シロスジカミキリの羽脱

先日の神奈川里山採集(→記事)の最後に登場したシロスジカミキリ。
幸運にもその脱出の瞬間を観察することが出来たので、今回はその記事を。

採集に行ったのは5月13日(月)。
例年より発生が早いとの情報を受け、昨年より少し早めに行った。
ウマノオバチは寄主であるシロスジカミキリを狙ってカミキリに食害された木に飛んでくるので、必然的にシロスジカミキリに荒らされている木を見て回ることになる。
ウマノオバチの発生時期は5~6月頃が多く、この頃というのはシロスジカミキリの新成虫が出てくる時期でもある。
そうすると、運が良いとこういう場面に出遭う。
シロスジ脱出前
今回も、ちょうど新成虫が中から木を齧って穴を開け、脱出しようとしている所だった。

シロスジカミキリの幼虫は生きたクリやコナラの木などを食べる。
そして、そのまま木の中で蛹になり、羽化して成虫になると木を齧って中から出てくる。
それがちょうど今頃なのだ。

最初に穴を開けているのを見つけたのが2時半頃だったろうか。
それからまたウマノオバチを探索して再び同じ木に戻ってきたところ、脱出口はたいぶ広がり、もうそろそろ成虫が脱出しそうな様子だった。
「これなら脱出の瞬間の写真が撮れそうだな!」

彼らは、思っていた以上に脱出用の穴を丁寧に開ける。
堅い木の中で育つシロスジカミキリにとって、幼虫時代は(キツツキやウマノオバチなどごく一部のものを除けば)比較的安全だ。
むしろ、最も危険なのは脱出の瞬間。
抜け出る際に体が引っ掛かったりして動けなくなると、あっと言う間にカラスなどに襲われてしまう。
そのため、スムーズに出られるように少しでも引っ掛かりそうな部分はその立派な大アゴで何度も齧ってきれいな丸い穴にする。
そうして十分な大きさの穴を開けたら、外の様子を伺い、安全だと判断したら穴から脱出する。

穴がきれいな円形になり、いよいよ脱出間近となる。


…が、ここからが長かった

自分が脱出口の目の前に陣取ってしまったせいか、カミキリが警戒したのか穴の奥(と言っても数cm程度だが)に入ってしまった。
しばし待ってみるが、入口近くまで来るもののまた戻ってしまう。
向こうは私に警戒して出て来ない、こちらは早く出てきてほしい。
…自分とカミキリの根競べである。
しかし、もしここで「まだ出そうにないから30分休憩」とかいってその場を離れると、カミキリムシはあっと言う間に羽脱してしまうだろう。
できるだけ相手に気配を感じさせないようにしながら、じっと待つ。

…膠着したまま1時間が過ぎる頃、ようやく、やっと、ついにシロスジカミキリが脱出を開始する。
仰向けになって少しずつ穴の中から顔が出てきたかと思うと、折り畳まれていた前脚・中脚が出てくる。
シロスジ羽脱-1

すると次は、特徴的な長い触角である。
引っ掛からぬよう慎重に片方ずつ穴から引き抜いていく。
シロスジ羽脱-2

前脚・中脚・触角が抜ければあと少し。ラストスパートである。
体を滑らせるようにして一気に穴の外に脱出する。体が抜ければ当然後脚も一緒に抜ける。
シロスジ羽脱-3

最後に、穴の中に引っ掛けていた後脚フ節を抜けば羽脱完了である。
シロスジ羽脱-4

1時間半も待たされて、羽脱自体はものの1分かそこら。
だが、野外での羽脱シーンなどそうそう見られるものではないし、待っただけの甲斐はあったと思う。

もし来年もまたチャンスがあったら、今度は脱出を動画で撮りたいな~…なんていう欲も出てきたりして。


※シーンを通しで見たい方は、以下。
 ↓↓↓
シロスジ羽脱
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シロスジカミキリ

シロスジカミキリの脱出シーン、初めて見ました。
これまで何度か脱出しているところを無理やりピンセットで引っ張り出したことはあるんですが・・・
私の実家の栗の木はこいつのせいで毎年台風シーズンになるとどこかしらが折れてしまいます。
なので、ウマノオバチの活躍に期待です。

Re: シロスジカミキリ

>モモンガさん
なかなか脱出の瞬間を見るのは難しいですよね。
私も、出ようと穴を開けている姿は過去に何度か見ていますし、脱出した穴も何度も見ていますが、脱出を見るのは初めてでした。
以前に一度、無理やり引っ張り出そうとして死なせてしまった事はあります…
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク