スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパオオクワガタ

パラレリ-1
ヨーロッパオオクワガタ。
その学名からパラレリピペドゥスオオクワガタ(通称:パラレリ)とも呼ばれるオオクワガタの一種だが、大きさは日本のコクワガタより小さいぐらいで、最大でも3cm程度。
大アゴも小さく、日本でいう「オオクワガタ」のイメージとは程遠いクワガタである。
(※ただし、大アゴなどもよく見るとエッジが立っていて「確かにオオクワだな」と思わせられなくもない)

この小さなオオクワガタはお散歩するのが好きなようで、夕方に地面を歩いているのを時々見掛けた。
パラレリ-2
また、たびたび飛翔もするようで、夕方にヨーロッパミヤマクワガタの黄昏飛翔を観察しているとたまに妙に小さいのが飛んできて、思わず叩き落としたら本種だった…ということが何度かあった。
飛んでいた時間は夜中ではなく、ヨーロッパミヤマと同じく黄昏時だった。


ところで、このヨーロッパオオクワガタ、学名(→和名と学名)は Dorcus parallelipipedus という。
属名の Dorcus から日本のオオクワガタやコクワガタなどと同じグループであることが分かるのだが、ここに面白い話がひとつある。

日本にいるコクワガタは、今ではヨーロッパオオクワガタと同じ Dorcus 属とされているが、 かつては Macrodorcas という別の属にされていた。MacrodorcasMacro は大きいという意味で、dorcusdorcas になっているのは記載の際のタイプミスでそのまま付いてしまったものなので、つまり「大きいドルクス」という意味。
一方で日本のオオクワガタDorcus 属。…つまり、大きいオオクワガタの方が Dorcus 属で、小さいハズのコクワガタの方が Macrodorcas 属(大きいドルクス)という学名(属名)だった。
学名と大きさがあべこべ だったのだ。

実は、これは最初にDorcus 属として記載されたヨーロッパオオクワガタが小さく、日本にいるコクワガタ等の方が大きかったからなのである。しかし、実際アジア地域ではオオクワガタの仲間は大型種が多く、学名とサイズが逆になってしまった、という話。

…尤も、先に書いたように今ではどちらも Dorcus 属で同じグループとするのが主流になっているので、これは過去の豆知識となるのだが。



…ちなみに、今回自分が行った場所ではヨーロッパミヤマの方が多く見られたが、本種はフランス全土で普通種であるようで、インターネットで色々見ているとパリの近くの森でも普通に見られるようだ。
それだけ普通種ということは町に飛来することもあるようで、昼に町を散策していたところ、こんな残念な姿も一度見た。
パラレリ-3
パラレリ-4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
このまえの標本教室、とても面白かったです。
リュウキュウカラスアゲハとかはつかまえたりしましたか?

虫けら屋さんは、ミヤマ好きらしくで、ヨーロッパオオクワよりヨーロッパミヤマのほうが好きだったりします?

ブログに関係ない話ですが、協会のHPから標本教室のページがなくなっていて、むし社のHPからもリンクがなくなっているのはなぜでしょうか。

Re: No title

>TAROさん
ありがとうございます。
オキナワカラスは一度ぐらいしか採ってないですね。アマミは以前に何度も採りましたが。

自分はもともとミヤマクワガタが大好きなので、ヨーロッパのもオオクワとミヤマどちらか?と聞かれたらミヤマの方が好きですね。もちろん、ヨーロッパオオクワも好きですが。

標本教室HPは、秋以降にこちらで作成して再開しようと思っています。
夏休み中には間に合わないですが、出来上がったらむし社さんにも改めてリンク貼ってもらおうかな、と。

No title

何か、愛らしいクワガタですね。僕は基本的にリュウキュウコクワガタが大好きなので、このオオクワガタのなり損ない感がイメージが重なって一発で好きになってしまいました。

息子の受験が済んだらヨーロッパへ行こうかな?

Re: No title

>アマミシカマニアさん
カワイイですよ、ヨーロッパオオクワ。

ヨーロッパは、言葉の壁はあるにしても「何かあっても病院がちゃんとある」のは一番安心できるところですよね。
一方で、物価が高いのがネックです。2人で夕食2,500~3,000円ぐらいかかります…

でも、日本とまた違った虫が見られ、とても楽しいところでもあります。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。