私のお道具箱

お道具箱-1
今回は、私のお道具箱の紹介。
お道具箱と言っても、もちろん小学生のように三角定規だのコンパス何だのが入っているものではなく、中身は標本作成用具である。

標本作成用具は人それぞれ少しずつ異なるし、自宅の決まった場所でしか展足や展翅をしない人は、引き出しなどに用具類を整理している人も多いだろう。
しかし私の場合、自宅でやる場合は基本的に決まった場所だが、標本教室など自宅外で使うこともあるため、基本的な道具類をひとつの箱にまとめている。

パチンとロックがかかるフタを開けると、中はトレイが入った2段式になっており、上段のトレイにはピンセットと雑品、下の深い段には昆虫針などが入っている。
お道具箱-2
簡単とはいえロックがあるので「持ち運び中に蓋が開いて中身が…!」なんてコトはないし、蓋と実が別になっていて嵌め込みの蝶番(ちょうつがい)になっているので、何度開閉してもそこが疲労して千切れたりする心配もない。
そして基本的な道具がワリとコンパクトにまとまるので気に入っている。

中身を全部出すと、こんな感じ。
お道具箱-3
 ・ピンセット 1~2本
 ・志賀昆虫針(有頭) 00号~6号
 ・Austerlitz針(ステンレス) 1,2,7号
 ・平均台
 ・イタリア台紙 3号

…この辺りが、常に入っている道具類。
最初の画像に見えてる玉針なんかは、入っている時もあれば入っていない時もある。
あとは木工用ボンドも入れておければ良いのかもしれないが、自身では入れていない。
下段の中仕切りは外せるので、入れようと思えば入れられるだろう。
ラベルを手書きする人なら、トレイに紙とシャープペンシルを入れておいても良いかもしれない。

元々は釣りの道具を入れるためのケースで、確か釣り具屋で400円ぐらいで買ったと思う。
プラスチック製だが、もう10年以上使用していてまだ壊れる気配はないし、愛用の「お道具箱」である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク