スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な羽化不全

先日、標本教室の教材のためにセミ採りをしていたところ、妙な姿が視界に入った。

アブラゼミ羽化不全
なんじゃこりゃ!?

アブラゼミなのは間違いないが、こんな羽化不全は初めて見た。
右のハネがまるで風になびいたマントのようにめくれ、左側に回っている。

セミ好きの友人に聞いてみたところ、“羽化最中に風で煽られてハネが捲れてしまったのかも…”との事だったが、やはりこんなのは見たコトがないとの事だった。
当然ながら、こんなハネでは飛べるハズもなく、ひたすら幹を歩くのみ。

珍しい羽化不全例という事で一応採集してきたが、さてどうやって標本にしよう…
セミは小楯板に昆虫針を刺すのが一般的だが、この個体は捲れた右ハネで小楯板が完全に隠れてしまっている。

ハネごと針を刺してしまう?
前胸背に刺すのはなんかオカシイし…
う~んむ……悩む…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日捕まえたスジクワガタを、死んだら標本にしてみようと検索していて、このブログにたどり着きました。
夏以外は私にとってはオフシーズン。
夏になるとクワガタ採集と同時に昆虫ブログめぐりするのが恒例です。
昨年、一昨年も夏に見にきていたので、ああまだ書いていらっしゃると思って安心しました。
好きだったブログが今夏久しぶりに行ったら閉鎖されていたので…

セミは採集対象外ですが、目の前で観察したいとは思うので、届く位置にいるのを見かけると網をかけてしまいます。

逃げるときすごい声で鳴くから、おっかなびっくりですが。
画像のアブラゼミはすごいですね。
こんなねじれた羽では飛ぶことは無理でしょうし、移動は歩行に限られるのでしょうか。

アブラゼミと言えば、小学校3年生の頃に成虫への羽化を観察したことがあります。
誰かが採集した幼虫を譲り受け、家のふすまにくっつけていたら、見事にその場で羽化してくれました。
私にとっては神秘体験みたいなもので感動でした。
その年の夏休み、宿題の作文はアブラゼミの羽化だったのを覚えています。

虫けら屋さんのブログは、どの記事も面白く興味深いです。
標本の記事は参考にさせていただいてます。
どうもありがとうございます。

Re: No title

>T34歳 さん
ありがとうございます。
スジクワガタぐらいだと、針展足するかタトウ展足するか迷うところですね。
私は針展足にしますが、人によって意見が分かれるあたりです。

このアブラゼミは、仰る通り飛ぶコトは全くできませんでした。
それどころか、ハネを震わすことも出来ないようで、捕まえても手の中で“暴れる感”が全く感じられませんでした。

ウチのブログは年間通して同じようなペースでタラタラと(笑)続けておりますので、またいつでも除きに来て下さいませ。
夏以外にもクワガタの話なんかも書いていたりしますので。

セミの羽は水に濡らせば…

糊がバリバリに効いたワイシャツと同じで、セミの羽は水に濡らすとフニャフニャに成るはずです。夕立など激しい雨に遭うと羽が硬い内に「寄らば大樹の陰」しないと次に乾いたとき羽が変形しているかも知れません。

少なくとも右の羽が正常な長さまで伸び切っている様に見えるので、羽化時、硬化するのを待っている段階でポトリと落ちて打ち所が悪く幾重にも折れ曲がってしまったのではと想像しています。
太い脈まできれいさっぱり折れ曲がっているので、濡らしたからと言って人為的に直せるモノかどうかは判りません。

子供の頃、羽化のため這い出てきたアブラゼミを部屋の中においておいたら、翌朝、高さ数センチの紙製のお菓子の箱につかまって羽化後硬化しており、羽の先1/3程が折れ曲がってまともに飛べず、大変な事をしてしまったと自責の念に駆られてしまいました。当時は水に濡らすと再び柔らかく成る事を知りませんでした。知っていれば何とかしてあげられたのにと何十年も経ってから後悔しています。

Re: セミの羽は水に濡らせば…

>nmspecさん
確かに、セミのハネは標本にする際にお湯で軟化して厚紙で挟んでおくとキレイにまっすぐになりますよね。

このセミの場合、羽化時にハネが伸びた辺りで落下したか、もしくは思わぬ強風に横から煽られてハネが捲れたか…あたりが可能性が高そうですが、実際にこんな姿になってしまったセミを見たのは初めてだったので驚きました。
でももしかすると、普通はこうなってしまったものは早々にアリやカラスに襲われて食われてしまうところを運良く(?)生き延びただけであって、こういう事象がもしかしたら度々自然下で起きているのかもしれませんね。

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。