緋色の鎧を纏うもの

オレンジと山吹色の中間ぐらいの色をしたこのチョウは、ヒオドシチョウ という。
ヒオドシチョウ
初夏に新成虫が現れるチョウで、樹液に来ている姿をたまに見掛ける。
また、成虫で冬越しするので春先に越冬明けの個体が飛んでいるのを見掛ける事もある。

それほど珍しい種ではないのだが、まとまって見られる事はあまりなく、「あっちで1頭、こっちで2頭」という感じでポツリポツリと見掛ける印象。
オレンジの中に角張った黒い模様を散らし、その縁を黒と青の帯で締める。よく見掛けるルリタテハやキタテハより優に一回りは大きく、たまにしか姿を見ない事もあって、自分の中でちょっと格上があり、初めて採った時はかなり嬉しかった記憶がある。

毎年少しずつ多発生する場所が移っていくようで、同じ場所でも年によって見られたり見られなかったりする。
今年見た場所で来年も見られるとは限らない、掴みにくいチョウである。
それゆえ、見掛けた時は「おっ!ヒオドシだ!」と、ちょっと嬉しくなる虫のひとつでもある。

…ちなみに、このチョウの名である“ヒオドシ”は、実は昔の日本甲冑(鎧)のひとつ「緋縅(ひおどし)」から来ている。
一枚板ではなく小札を糸などで頑丈につないで作られた鎧を「(おどし)」と言って、その中で緋色(ひいろ)のものを「緋縅」というのだそうな。
緋縅の甲冑
つまり、このハネを侍の鎧に見立てて名付けられたというワケ。


…そう思って改めて見てみると、この姿がなんとなく勇壮に思えてはこないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。
ヒオドシチョウは何度も観察したことがありますが、全て越冬明けの個体で新成虫を見たことがありません。越冬明けのボロボロになった個体も厳しい冬を耐え抜いた逞しさを感じます。
鮮やかな「緋縅」を今年は見に行こうと思います。

Re: No title

>オリザさん
逆に自分は、初夏の新成虫ばかりで越冬明けはほとんど見たことがなかったりします。
見るのは「クリの花叩きに行った時たまたま」とか「山梨でオサムシついでに樹液見たらたまたま」とか、そんな感じで。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク