スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキノエラブヒラタの大アゴ

本土でも見られるヒラタクワガタの沖永良部島亜種、通称 オキノエラブヒラタクワガタ (→亜種とは)。
オキノエラブヒラタ♂
その名の通り、沖永良部島に生息しているヒラタクワガタだ。
沖永良部島は南西諸島に数えられる島のひとつで、奄美大島や徳之島の更に南西にある島だが、沖縄ではなくギリギリ鹿児島県に含まれる島だ。
今年春に渡島した際に採集した幼虫が夏に羽化し、ここ最近ようやく餌を食べるようになってきた。
さて、そんなオキノエラブヒラタであるが、一番有名な特徴と言えば♂の大アゴの裏に金色の微毛が生えるということ。
オキノエラブヒラタ♂裏
自身も、羽化した♂の大アゴ裏を見ては「おお、毛が生えとる!」と感激していた。

そんな中、少し前に虫友の魔琴さんのHP(→ミヤマの呪縛)で過去の採集記を見ていたら沖永良部島採集の話があり、それを読んでいたら…

…気になった。

あれっ?
♀の大アゴはどうなんだろう?


肉眼で見てみても、♀の大アゴの裏には微毛は確認できない。
そこで、以前に入手したライト付きルーペ(→記事)で見てみたところ、
オキノエラブヒラタ♀裏
毛が生えとる!

“いや待て、オキノエラブだけとは限らないぞ”と思い、手近にあったアマミヒラタの♀も見てみるが、
アマミヒラタ♀裏
…こちらは微毛はほとんど確認できない。
本土ヒラタの♀も見てみるが、やはり確認できない。

本土ヒラタ♀については野外採集個体なのでスレてしまったという可能性もあるが、アマミヒラタ♀はオキノエラブと似たような時期に羽化したものなので、こちらだけスレてしまったという可能性は低い。
気になって自宅にあったいくつかの図鑑や文献を見てみたが、♂の大アゴ裏の微毛については書かれているものの、♀の大アゴについて言及されたものは見当たらない。

無論、数頭見ただけでは断言はできないが、もしかするとオキノエラブヒラタの大アゴ裏の微毛は、♂だけでなく♀にも共通の特徴なのかもしれない。
(…尤も、♀の方は毛もかなりまばらで、♂のように密生して生えているワケではないが。)

さて、御自宅でヒラタクワガタを飼育されている方がいたら、ちょっと♀の大アゴ裏を見てみて頂きたい。

オキノエラブヒラタ♀には全部微毛があるのか?
他のヒラタの♀には微毛は無いのか?


…このオキノエラブヒラタに限らず、「どうなのかな?」とちょっと気になったら、よく観察してみてほしい。
もしかしたら、面白い発見があるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに面白い話です。

今年、採集したメスの個体が数匹いるのでよく見てみます。雄はワイルドでも50mm以上有れば肉眼でも簡単に確認できますが、いかんせんワイルドの頭数が少ないので。9月の採集だったので。

Re: 確かに面白い話です。

>アマミシカマニアさん
ぜひゼヒご確認下さい。
私もまだオキノエラブ・アマミ・ホンドぐらいしか確認していないので、他の亜種も気になりますし、野外活動をした後の♀でもまだ微毛があるのかも気になります。

おぉ

まさかのオキノエラブヒラタ♀の話題で驚きました!

こういうマニアックな話題・疑問は大好きです。
我が家には標本がないので、来シーズン観にいってみようかな^^

いつも楽しいブログをありがとうございます。
私もサイト頑張ります~!

2015年も虫けら屋さんにとって素晴らしい年になる事を願っております!

Re: おぉ

>魔琴さん
ありがとうございます。

…魔琴さんの採集記を読んでいて、「そういや確かに、♀ってどうなってるんだろ…」というのが疑問の始まりでした。
♀の方は肉眼では厳しく、ルーペか何かないと微毛の確認は難しいですが、もし行かれたら、ぜひ現地でも確認してみて頂きたいです!

ではでは、魔琴さんも良いお年を!

更に南のヒラタたち

更に南のヒラタも羽化したての♀を見てみました。オキノエラブの♀には金色の微毛はありますが、サキシマ、オキナワ両ヒラタには、羽化したての♀でも金色の微毛がないようです。オキノエラブだけなんですね。不思議です。
また楽しい話題を楽しみにしています。写真をお見せできないのが残念です。

Re: 更に南のヒラタたち

>アマミシカマニアさん
ちょっとバタバタしてお返事が遅れました。すみません。
サキシマやオキナワの♀もアゴ裏の微毛ないんですね!
となると、ハッキリと微毛を確認できるのは本当にオキノエラブだけなのかもしれませんね。
雌雄共にあの島の亜種だけ毛が生える理由……何だろう…不思議ですね。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。