スプリングネット枠

久々に基本道具の紹介です。

昆虫採集において、捕虫網は基本中の基本アイテム。
安い物なら100円ショップでも手に入りますが、本格的に採集をするのならもう少し良い物を使いたい。
そこで、以前紹介した志賀昆蟲普及社(→記事)の「スプリングネット枠」をご紹介。

本格的な捕虫網になると、100円ショップやデパートで市販されている物と異なり、「柄」「網枠」「ネット」とそれぞれ別パーツで販売されています。
これは、「網が破れた」「枠が壊れた」など個々の部分が破損してもそこだけ交換してまた使うためです。
本格的な網となると価格もそれなりに高価ですので、パーツの破損だけで全部買い換えていたら大変です。

そのパーツの中の「網枠」にも、これもまたいくつか種類があります。
そんな中から、今回はスプリングネット枠という物をご紹介します(※ネットは別売です)。
スプリングネット枠
…使い古しなので、どえりゃあキッタナイ網ですが、キニシナイ
新品だったら真っ白ですよ、ええモチロン(笑)

枠が幅広のバネ金属で作られているため、その性質を利用して右のように小さく畳む事ができる便利アイテムです。
嵩張る網枠が移動の際はザックのポケットなどにスッポリ収まってしまうので持ち運びにもとても便利で、広げれば十分な口径の網になります。
市販品は口径が30cm,36cm,42cm,50cmと4種類がありますが、この枠を使うなら36cmか42cmあたりがオススメ。
口径はある程度大きい方が当然採集効率は良くなりますが、バネ枠という性質上とどうしても網を振ると“たゆむ”ため、あまり大きい口径は少々使いにくくなります。
個人的にはバネ枠なら36cm径が一番良いと思うのですが、42cm径を使う人も多いですね。
もっと大きな50cm径などを使いたい場合は、スプリング枠ではなくもっとしっかりした四折枠などをオススメします。

…さてこのスプリング枠、小さく畳めて便利なのですが、ひとつ大きな問題があります。

実は畳み方にコツがあり、慣れないと畳めない のです。

そこで今回は、そのたたみ方を紹介したいと思います。
まずは動画で。



…で、動画だけだと分かりにくいので、順番に解説していきましょう。

(1)網枠の両端を持つ
スプリング枠のたたみ方-1
持つのは左右でも上下でも、輪の両端であればOK。
この時、手は順手と逆手にする。捻りながら畳むので、順手同士だとかなりやりにくい。
利き腕側は順手(画像だと右手)に持ち、反対側は手の甲が上に来るように逆手で持つ。

(2)網枠を捻る
スプリング枠のたたみ方-2
左右から押し縮めながら、逆手で持った方を奥向きに捻っていく。左手が逆手から捻って順手の向きになっているのが分かるだろうか。途中で、ちょうど馬の鞍のような形になる。

(3)更に縮めつつ捻る
スプリング枠のたたみ方-3
ここが分かりにくいのだが、鞍型となった時点で一番低い場所(赤マル)同士が重なって交差する。同時に頂点部分(黄色マル)も重なっていく。

(4)更にたたむ
スプリング枠のたたみ方-4
3つの輪になって重なるように、更に捻りながら押し縮めていく。

(5)完成
スプリング枠のたたみ方-6
最後に垂れているネット部分を巻いて、完成。

…多分、一度では覚えられないと思います。
自分も何度も四苦八苦しながらやっていた記憶がありますので、何度も練習して体に覚えさせるしかありません。
頭の中で考えながらやっていると混乱しますので、手の捻りなど感覚で覚えていくのが一番だと思います。
自転車の乗り方と同じで、一度体が覚えてしまえばあとは簡単です。

また、開く時はバネが弾けて勢いよく広がりますので、顔の近くでは広げないようにしましょう。
思わぬケガをする恐れがあります。
…バネが弾けてぶつかれば痛いのは分かり切った事ですので、間違っても 「危険だ」とかメーカーにクレームを付けたりしない ようにしましょうね(笑)




網のたたみ方 網の畳み方 網がたためない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんなに汚れる前に、大抵自分は破れてダメになってしまいます。
虫けら屋さんは昆虫採集がとても上手なんでしょうね。

今の時期が一番網を使いますが、今年も早速、一枚穴が開いています。(^^;)

Re: No title

>ふうけぃ☆風敬さん
いやいや、そんなに採集上手くないです(^^;
虫運は良い方だとは思っていますが…。

個人的には、あまりスウィーピングはしないんですよね。
なので、網を引っ掛けるのはチョウ等を狙って振り損なった時ぐらいなので、なかなか破れないんですよ。
スウィーピングをやったら、あっと言う間に破く自信アリです!(笑)
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク