コウテイギンヤンマ

日中、ヨーロッパミヤマクワガタのいそうな場所を探して散策していると、小さな池があった。
南仏の池
見れば数頭のトンボが飛んでいる。
気になって近付いてみると、まず目に入ったのはシオカラトンボみたいなトンボ。粉を吹いたような青白い♂と思われる個体がテリトリー飛行をしており、色合いからするとシオカラというよりシオヤトンボに近いか…?などと考える。
もうひとつ、明らかにギンヤンマの仲間と分かる大型のヤンマが飛んでいる。
ヤンマを見るとつい勝負したくなるという気持ちは、昆虫少年だった人なら誰でも分かってもらえる感覚じゃないだろうか。
だが、今持っているのは磯玉(→磯玉)だ。金属製のジュラルミンロッド(→ジュラルミンロッド)と違い、力一杯振ると折れてしまう。
力加減をしながら振ってみるが、金属竿と感覚が違うせいもあり簡単には網に入らない。
だが、池が小さいせいもあって振り逃しても射程外まで逃げて行かない。一度逃げて行っても、しばらくするとまた戻ってくる。
そのうち頃合いの射程に入ったところでエイヤッ!と竿を振ると、






パシィッ!



と乾いた音が響いた。
「やばい!」
間違いなく、竿にヒビが入った音だ。
慌てて手元に戻し、確認してみると、先から4段目あたりに、縦に長い亀裂が走っている。
「マズイなぁ…」と思いつつも、まだ完全に折れたワケではないようなので、だましだまし使ってみることにする。
再びヤンマと対峙し、先程まで以上にゆるやかに竿を振る………が、



バキバキバキッ!



「うわっ!」
先程の亀裂が入った段が、へし折れた。
段のど真ん中からグニャリと折れ曲がっている。

マズったな…この竿、まだ必要な用途があるのに…

後悔すれども後の祭り。
だが、それでもヤンマを諦めきれず、先の段を縮めて折れた段の芯にして、再びヤンマと対峙。
竿の仇とばかりにようやくネットに入れたのは、美しいギンヤンマだった。
コウテイギンヤンマ
日本に戻ってから調べたところ、どうやら コウテイギンヤンマAnax imperatorという種類らしい。
エナメルブルーが長い腹部までずっと続き、美しいトンボである。
日本のギンヤンマと比べてみると、その青さの違いは歴然である。
ギンヤンマ
なんとなくヨーロッパ調というか、異国の雰囲気を漂わせるギンヤンマである。


また、同じ池で見られたシオヤトンボっぽく見えたトンボであるが、ギンヤンマを待ちがてらネットインしてみたところ、ハラビロトンボの仲間であった。しかし日本のハラビロトンボより更に腹部の幅が広く、胸部もムッチリとしている。
ヨーロッパハラビロトンボ
ヨーロッパハラビロトンボLibellula depressaという種らしい。
日本のハラビロトンボは湿地的な環境でよく見られる印象があるが、こちらは普通の池の周囲を飛び回っていた。

普通に見られる虫でも、似ているようで日本と違う。
やはりここは異国の地なんだな…と思わせる、そんなトンボたち。





長竿という尊い犠牲 を払って得た、異国の雰囲気を持つ虫たちのひとつだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

持ち帰れないんですか?

No title

今晩は、以前から色々拝見させて頂いております。自分としては国産クワガタコレクターですので以前の北海道ミヤマクワガタ採集の件に関しては特に興味深く読ませていただきました。
さてこの件とは関係ないのかもしれませんが?只今ヤフーオク、クワガタ虫外国産のカテゴリーに和歌山県産ミヤマ76ミリと言う形で出品されている物がありまして、そちらに以前むしけら屋さんの採集された76UP蝦夷ミヤマの画像が使われておりましてどういうことかなと言うか勝手に使われております。
確認できましたらお願い致します。

Re: No title

>高山性のおじさん さん

ご連絡ありがとうございます。
確認したところ、確かに私のブログの画像が使われておりました。
ほぼ同じタイミングで出品取消&詐欺主アカウント末梢したようで既にヤフオク上で消えており、被害者が出ずに済んで本当に良かったです。
…しかし、自分の画像が詐欺に使われたというのは嫌な気分ですね…
しかも、もう1枚の画像と明らかに別個体だし…

これにめげずに今後もブログを続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

ヤフオク詐欺のバタバタで返信漏れてましたmすみません。

> 持ち帰れないんですか?

種類によりけりですね。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク