3月、徳之島遠征(2)

3月3日
朝、念のため簡易ライトトラップを確認するが、当然のようにケブカは入っていない。
…ま、そうだろうな。

さてケブカコフキコガネは完全な夜行性の虫なので、昼間はポイントの目星を付けるぐらいしか出来ない。
しかも今回はピンポイントで情報が入っているので、ポイント探しもあまり必要ない。

だがしかし、この時期の徳之島には実はとてもステキな副産物がある。
A岳に、この時期でも採れる格好良い糞虫がいるのだ。
採り方は先日紹介した糞トラップ(→記事)を使う。
徳之島は各所に牛の畜舎があるので牛糞の入手には困らない上、百円ショップまであるので簡単な資材は大抵揃う、意外と便利な島である。
トラップ用のザルを買い、適当な畜舎で牛糞を頂き山へ向かう。

A岳登山道
…意外と斜面が急だ。
その上、夏の台風の影響か時折大きな木が倒れて登山道を塞いでおり、くぐったり乗り越えたり迂回したり。
まして数kgの牛糞の袋とザル、穴を掘るための手鍬と移植ごて(スコップ)を持って両手が塞がっており、歩きにくい事この上ない。
頂上に近い方が狙いの虫の個体数は多いらしいが、とりあえず比較的低い場所から何ヶ所かトラップを仕掛けていく。
糞トラップ
計5ヶ所のトラップを仕掛け終え、山を降りるともう16時を過ぎていた。
12月頃に比べて随分と日が延びまだまだ明るいが、かと言ってのんびりしていられる時間でもない。
もう一度ケブカの環境を確認し、更に簡易式ライトトラップの電池も交換しなくてはいけない。
急いで車に乗り込み、ケブカのポイントへ向かう。
さて、今夜こそは……


ごうごうごう…ばびゅおぉぉぉぉぉおおっ!!


…………orz


3月4日
夜は車の暖房をつけないと寝るのにチト辛いぐらいの寒さだった。

日が昇り、車内が少し暑くなってきた頃に起き出す。
バキバキに固まった体を動かし、体中に新鮮な血液を送る。
毎度ながら車中泊は最初の1~2泊が一番キツイ。3泊目ぐらいからは次第に体が慣れてくるのだが。

そうして朝、ケブカはやっぱり入っていない。
…まぁ、あの気温と風では無理だろうなぁ。
なんかもう、車のギアをニュートラルにしておいたら風圧で車が進むんじゃないかってぐらいの暴風だった。

仕方ないのでA岳の糞トラップを回収しに車を走らせる。
途中のコンビニで食料を調達しつつ昼過ぎに登山開始。

1つ目のトラップはオオシマセンチコガネが数頭。
…だが、オオシマセンチも奄美大島産を1頭持っているだけなので嬉しい。
本土のセンチコガネやオオセンチコガネと似ているが黒を基調とした渋い虫だ。

2つ目も同じく。

3つ目のトラップ、ザルを傾けて少しずつ土を出しながらチェックしていくと…

きたぁぁぁあッ!!(゚∀゚)
マルダイコク-1
マルダイコクコガネ!!

奄美大島と徳之島にしか分布していない特殊なダイコクコガネの仲間で、飛ぶ事ができず移動はもっぱら歩行のみという変わり者。
角も発達したそれなりに大型の個体だ。
飛べないためにハネも小さく、その分前胸背が発達して逆三角形の体型をしている。
コロコロして可愛いクセにデザインは細かく、思っていた以上に格好良い。
素晴らしい虫だ。

とりあえず、目的のうちの1つは果たせた。
とは言え明日以降も追加を狙うため、牛糞は毎日新しいものに交換していくつもり。

さて夜だが、先2晩は簡易式ライトトラップをススキ原の中に掛けていたのだが、思うところあってそのススキ原を見渡せるように農道を挟んだ向かいにあるアダンに移してみた。
これが吉と出るか凶と出るか。
やがて陽が落ち、19時を過ぎる頃には周囲は真っ暗になる。
そしてお約束の…

ごうごうごう…ばびゅおぉぉぉぉぉおおっ!!



=========================================
※少し長いので、以下リンクに目次ページがあります。
日を追って順に読んで頂く方は、どうぞ。
3月、徳之島遠征~目次~
=========================================
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

いや〜
マルダイさん、素晴らしいですね!
オオシマセンチは、一頭も持ってないので、両種とも羨ましいです(笑)

もう、取りに行けないんですよね。。

ダイコク、造形が素晴らしい♪

マルダイ

マルダイコク、飛べなかったんですね。
初めて知りました・・・
歩行だけだと行動範囲が限られ、数を集めるのが
大変そうですね。

ハムの人(丸大)

>京四郎さん
マルダイは初めて採集しましたが、本当に格好良くて可愛い虫でした。
オオシマセンチも黒くて鈍い光沢のあるシブい虫で…

ちなみにオオシマセンチはマルダイに比べると比較的広く生息していますし、奄美でもあちこちの山にいるみたいなので十分狙えると思います。
ただマルダイは…う~ん…


>モモンガさん
マルダイは飛べないダイコクとしてわりと有名で、海外の糞虫コレクターも結構欲しがるそうです。
生息密度の高い場所にトラップを仕掛ければわりと採れるのですが、今回の写真のような立派な個体は実は♂の中でも2~3割程度しかおらず、格好良い個体を狙うのはナカナカ大変でした。

No title

おおおおおカッコイイ!本州にいる糞虫よか逆三角形でイカす!
それはそうとトラップが人糞にしか見えません(^q^)

Re: No title

>並人さん
いやいやいやっ、これはれっきとした牛糞ですよ!!(笑)
マルダイコクコガネ、大きな個体は本当に格好良いです。
…ただまぁ、採集してみると半数以上が小さな個体で、申し訳程度の角があるだけなんですけどね…。

No title

むしけら屋さん  こんばんわ!
徳之島育ちですが、故郷にこんな昆虫が生息しているなんて
感激です。もう少し若ければ徳之島に帰って昆虫採集をしたいのですが、、。いかんせん老体なので(笑)
いろいろ教えて頂きありがとうございます。
今度帰郷した時にいろいろ見てきたいと思います。

植物は好きですが、昆虫はあまり興味がありませんでしたが
虫けら屋さんのおかげで好きになりました。
ありがとうございます。

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク