書籍『日本の国立公園』

前々回に引き続き、掘り起こし記事。
前々回の「国立公園=採集禁止か?」に関連する話なので、近い間隔で出させて頂きます。

記事→書籍『日本の国立公園』

日本国内の国立公園の地種区分を見られる…つまり、特別保護地区の範囲が分かる という本です。
2009年時点での詳細地種区分が載っています。
2,000円程度の本ですし、持っていて間違いなく損はない……と言うか、昆虫採集をする人は 持っているべき本 だと思います。

自身は2011年に池袋ジュンク堂で入手しましたが、今でも売ってるのかな…
もしまだ入手できるようなら、是非とも入手しておきましょう。




…恒例(?)の 記事に関係無い写真 は、7月に行った奈良県で採集したネブトクワガタ大歯型。
ネブトクワガタ
以前に載せたのは27mm程の個体で、今回の個体は29mm。かなり大型個体。
内歯がしっかり上がり、文句の付けようのない大歯型になっている。
自己ギネスであり、見るたびに惚れ惚れする個体だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお~ネブトクワガタですか。
小さいのに、このアゴ。
いやー、かっこいいですねぇ!
あこがれるけど、我が宮城県には生息していないのが残念です。

記事と関係ない方に反応してごめんなさい。

Re: No title

>Taku34歳さん
いえいえ(笑)

ネブトはやはり西日本や南西諸島に多いですよね。
小さな個体だと大アゴも貧弱で「なんだ…」て感じですが、大歯型はメチャクチャ格好良い虫です。
この個体を採った時は、思わず「デカイ!」と声が漏れました。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク