FC2ブログ

エゴヒゲナガゾウムシ

フランスの虫の紹介中ですが、恒例の時事モノ。
日本の昆虫です。




5月ごろに咲いたエゴの花が散り、7月になると実がだいぶ膨らんでくる。
今の時期、この実をよく見てみると小さな虫がついていることがある。
エゴヒゲナガゾウムシ-1

この虫、よくよく見てみるととても面白い顔をしている。

エゴヒゲナガゾウムシ-2
白く真っ平らな顔で、牛の角のように左右に張り出している。
エゴヒゲナガゾウムシ、またの名を ウシヅラヒゲナガゾウムシ という。

まだ固くなる前の青いエゴの実を食べ、また産卵もこのエゴの実にするようだ。
♀は、♂ほど珍奇な顔はしていないが、それでもちょっと…
…いや、かなりひょうきんな顔。
エゴヒゲナガゾウムシ-3

体長5mm程度と小さいのでついつい見落としがちになるが、こういう小さいけれども面白いモノもたくさんいるのが昆虫。

エゴヒゲナガゾウムシ-4
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いい虫ですね

いい虫ですね。一目みて気にいりました。ヒゲナガゾウの類いはとても造形が変わっていて楽しい種類が多いと思います。また楽しい写真をアップしてくださいね。

Re: いい虫ですね

>アマミシカマニアさん
ウシヅラは、ヒゲナガゾウの中でもかなり珍奇な顔をした種で、エゴの実がなっているとつい探したくなる虫です。

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク