スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間にも動くスジブトヒラタ

ここ最近ちっともまともにフィールドに出ておらず、自宅で夏~秋の成果の展足&マウントを細々とやっておりますが、どうもくすぶり気味です。
オサ掘りでも何でも、そろそろ一発行きたい所。
やっぱり虫屋はフィールドに出てこそ、ですよね…。
…さて時候の挨拶(!?)はこのくらいにして、今回は1ヶ月ほど前に紹介したスジブトヒラタクワガタの続編を書いてみたいと思います。

非常に魅力的な虫であると紹介したスジブトヒラタクワガタ(→記事)であるが、この虫について、実は採集・観察を通してもうひとつ気になった生態がある。

…本種は基本的には夜行性なのだが、どうも定住地(良いウロ)が見つかるまでは 昼間でも比較的活発に活動している ようなのだ。

2012年の採集記(→記事1記事2)にも書いたのだが、この時の採集では大きな個体が昼間に何度も見つかった。
昼間のスジブト62mm
さすがに直射日光が当たるような場所では見られないが、やや薄暗くなっているような場所であれば昼間でも大きな個体がバナナトラップや樹液に付いていることがあり、2012年採集で最大の個体も、木に吊るしたバナナトラップの裏側に真っ昼間にくっついていた。

大きな個体は樹液も近くにあるような良い場所を棲み家にするだろうから、一度棲み家を決めてしまったらあとは安全な夜に出てきて樹液を吸えば良いが、そういう場所が見つかるまでは色々と歩き回るので必ずしも毎日樹液にありつけるとは限らない。そのため昼夜問わず餌にありつける時に食べておく、という行動になるのかもしれない。
昼間に良い餌が見つかれば昼間に食べ、夜に見つければ夜に食べる。
なので、一見安全と思われる夜よりも、昼間に採れた個体の方が大きかったりする事もある。

また、トラップに「よく集まる場所」がある一方で、特大クラスが採れたので期待したらその後は小さいのがたまに来るだけで全然“薄かった”なんて場所があったりするのも、前者は発生木が近くにあったのに対し、後者は棲み家を求めて歩き回っている個体がたまたま来ただけという事なら納得がいく。

同時期に発生するアマミノコギリクワガタなんかは夜行性が強く、特に大型個体は昼間にはあまり見掛けないが、スジブトヒラタの大型個体を狙いたいなら昼間も一度ぐらいトラップを見回った方が良さそうである。




…あ、そうそう。
余談だが、大型のスジブトは噛まれないように注意した方がいい。
ノコギリクワガタなんかとはワケが違う。
奄美でガチ噛みされて、指に穴開いて流血した経験者が言うんだから間違いない!
スジブトで流血


…さて、今回の記事で当ブログの年内の更新は最後になるかと思われます。
のんびり更新の当ブログではありますが、また今年も1年間お付き合い頂きありがとうございました。
「虫に詳しくない方にも楽しく・分かりやすく、虫屋さんも肩の力を抜いて楽しんで頂けるブログ」を目指して、今後も続けていきたいと思います。

ではでは皆さま、良いお年を~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。^^

奄美に生息しているクワガタの中で、普通種の扱いながらも・・
本種スジブトが 私の一番好きな種類なので
何とか現地に行き自己採集してみたいだけに、現地に行った経験からの
こうした記事は・・本当にタメになり、毎回 とても面白いです。

今年も 色々とお世話になりました。 来年も宜しくお願い致します。

Re: こんばんは。^^

>ティーノさん
こちらこそ、今年一年ありがとうございました!
では、良いお年を~

No title

スジブトヒラタの昼行性に関しては激しく同意します。
アマミヒラタと違い朝になってもトラップにしがみついているものがスジブトは圧倒的に多い気がします。私も実際にトラップを掛けようとしている時に採集した事が多く有ります。
発生数も違うのでしょうが昼間のルッキングで見つかるのは圧倒的にスジブトですね。真昼のトラップ回収の時も潜り込んでいるならまだしも堂々とトラップの表面についているものや裏返すと数匹いる事もよく有りますね。そんな感じで採集できるのは他では石垣島のサキシマヒラタぐらいの気がします。
また奄美ネタを楽しみにしています。

Re: No title

>アマミシカマニアさん
泥が付きやすいスジブトの背面構造も、昼も活動するという性質に多少関係しているのかもしれませんね。
カモフラージュにいくばくかの役には立つのかも…?

奄美は大好きな島なので色々書きたいモノもあるのですが、あまり偏るのも…というのもありますので、バランスが難しいところですね(笑)
まぁ、おいおい…という所で。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。