シラホシハナムグリ

今回の虫は、シラホシハナムグリ
シラホシハナムグリとカナブン
(※左側の1頭はカナブン)

以前に紹介したシロテンハナムグリ(→記事)と名前も姿も似ており、混同されることも多いハナムグリです。
某昆虫園(名前はあえて言いませんが)の展示標本でも、「シロテンハナムグリ」として並んでいる中に1頭だけシラホシが混じっているのを見たことがあります。
…と言いつつ実のところ、恥ずかしながら私も小学校の頃「シロテンとシラホシは同じ虫で、本によって表記が違うだけだ」と思っていました…(^^;
シラホシとシロテン
自分が生まれ育った東京市街地では、見られるのはシロテンばかりでシラホシハナムグリというものを見る機会がなかった、という事も理由にあるとは思います。
東日本では比較的レアな虫……

…だったのですが、どうも最近、一部地域でこのシラホシハナムグリが増えているようです。
自分は山梨県の韮崎市や甲斐市でここ数年比較的多くの個体を目にしていますが、30~40年前は韮崎のシラホシは、シロテン1,000頭に対してシラホシ1頭というぐらいレアだったそうです。
また都内でも東京港野鳥公園を中心に昨年多くの採集・観察例が知られています。
山梨などは何らかの要因で自然個体が増殖した可能性もありますが、野鳥公園などは移入の可能性が高いのではと思われますが、ハッキリした事は分かりません。

ところで、似ているとなるとやはり気になるのは「シロテンハナムグリとシラホシハナムグリの見分け方」
本を読むとシロテンとシラホシの違いは「頭楯が凹むかどうか」「翅端の尖り具合」などが書かれていますが、ぶっちゃけ両方見比べてみないと分からんというのが正直なところ。
オオカマキリとチョウセンカマキリのように“ここを見れば一発!(→記事)”というだけの絶対的な差が少ないのです。
一度両種を採集して比較すればもう次からは見た瞬間に確実に見分けられる程度には違うのですが、全体的な雰囲気からくる印象が大きく、文章で確実な区別点を書くのが難しい(※もちろん、専門的な目で見れば明確な違いがあるのですが、このブログは「虫屋でない方でも分かるように」がモットーなので)。
それでも、個人的に今まで観察した中で、何となくではありますが印象的な区別点がありますので紹介していきたいと思います。

まずは、頭楯脚の長さ
シラホシとシロテンの違い
頭楯は赤マルの部分で、シロテンが凹んでいるのに対し、シラホシはほとんど凹みません。
…が、これもシロテンしか見たことがないと、ちょっと凹みの浅いシロテンを見ると「もしやシラホシでは…?」と期待してしまったりするんですよね。
次にですが、シラホシハナムグリはかなり脚が短く、特に前脚フ節(緑マル)の部分が短い
この差はかなり露骨で、シロテンを見慣れているとシラホシはかなり短足でずんぐりむっくりに見えます。

更に、背面の印象
シラホシハナムグリ背面
シラホシは黄色ラインのエッジがかなりハッキリ立ちます。
個体差はありますが、ほとんどの個体はこのエッジがかなり立っており、最初の写真でもそれが分かると思います。
また、鞘翅(上バネ)の小楯板付近(赤マル)は点刻(小さなポツポツ)が薄く表面がツヤツヤしているのに、鞘翅の後半部(緑マル)の部分は点刻がハッキリしており、質感にかなり差があります(※対馬周辺のものは除く)。
シロテンハナムグリはどちらかというと全体に点刻があり、鞘翅(上バネ)の付け根と先の方であまり差がありません。

…とまぁ、以上の4点(頭楯・脚の長さ・上バネのエッジ・点刻)を見てみれば、なんとか…と思うのですが。
あと、シラホシとシロテンでは下翅の色が違うので見分けの良いポイントになるのですが……生きているものだと無理に広げるワケにもいかないので難しいところ。


ただ、実はシロテンハナムグリの記事でも紹介したとおり、実はシロテンやシラホシに似たハナムグリというのが他にもいるんですよね。
代表的な所でムラサキツヤハナムグリミヤマオオハナムグリ
この2種がこれまたよく似ていて、区別がしづらい。

ただし、シラホシハナムグリは他3種に比べて明らかにずんぐりむっくりな印象があるので、その点に注意すれば見分けられるようになると思います。


う~ん…やっぱり文章にすると難しい…(^^;

頑張って書いてみましたんで、これみて夏に「見分けられた!」となりましたら、ぜひコメントや拍手を頂けると嬉しいです。
ダメだったら、「分かんねーよ!」と言ってやって下さい…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遠くから見ても分かる、ピッカピかで派手なハナムグリだと思っていましたが、樹皮によく溶け込んでいて、横のカナブンが超目立つ感じになってますね。
意外と良く出来た保護色なんだなぁと再認識しました。

系統的に、金属光沢と白点には関連性があるんでしょうか・・・。コアオハナムグリなんかを見ていると、金属光沢が無くなった艶消し系の方が進化的に遅いのかな~と思ったりしますが、各種、艶消しの上にも白点は出るんですよね。逆に、カナブン類が無毛に進化したんですかね。
そもそも関連があるのかどうかも知りませんが(苦笑)

Re: No title

>ふうけぃ☆風敬さん
暗い場所や、黒っぽくなった樹皮だと思った以上に保護色です。
この写真も、最初遠くから見た時にはカナブンだけが見えて、近付くにつれて「シラホシ4頭も付いてんじゃん!」といいう感じでした。

確かに、なんとなく艶消しの方が進化上後発のような気がしますが、実際はどうなんでしょうね…。
キョウトアオハナムグリのように♂だけ艶消しなんて種もありますし。

No title

大宮のフェアではいろいろお話しいただきありがとうございました。私も最初にシラホシを採集した時はシロテンだと思い込んでいました。展足しているときに他のシロテンとちょっと違うと気づいて後翅を引っ張り出して確認しました。
シラホシのほうが幼虫の好む環境の条件がシビアなのか、など両種が生態的にどうすみ分けているのかにも興味があります。

Re: No title

>オリザさん
こちらこそありがとうございます。
シロテンは腐食土でもボロボロの朽木でも幼虫が育つのに対して、シラホシは洞内堆積物(俗に言うフレーク)とかで育つのかな…?なんて思っていたのですが、それにしては昨年辺りからの東京港野鳥公園周辺での増殖ぶりは理解できないんですよね。
不思議です…。

No title

こんにちは
はじめまして

私の住んでる所はそんなに田舎では無いんですが、海にも山にも
5分もあればいける、そんな環境故なのか、色んな昆虫と出会えます(笑)

ある日、のちに台所のドアにこつこつ当たる音がするので
?と音のする方を見るとのちに判明したんですがシロテンハナムグリ
でした。
これも縁?と飼い始めて、3回目の冬を超えたんですが、
さすがにgw前に星になってしまいました。
小さい頃、昆虫と遊ぶ事はありましたが、愛おしく感じるのは
歳のせい、かもしれませんね。
その子のおかげで、植木鉢をひっくり返した時に出てくるいも虫が
処分出来なくなって、育ててしまう有様です(笑)いま5匹も
その上今日はシラホシ?シロテン?の小さな子と出逢ってしまって。
日常にいっぱいこころ豊かにしてくれる事ってありますよね

では、またv-290

ご参考

先刻、迷子のハナムグリがいたのでググったところ、シロテンハナムグリと確認致しました。
その際、こちらのサイトを参考にさせていただきましたのでお礼に見分けの追加情報をどうぞ。
前翅の合わさる部分(真ん中の線)付近の中央下よりの模様がシロホシは2点の事が多く、シロホシは横に繋がって1点の場合が多いようです。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク