スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月、徳之島遠征(1)

実はちょっと前に、超突発で徳之島に行ってきました。
有名なのかマイナーなのか微妙な島なので一応解説しておきますと、徳之島は奄美大島の南に位置する島で、いわゆる奄美群島のひとつ。
南西諸島の位置関係って意外と知られていなかったりするので、並び順(大きな島だけ)で言うと、北から…
九州→屋久島→(かなり飛んで)→奄美大島→徳之島→沖永良部島→沖縄本島→宮古島→石垣島→…
…という順になります。
ちなみに徳之島の所属は沖縄ではなく鹿児島県です。

…で、なんでまたそんな島に行ってきたかと言いますと、ここ数年ハマッているケブカコフキコガネ(→記事)というコガネムシの発生情報が飛び込んできたからなんです。
♂のヒゲ(触角)が大きく発達したこの魅力的なコガネムシは沖縄地域と奄美地域で交互に隔年発生(2年に1回発生)を繰り返し、冬に姿を現す変わったコガネムシなのですが、今シーズンは沖縄の発生年であり、奄美群島に含まれる徳之島では発生しない(※厳密には、発生はするが少ない)と思われていたのです。
ところが、2月ももう終わろうかという頃合いに、夏の奄美採集記(→奄美大島採集記2012夏)にも登場した友人Y氏から「徳之島で知り合いがケブカ採ったってよ」と連絡が飛び込んできたのです。

※なお、内容のケブカコフキについては後日公式に記録を発表しますので、このブログからの引用はされませんようお願い致します(…採集記の中では詳細地名も明かしてないしね)。


で、最初の連絡が舞い込んだのが2月27日、詳細が分かったのが28日。

…翌々日の 3月2日、自分は徳之島空港にいた。


気温は暑くもなく寒くもなく。
今回は4泊5日の短期決戦だ(※普通の方には5日間というのは長い遠征になるのですが…)。
日産レンタカーで車を借りて走り出したもののすぐに道を間違えて、慌ててUターン。
まずは一路、そのケブカが採れたという場所へ向かう。

初めての島というのは、それだけで何か心躍るものがある。
この時期では虫は少ないのは分かり切っているが、それでも、ハンドルを握る手に、全身に、込み上げてくるものがある。
だがその一方で不安もある。
初めての場所は土地勘もなく、またこのケブカコフキという虫は発生のピークを超えた後の数の減り方が尋常でない。
沖縄のやんばるで採集した際には、ピークの翌日には飛んでいる♂の数が1/20以下に減っていた。
「1/20」というとイマイチ実感が湧かないかもしれないが、「一晩100頭飛んでいたものが翌晩には5頭しかいなかった」と言えば分かって頂けるだろうか。
つまり、もし当初の情報の時期に既に発生ピークを迎えていた場合、既に今は末期でわずかしかいないという可能性もあるのだ(4泊という短期決戦にした理由もそこにあり、既にそこそこの数が出ている発生状態なのが確かならあまり長期で行っても活動が終わってしまうだけだという考えによる)。
そんな興奮と不安を抑えながら車を走らせる。

…ところで、実は徳之島は近々採集禁止地域が大幅に広がるという。
国有林に森林生態系保護地域なるものを設定し、許可ナシでの採集は出来なくなるというのだ。
島全域ではないものの主だった山はほとんどが含まれており、かのA岳もその範囲内。
そして、それが施行されるのが来月、つまり2013年4月から(つまり明後日から)だという。
そのギリギリの時期にまさかのケブカ裏年発生情報が飛び込んできたのは、何か神懸かりめいたものを感じないでもなかった。

そうしてやがて、ケブカが採れたという場所に辿り着く。
まず思ったのは、「本当にココなの?」だった。
今まで、沖縄本島・奄美大島・久米島と3つの島でケブカコフキを採集してきたが、そのどれとも環境が違う。
広がるサトウキビ畑と、所々に残された森の残骸。
環境を確認しながらゆっくりと車を走らせると、やがて見たような植物が目に入った。

徳之島のリュウキュウチク
リュウキュウチクだ。

「まさか…」

リュウキュウチクは沖縄のやんばる地域等で道沿いの林縁に大量に繁茂しているササのような細い竹。
沖縄地域のケブカコフキコガネはこのリュウキュウチクが発生源(幼虫の餌)である可能性が非常に高いことが示唆されている……のだが、実はどうも奄美ではそうではないようなのだ。
2012年2月に奄美大島でケブカを採集した際(→奄美大島採集記2012初春)は、周囲にリュウキュウチクなど全く見られない林で多数の♂が飛び回っていた。
となれば当然、徳之島も奄美系統であろうしリュウキュウチク以外の何かを発生源としていると思っていた。
だが…

首を捻りながら、ゆっくりと車を走らせる。
しかし友人に確認してみると、どうも採集されたというピンポイントはそのリュウキュウチク地帯ではないらしい。
おやおやおや…?
それではと採集されたという場所そのものを探り当てると、これが尚更予想外。

徳之島アダン
アダン…!?

“本当にこんな場所で…?”と信じられずにいると、ふと足元に何かの糞があるのに気付いた。
低い草の上だったので既に風と天日でカラカラになっているが、獣の糞だ。
気になってよくよく見てみると、
徳之島ネコの糞
ケブカのパーツがいっぱい入ってる!!

…という事は、この近辺でケブカコフキが発生しているのは間違いない。
が、しかし、いよいよもって分からない。
彼らは森の中で飛び回る虫なんじゃないのか?
ポイントにススキ原も見られたため、そちらが発生源かもしれないと簡易式ライトトラップを設置して夜を待ってみる。
“しかしちょっと風が強いな…”なんて思っていたら…


ごうごうごう…ばびゅおぉぉぉぉぉおおっ!!

車が揺さぶられる。
アダンはわっさわっさと揺れ撓(しな)り、風に煽られて車がゆっさゆっさと揺れる。
車から出ると、正直 寒い





こんな風じゃケブカなんて飛ばんわ…





=========================================
※少し長いので、以下リンクに目次ページがあります。
日を追って順に読んで頂く方は、どうぞ。
3月、徳之島遠征~目次~
=========================================
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドキドキ(*∩∀∩*)ワクワク♪

Re: No title

>九州オオズさん
日を追って話が進んでいきますので、ごゆっくりお楽しみ頂けたら幸いです。

徳之島

こんばんは

友人からの情報ですぐに徳之島まで虫を採りに行くなんて、
虫けら屋さん、行動力がすごいですね!!
今回の採集結果、楽しみにしています。

Re: 徳之島

>モモンガさん
幸か不幸か、現在時間だけはあるので…
ちなみに記事内にも書いたようにケブカコフキは発生ピークが非常に短いので、「多数出てる」という情報が入ったら「即行く」か「諦める」かの二択になります。
1週間待ったら、ほとんど採れない可能性が高いのです…(-д-;

No title

徳之島初めてだったんですね~。

ここも 採集出来なくなるんですね。採集禁止には一長一短それぞれありますが、それはともかく採集禁止にしようとする理由そのものが本質的にマズいケースが多いため、やっぱり抵抗感が先行してしまいますね。
徳之島に限らず採集禁止が「一般」のことで、ほんとうに必要な時には研究以外でも「指定枠」として拡げてくれれば、双方の立場、結果的にもよりよいものになっていくはずですが・・・現実的には「臭いものにフタ」ということで、どう見ても必要な研究ですら許可を得るのは厳しい様子でとても残念です。

ちょっと変な話になってしまった・・。
記事の更新、楽しみにしています。

Re: No title

>ふうけぃ☆風敬さん
恥ずかしながら、実は行ったことのある離島は僅かなんです。
奄美大島は10回ぐらい行ってるワリに、今回の徳之島は初めてだったりして。

徳之島は全域禁止ではないものの、主だった山はほとんど禁止になってしまうのでかなり厳しいですね…。
本当に生態系保全等のために採集禁止になるのであればある程度仕方ないと思うのですが、「自然を保護している素晴らしい場所です」という建前のために禁止にされている感が強いのがやはり抵抗を感じるところですよね…。
目的が保全というより観光客誘致のため…という感じがして。

採集記は順次更新していきますので、ごゆるりとお待ち下さい。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。