喜界島(&他)遠征記2014~07~

2月28日、昨晩のライトを確認したところ、見慣れぬ甲虫がいるのが見えた。
一瞬、ハムシか何かかと思ったのだがどうも雰囲気が違う。
喜界島コブスジ
おやっ?と思ってよく見たところでようやく気付く。
「あっ!コブスジじゃん!」

コブスジコガネ。
コガネムシに近い仲間で、死骸などに集まる虫だ。日本に十数種類がいるが、その中で奄美地方にも何種類かいたハズだ(…後の調べで、時期と場所からおそらくマツダコブスジコガネであろう、と)。
この仲間は採集した経験が少なく、あまり見慣れていないために思い当たるのに時間が掛かってしまった。

さて、昨日採ったアシブトメミズムシとアリモドキゾウムシをもう少し追加採集しようかと再び海岸へ向かう。
喜界島の海岸
昨日あまり見ていなかった辺りから順に石(サンゴの死骸)を起こしていくが、どうもポイントを外しているのか僅かしか見つからない。
それでも順番に起こしていくと、起こした石の先に何かがあるのが目に入った。

グルリと巻いた形、シマシマ模様…

…実は以前(blogを始めるより前)に奄美大島の海岸でアオイガイ(カイダコ)の殻を拾った事があり、今回もソレかな?と一瞬思った。
しかし、アオイガイの殻は真っ白で蛇腹のような段々になっていたハズ。
これはくすんだ赤と白の縞々で…

まさか!?

見つけてから数秒でようやく思い当たって、慌てて拾ってみる。
喜界島オウムガイ
オウムガイ!!

入口の方は壊れてしまっているが、間違いなくオウムガイの殻だ。
おおおおお…!
昆虫ではないが、正直かなり感動。
初めて拾った。
採集で来た浜で、まさかこんなモノを拾ってしまうとは…。
アオイガイは薄いプラスチックのようにペコペコして軽かったが、オウムガイは石のようにズシリと重い。

相性の良し悪しもあるが、自分は全体的に見れば「引き」は強い方だと思う。
言い換えれば「成果運」だが、メインの昆虫採集でも2012年夏の奄美大島であるとかケブカコフキの♀であるとか、努力や経験を積み重ねているのは勿論だが、その積み重ね以上の成果を得られることも多い。
今回のオウムガイも、そんな「引き」によるモノだろう。
…ただ一方で、採りたい採りたいと思っていながら、他の人が採っているのに自分はナカナカ巡り合えない虫というのもある。
虫との相性というか何と言うか…

メミズムシやゾウムシをいくつか追加採集し、夕方を待って半額弁当を買い込んでケブカのポイントへ……
…行くものの、もう完全にピークが終わってしまったらしく、採れたのは僅か2♂のみ。
ただ、探索中にコバネコロギスの交尾を見られたことだけは収穫だった。
喜界島コロギス交尾
林内を藪漕ぎしていたところ、灌木の樹上からバサッ!と何かが落ちてきて、ビックリしたものの何かの虫かと思い照らしてみたところ、コバネコロギスの交尾ペアだった。
おそらく、樹上で交尾していた下を自分が通り掛かり、揺れや明かりに驚いて落下してしまったのだろう。
せっかくなのでデバガメ写真だけ撮らせてもらった。


3月1日、各所に設置した様々なトラップをチェックして回ると、今までいない(このポイントでは今年発生していない)と思っていた場所でケブカ2♂が来ていた。
「げっ!」
…いや、嬉しいのだが、このタイミングで入るとは…。
しばし悩み、一応トラップを周辺に少し追加する。
ケブカはまたも2♂のみ…。

3月2日、アサギマダラの蛹の様子を見に行ったら、昨夜あたりに羽化してしまったらしく、空になっていた。
明日には喜界島を発つので、不調なトラップは全て回収し、可能性の高そうなものだけを残しておく。
何と言っても明日の飛行機は9:55発、明日になってからゆっくりと荷物を支度する余裕はない。
今日の時点で片付けられそうな物は全て片付け、整理できるものは整理しておく。
その上で夜間採集の準備を整え、時間を待つ。

…しかし、待てど暮らせどケブカの羽音は聞こえず。
森は完全に静まり返ってしまった。
…結局、林内探索では1♂すら見つけることはできず、探索を終えて森から上がり、暗い中で荷物整理をしていたところ、最後にライトに1♂だけ飛び込んできた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク