FC2ブログ

キクスイカミキリ

春、まだ若いはずのヨモギがこんな風にくたりと萎れていたら要注意。
キクスイカミキリ
これは、キク科の植物を餌にする小さなカミキリムシの仕業。
その名を キクスイカミキリ
1cmにも満たない小さなカミキリムシで、真っ黒な全身に首(前胸)の部分にポツリと赤い点があるのが特徴のカミキリムシだ。
キクスイカミキリ-2

さして珍しい虫ではないのだが、探そうと思っても意外と出遭えない。
でも探そうと思っていない時に萎れたヨモギが目に入って、ちょっと見てみれば付いている。
そんな虫。

ただし、キク科の植物を餌にするため園芸菊を食害する事もあり、キク栽培をしている方にとっては 大害虫
野原でヨモギを齧っている分にはただの虫でも、ひとたび栽培菊を齧れば害虫
その虫が人にとってマイナスになれば害虫と呼ばれ、プラスになれば益虫と呼ばれる。
しかし、当の本人(本虫?)達にとって、人にどうかなど関係なく、ただ、あるがままに生きているだけ。
害虫・益虫という呼び方は、人にとって役に立つか邪魔になるかであり、生き物自体が良いか悪いかではない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク