スジブトヒラタクワガタ

「奄美のクワガタを何かひとつ挙げて」と言われたらコレを思い浮かべる人も多いだろう。
スジブトヒラタ♂
スジブトヒラタクワガタ
ガッチリとした幅広の体格と太い大アゴ、そしてその名の示す通り背中にはハッキリとした太いスジ。
“大型の♂でもこのスジがハッキリと出るヒラタ”というのは世界的にも珍しいのだが、♀の背中は更にすごい。
太いスジの間は細かくザラザラした質感になっており、もやは彫刻、芸術的とさえ言える。
スジブト♀背面
…ちなみに、♂の背面のスジは大型でもちゃんと出ているが、小型個体ほど強く出る傾向がある。
スジブトヒラタ♂背面

さてこのスジブトヒラタクワガタ、成虫の寿命が長い(1~3年)ので5月~10月ぐらいまで普通に見られる(冬でも少ないながら見られる)ようだが、実は トラップで採れる大型個体は梅雨明けが圧倒的に多い
お盆時期に採集すると30~40mm台の小粒な個体ばかりで、50mmを超えたら「デカイ!」と喜んでしまう程。
おそらく梅雨明けに一気に新成虫が活動を始めるために、棲み家となるウロを見つけるまでの間エサを求めつつ歩き回っており、その個体がバナナトラップにも集まるのだろう。しかし、しばらくすると大型個体は安全なウロを見つけ、そこから離れなくなってしまうのでバナナトラップには滅多に来なくなってしまうのだろう。一方、ウロなど条件の良い場所を棲み家に出来ない小さな個体は、シーズンを通してバナナトラップなどにも集まる、と。
2012年の初夏はスジブトヒラタの大当たりではあったものの、それを差し引いても大型個体の率が高かった。
♀はサイズの大小に関わらずお盆時でも採れるので飼育用の種親個体を得るだけなら全く問題ないが、♂の大型個体を狙いたいのであれば間違いなく梅雨明けが良いようだ。


…ちなみにこのスジブトヒラタ、実は奄美大島では“超”の付くド普通種なので「採集する」だけなら容易い。
条件の良い場所にバナナトラップを数日間仕掛けておけばこんな状態になったりすることもある。

…さて、この写真の中に何頭のスジブトが写っているか、分かるだろうか?
(※画像が小さいので、かなり分かりづらい個体もいます)
スジブトatバナトラ

※答えは、下のサムネイル画像をクリック!















スジブトatバナトラ(解答)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。^^

生態画像並び、トラップ時の写真・・かなりイイですね(^^)
あこがれの種類だけに・・とてもドキドキしながら、記事を読みました。

奄美に生息するクワガタの中で、私の一番好きな種類が本種です。
本種と、色々なチョウ・トンボ・オオシマセンチを狙って・・
色々な規制が 更に掛かる前に奄美にも採集&観光しに行きたいです。

イイですね

確かに超普通種ですね。でも奄美大島で初めてバナナトラップへの来訪してくれたクワガタで思い出の深い種類です。バナナトラップのストッキングに首を突っ込んで食べている本種の羽の模様をみた時は物凄く感動したのが昨日の様に鮮明に覚えています。

大型は梅雨明けが数が多いのはその通りだと思います。60mm以上のスジブトはその時期以外では、バナナトラップを50以上仕掛けても2晩に1頭獲れればいい方というイメージが有ります。しかし数は直おきしてあるトラップをめくると場所によっては、10頭以上うじゃうじゃいる事も珍しないと思います。でもイノシシに盗られる事も多いのですが。
でもこのスジをみると奄美大島に来たという実感の湧く大切な虫であることは多くの方が同意していただけると思います。いい虫ですよね。世界的にはこの虫こそ保護するべきだと思うのは私だけでしょうか?

Re: こんばんは。^^

>ティーノさん
スジブトヒラタ、イイ虫ですよね。
アカボシゴマダラと一緒にバナナトラップに来ていたりすると、いかにも奄美らしくて、見ているだけで幸せになってきます。
奄美大島は航空券がかなり高値いのでつい二の足を踏んでしまいますが、本当に魅力的な島なのでゼヒゼヒ行かれて下さい。
決して後悔はしないと思いますよ!(…と、引き返せぬ道に誘ってみる)

Re: イイですね

>アマミシカマニアさん
私も、初めてこのクワガタを採った時、背中のスジ模様に本当に感激しました。
最初の1頭は♀でしたが、「こ、これがスジブトヒラタ…!」と惚れ惚れと眺めていた記憶があります。

…にしても、60mmUPは梅雨明け以外ではまず滅多に採れないイメージで(稀に歩いているみたいですが)、正直、お盆時に通っていた時には57mmが最高でした(ウロから引きずり出した…)。
梅雨明け時期でも、均して60mmUPを2晩に1頭ペースはナカナカ厳しいというのが私のイメージです(…無論、連続で出る日もありますが)。

そして仰る通り、「種」として見た場合にはスジブトヒラタはかなり貴重なものだと思います。
現地ではあまりに普通に生息しているので、余程の事がない限り「保護」という必要はまだ無いとは思います(思いたい…)が、日本が世界に誇れる虫のひとつだと思います。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク