単位で、例えばミヤマクワガタの学名である「Lucanus maculifemoratus」は「Lucanus」の部分が属名になります。
「ミヤマクワガタ属」に含まれる全ての種がこの「Lucanus」が最初に付き、同じグループに含まれることが分かります。

(例)
ミヤマクワガタ:Lucanus maculifemoratus
アマミミヤマクワガタ:Lucanus ferriei
ヨーロッパミヤマクワガタ:Lucanus cervus
エラフスミヤマクワガタ:Lucanus elaphus

後半の「maculifemoratus」や「cervus」は種小名と呼ばれ、Lucanus属のcervus種という虫がヨーロッパミヤマクワガタを指すワケです。

なお、後半の種小名だけではどの虫かは断定できません。
属名と種小名の組み合わせが完全に重なるものはありませんが、種小名だけなら同じ虫がいくつもいます。
例えば、奄美大島にいるアマミミヤマクワガタ(Lucanus ferriei)の種小名「ferriei」は、同じく奄美大島にいるフェリエベニボシカミキリ(Rosalia ferriei)にも使われています。
そのため、何という種かを確定する名前は、あくまで「属名+種小名」という組み合わせになります。

もっともっと学名のルールは色々あるのですが、今回はそのさわりだけ、という事で。


…ちなみに学名は英語っぽく見えますが、ラテン語(もしくはラテン語化した言語)という言葉です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク