スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北プチ遠征~クワガタ編~

※いくつか記事を挟んで少し間が開いてしまいましたが、東北プチ遠征の続きです。




朝起きると、昨日以上に空気はヒンヤリとしている。
まずは手近なヤナギを見るが、流石にいない。
車中泊でガチガチに固まった体をしっかり伸ばしてから再び車に乗り込み、ゆっくりと走り出す。

ヤナギを中心に枝先まで睨みながらゆっくりと車を流す。
10分程走ったところでヤナギが固まって生えているので、一度車を下りてじっくり探す。
…すると、
「いたっ!」
ヤナギをよく見る
…って、どこにいるか分かるだろうか?

実は、写真のほぼ真ん中、枝に付いている黒いコブのようなのが“ソレ”
※良く分からない方は、下のサムネイル画像をクリック!
ヤナギをよく見ると…

…が、これは♀単体なので採集せずに撮影だけしてスルーする。
だが、探索開始早々に見つかるとは「幸先良し」である。
気を良くして道を進む。
前回と状況が変わっていなければ、今回も結構な数が見つかる期待は高い。
轍にタイヤを取られないように気を付けながら、ヤナギやカンバ類を睨みながらゆっくりと走る。
林道
…が、いない。
最初の1♀以降、続く個体が見つからない。
デコボコのダート道を数十分走り、ようやく2頭目の♀を見つける。
今度の個体は目線の高さ。
だが♀単体のものを採るつもりはないので、♂がいないかと目を凝らして枝を睨んでいくと、♀から30~40cmほど下にもう1頭付いているのが見えた。
ヒメオオ♂
…分かりづらい、という方のために拡大写真を。
ヒメオオ♂拡大
大アゴがはっきりと確認できる。
♂だ!
低い位置なので落とさないように気を付けながら素手で掴む。
小ぶりだが、ようやく1♂である。

それにしても、やはり前回より個体数が少ない気がする。
悩みながら進んでいくと、明らかに目立つ場所に立派な個体が付いているのが見えて慌てて急ブレーキを踏む(…と言っても、時速5kmぐらいしか出してないけど)。

…が、何か様子がおかしい。
ヒメオオ…?
大アゴで枝に噛みついたまま、脚が宙に浮いている。

?????

頭に疑問符を5つぐらい浮かべながらも、とりあえず長竿を伸ばす。
そしてクワガタの下側から小突いてみる……
…と、大アゴを支点にクリンと体が跳ね上がる。
「ええっ!?」
ガリガリやって何とか網の中に落とし、手元に戻してみたら…

死んでる…

え…?

枝に噛みついたまま死んでるとか、何…?

だがしかし、その不可思議な死に方も理解不能だが、手に持って見たサイズがまた理解不能。
ヒメオオ特大死骸
55mm…?

えっ?
55mmって何?
ウチにある標本て、確かMAX53mmだったハズよ?
55mmってドウイウコト…?
えっ…?

触角も前脚フ節も両方欠けてしまっているが、……捨てられない。
未練がましく毒ビンに入れておく。

それから葉を齧るコブヤハズカミキリなんかを見つけつつ…
コブヤハズの後食
しばらく行くと、明らかにヒメオオクワガタの齧り痕が多数ある一角を見つけた。
だが、痕跡ばかりで肝心の個体がいない。

どうにも、少し前に他に採集者が入ったような気がする。
今日先に入っている、という程ではないのだが…どうも「先行者の採りこぼしを摘まんでる」感が否めない。
齧り痕の多い辺りをウロウロしながら近い木・遠い木と様々に目を凝らす。

…と、7~8m奥手の木の高所にヒメオオクワガタの姿。
道から10mの長竿を伸ばしても届きそうにないし、下は斜面で灌木が生い茂っている。
一瞬迷ったが、行くか!と覚悟を決めて、突入。
斜面で灌木が多いので少々歩きにくいが、下草は無い。
上が見づらくヒメオオの位置を確認できないが、なんとか“その木”に辿り着き、葉の隙間から上を覗くと、なんとか姿を確認できた。
長竿をスルスルと伸ばし、下から小突く。
…と、♂が逃げる。
「あっ!このっ!」
枝の上側に回り込み、採りづらいコトこの上ない。
網枠で枝を擦ったりしながら何とか網に落とそうと悪戦苦闘していると、ポロッと落ち……♀だけが網の中に入る。
♂はというと、少し下の小枝に引っ掛かっている。
…ならばと網枠でそのまま小突き、♂を落とすと足元から1mほど離れた場所に落下。
拾い上げてみると、思った以上に大きい。
「おっと、コレは50は超えたな…!」
ヒメオオ54mm
…なんて喜んでいたのが思った以上に大きく、これが今回、生きた個体では最大となる、53~54mmの♂だった。
面倒でも藪漕ぎして正解だった。

クリープ現象と変わらない速度でゆっくりゆっくりと走りながら、ヤナギやカンバに付いたヒメオオクワガタの姿を探す。
見つけづらい位置にいるものが多いが、それでもポツリポツリとは見つかる。
ヒメ色々
十数頭を見つけて林道の突き当たりまで行き、ふと時計を見るともう良い時間。
今日は(珍しく)宿を取ってあるので、切り返して宿へと向かう。


珍しく旅館でゆっくりと車中泊の疲れを癒し、採集なのに珍しく温かいご飯を食べ、翌日朝9時前にはチェックアウト。

新しいポイントを探すものの、どうも杉植林だったり、伐採された後の若い林だったりと環境が今ひとつ。
ヒメオオクワガタはブナなどの大木が枯れた朽ち木を幼虫が食べるので、ブナ・ミズナラなどの大木とその立ち枯れがあるような環境で、成虫はヤナギやカンバなどの若木の枝を齧っている。
なので、伐採されて大木がなく、若い木ばかりの林だとあまり姿を見られないように思う。

ならばと環境が残っている舗装道路沿いを少し探してみたところ、数頭を確認。
橋沿いのヤナギの木に付いていたりと、ここ周辺の個体数の多さを改めて確認。
今日は家まで帰らねばならず、あまり遅い時間まで探索しているワケにもいかないため、最後に大型個体以外をリリースしてポイントを後にした…













………………ハズが、ポイントを後にしてしばらく走ってもうヒメオオが明らかに居ないような場所まで来てから、はと思い出す。

「一部リリースし忘れてた!Σ(゚Д゚;)」

…それが、先日のインセクトフェアで「御希望の方に…」とお渡しした個体。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。