スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標本教室 告知

※今回は(久々に)告知になります。※

「昆虫の標本を作ってみたいけど、やり方がよく分からない」「我流で標本を作っているけど、基礎をちゃんと知っておきたい」…という方向けに、12月もむし社さんで標本作製教室を開催致します!

主催は日本昆虫協会ですが、開催場所は中野のむし社さん。
(ここ最近は毎回ここで場所借りてやらせて頂いています。)
内容は、「クワガタムシの標本作製」「小型昆虫の標本作製(台紙貼り標本)」の2編になります。
なお今回も、僭越ながら私が講師を務めさせて頂きます。

前回の11月開催分から構成・参加費を改訂しました。
今までは「甲虫+チョウ」や「ハチ+バッタ」など2種1組でやっていましたが、前回から1種1組に変更しました。


<むし社開催>
〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1
むし社 第2営業部(509号室)


2013年12月29日(日)
 1回目(13:00~14:30) クワガタムシの標本作製:2,500円
 2回目(15:30~17:00) 小型昆虫の標本作製:2,500円
 3回目(17:30~19:00) クワガタムシの標本作製:2,500円

※1回目と3回目の「クワガタムシの標本作製」は同じ内容になりますので、ご希望の時間帯でお選び下さい。



◎クワガタムシの標本作製
ミヤマやノコギリなどいわゆる大型クワガタの標本作製方法です。カブト・クワガタに限らず多くの標本作製の基礎となる「展足」になります。
標本作製というのは最初敷居が高く感じられるかもしれませんが、基本を覚えておけば実際にはそう難しくありません。

◎小型昆虫の標本作製
テントウムシなど小さな昆虫を標本にする時の、作り方です。
小さな虫は昆虫針を刺すとそれだけで潰れてしまう事もあるので、そういう虫を標本にする時は、虫に直接針を刺さずに作ります。
なお、標本の知識など解説が多くありますので、小学校高学年以上向けです。


※お申込は、日本昆虫協会のホームページからお願い致します。
日本昆虫協会 標本教室ページ

※なお、迷惑メール設定等により、こちらからのお返事が届かない件がいくつか起きていますので、お申し込みの際は「hyohon-kyoushitsu@nikkonkyo.org」からの返信が受信できるよう設定を御変更下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。