スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただいちゃいました

クワガタ好きならご存知の方も多いと思われる、クワガタ採集記HPへっぽこ採集記 ミヤマの呪縛の魔琴さん。
良いクワガタを採集しても現地でリリースして帰ってくることで有名(!?)な方である。

…で、そんな魔琴さんがこのたびご自身の記念で作られた写真集を、嬉しいことにいただいてしまった
へっぽこ写真集-1
郵送で送られてきたのだが、届いてみてビックリ。
ハードカバーでケース付き、どこからどう見ても立派な「本」である。
…自分が以前に作ったコピー&ホチキスの採集記なんかとはワケが違う

『すげぇの作ったなぁ…』というのが、正直な第一印象(良い意味で)。普通に書店の棚に並んでいたって、他の書籍と何ら遜色ないレベルの装丁。

開いてパラパラと中をめくると、現地で見た・採集したクワガタの画像だけでなく、場所ごとの風景や特産物などの写真も入っており、魔琴さんが採集だけでなく遠征を旅として楽しんでいるのだなぁ…というコトが伝わってくる。
自分は採集と言うともう「すべてを虫に注ぎ込むべし」であって、旅として楽しもうという意識はあまりない。よくギャグ(?)として言うのは、
「島行ってきた。…え?海?…ああ!車窓から見たよ!
…である。(奄美以外では)食事もごくごく簡単に済ませ、さっさとポイントへ向かってしまう。
しかし、魔琴さんは旅そのものを楽しんでおり、この写真集からもそんな雰囲気が伝わってくる。
自分が行った島の写真もあり、「あ、コレあそこだ!」とか思わず目が留まる。
へっぽこ写真集-2
…このページではないが、2013年秋に魔琴さん(&kapiさん)と一晩だけ一緒にマルバネ探索をした時(→採集記)の画像も入っていて、「あ、この写真、魔琴さんがあの時にああして撮ってたヤツだ!」とか思いながら見ていると、なんだかその時の想いも甦ってくる。

自分は採集した虫を標本にするために持ち帰り、魔琴さんは現地でリリースしてくる……そんな方向性の違いはあれど、「採集そのものが一番楽しい」という点で共通しており、お互い販売に興味がないこともあってお喋りをしても純粋に「虫の話」が出来るのでとても楽しい。(…いつぞやファミレスでプチオフ会やったら、途中から黄金聖闘士の話になってたけど(笑))
2004年に奄美大島のY岳で偶然お会いしたのが始まりで、石垣島や奄美大島でバッタリ遭遇したり、地元でオフ会してみたりしつつもそんなに頻繁に会うワケではないのだが、楽しい交流を続けさせて頂いている。

…それにしてもこの本は印刷もキレイで、眺めていたら何だか自分も本を作りたくなってきてしまった。
“自分が作るとしたら、写真はもうちょっと少なくして、写真の状況を簡単に(面白おかしく)書き添えて…”なんて本を眺めながら考えてしまう。


魔琴さん、素敵な写真集をありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

2004年に何も分からないまま初めて遠征したのが奄美大島で、
現地で最初に見かけた“第一採集者発見”が虫けら屋さんでした。

その後も他の離島でも偶然お会いする機会もあって、すごく親近感
があります。縁というのは不思議なものですね^^

写真集の島の風景や食べ物が多いのは、目的としたクワガタが
撮れなかったスペースを埋めているのはナイショです^^

こちらこそ。

>魔琴さん
2004年に奄美でお会いして、その後しばらくしてからネットでクワガタ採集記などを読み漁っていたら、なにやら覚えのある写真と話の内容…「もしかして?」とご連絡してから、もう10年を越えたんですね…。
本当に、縁というのは不思議なものだと思います。
これからもよろしくお願いします m(_ _)m
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。