FC2ブログ

孵っちゃった…

6月22日、朝。
小用したさに目を覚まし、ふとタガメの卵塊を入れたプラケースに違和感を感じで近付いてみたところ…















タガメ孵化
ぎょへえ!
孵っちゃった! Σ(゚Д゚;)


足場を入れておかなかったせいで、早々に数頭が溺死してしまったらしいが…
それを除いても数十頭の幼虫がワチャワチャと…。

…いや……えっと……

とりあえず、足場代わりの木片を突っ込み、少しでも幼虫が落ち付けるようにする。

…あー……


どうしよう。

…正直、水路整備で産卵された枯草ごとぶっこ抜かれて3時間も水に浸かっていた卵だったんで、「どうせ死んでるだろ」とか思っていたワケで、『死んでたら、そのまま標本箱に入れよう』とか思っていたワケで、ぶっちゃけ孵化する方が予定外だったりするワケで…。

と、とりあえず、釣り具や屋が開いたら足場用の水草を買ってこよう。
そんで、里子に出すことも含めて考えよう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

羽化

いや~、この数のタガメはすごいですね。
育てがいがあるってもんですね。
えさは、生きためだかですか?

No title

強風や梅雨で、水没に強そうな季節に産卵しているから、案外大丈夫なんでしょうね~。
2、3日浸かっても平気な気がしますが、そういうのも試してみたいですね。保全的研究の資料に使えそうな情報かも。

孵化

>モモンガさん
とりあえず、エサは生きたメダカを与えました。
…取り急ぎ10尾を買ってきたのですが、とても足りませんでした…。

Re: No title

>ふうけぃ☆風敬さん
なるほど、言われてみれば確かに梅雨時なら当然増水することもあるワケで、乾燥には弱くても水没にはかなり強いのかもしれませんね。

明日またメダカ20~30尾買ってこなきゃ…
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク