FC2ブログ

そこに写り込んでいたもの…

先日、昆虫調査をしていた折、シマアメンボを見つけた。
シマアメンボはアメンボの仲間だが体が丸っこく、流れのある場所にしか生息していないアメンボだ。
シマアメンボ
池などの止水(水が流れていない水域)に生息するアメンボはのんびりと気ままに泳いだり止まったりしているのでまだ撮影もしやすいが、このシマアメンボは常に流れのある場所にいるので始終動きっぱなし。
だから写真も簡単には撮れず、ピントを固定したまま当てずっぽうにシャッターを押して上手く画角に写り込んでくれるのを願うしかない。

…最初の画像も、実はそうして撮った写真をトリミングしたものである。
オリジナルの画像はこれ。
シマアメンボ-2
左の方にシマアメンボが写っているのが分かる。

…と、よくよく見たら、あることに気付いた。
「あっ、オニヤンマのヤゴが写り込んでる!」
シマアメンボ-3
撮影中は全く気付いていなかったのだが、写真の右の方にオニヤンマのヤゴが写り込んでいた。
オニヤンマのヤゴは砂や泥にまみれて水底にいるので、アメンボに夢中になっていたせいで気付かなかったのだろう。
偶然の産物ではあるが、ヤゴとアメンボ、2つの虫が同時に写った良い写真になった。






…と、思っていた。



そんな喜びを込めて某SNSにこの画像をUPしたところ、
「それ、抜け殻です。本体はその上にいます。」
というコメントを頂いた。
えっ!?と思って改めて写真を見直すと………あああっ!
シマアメンボ-4

写っている辺りを拡大してみると、よく分かる。

ヤゴ拡大

…なんとまぁ、写り込んでいたのは脱皮直後のオニヤンマのヤゴと、その脱殻だったのである。
こんなタイミングが写り込むとは、何という偶然だろう。
羽化した時の脱殻以外は、探そうと思ったってそうそう見つかるもんじゃない。
それがたまたまアメンボを狙った写真に写り込むとは…

こんな偶然てあるんだなぁ…と改めて思った出来事であった。
シマアメンボとオニヤンマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今朝、クワガタの世話をしていたら、変わった弱々しい飛びかたのトンボがいたので、捕まえたら、ムカシヤンマでした。埼玉の街中なので少し驚きました。

Re: タイトルなし

>
近くに水の染み出す崖でもあるんでしょうか…
街中にいるトンボではないので、なんとも不思議ですね。
でも、「変わった弱々しい飛びかた」から察するにムカシヤンマのようですし。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク