窓のアリ

某所に調査に行った帰りのバスの中、ふと窓を見ると小さなアリが付いていた。

窓のアリ

もしかすると、森で調査をしていた私の体に付いてきてしまったのかもしれない。

…可哀想だが、こうなったアリはもう生きていく術(すべ)はない。

アリは女王を中心とした巣を形成し、集団で生きる虫。
単体で巣から引き離された場合、彼らに待つのは死だけだ。
他の巣に入ることは出来ないし(同じ種でも巣ごとに体の匂いが異なるため、敵とみなされ攻撃されてしまう)、もしバスから逃がしてやっても残念ながら元の巣に辿り着ける確率はこの上なく低い。
数日もしないうちに餓死してしまうだろう。

小さな生き物たちにとって、常に死の危険は隣り合わせ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分のバイト先の窓にもケラが閉じ込められてましたが同じ運命を辿るのでしょうね
この場合人間の世界に入り込んでしまった不幸を恨んでもらうしかありません

Re: タイトルなし

>並人さん
閉じ込められてしまうと救出も厳しいですね…
電車に飛び込んだハチ、コンビニに飛び込んだコガネムシ…等々、彼らには厳しく寂しい末路ですよね。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク