FC2ブログ

来客

昨日、都内での調査を終えて19時過ぎに家に帰りつき、玄関のカギを開けようとキーを取り出し鍵穴に挿し込もうとした時、違和感を感じた。



いつもの鍵穴と、何かが違う。




よくよく見ると、鍵穴のシリンダーの上に何か付いている。

シリンダーサビキコリ
あ、サビキコリ だ。
全身が錆びたような茶色をしているコメツキムシの仲間。

どうやら廊下の明かりに飛来した個体がたまたまウチの鍵穴のシリンダーにとまったらしい。


…にしても、なんでまた偶然にも虫屋の家の玄関の鍵穴に?


虫けら屋の自宅はハイツの2階、同フロアに数軒の部屋があるのだが…

…気のせいかもしれないが、どうもウチの前に虫が落ちている確率が高いような気がしてならない。
お隣でもなく、そのまた隣でもなく、ウチの前。
春~秋は廊下の明かりに時々虫が飛んでくるのだが、ゴミムシだったりカメムシだったりどうもウチの玄関付近が多いように思えてならない。

わざわざ虫屋の家の前に飛んでくるなんて、標本にでもしてもらいたいのかね、君たちは。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク