スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの…

6月28日、フランス滞在9日目。
いつものように夕方に食事を済ませ、暗くなる前に森へと向かう。
4日前に見つけたミヤマが多く飛び交うポイントに着き、時間を待つ。
フランス時刻
…針の指す時刻は日本時間であり、フランス時刻は下のデジタル表示、
「 9:08 」
つまり、この明るさで夜9時なのである(…ちなみに日本は朝4時)。
夏のフランスが、恐ろしく日が長いというのがご理解いただけると思う。

やがて陽が大きく傾き始め、空が、山が、橙色に染まっていく。
そうして21時半頃からポツポツと飛び始めるヨーロッパミヤマクワガタたち。

ヨーロッパミヤマクワガタたちが黄昏の空をいくつも飛んでいく様は、何度見ても飽きない。
不思議なものである。
大きく楕円軌道を描くように飛んでいくもの、大木にまとわりつくように行ったり来たりを繰り返すもの、まっすぐに飛び抜けていくもの…サイズも様々なら飛び方も様々であるが、やはりいかにもクワガタという感じの飛翔姿ではある。

…と、そんな中、低い場所・同じ位置でフラフラと飛び続ける♀がいるのに気が付いた。
飛んでいる姿でも、♂は長く伸びた大アゴがはっきり見えるので、それが見えないというコトは、すなわち♀である。
ヨーロッパミヤマの黄昏飛翔は、普通は何かを探すように大きく移動しながら飛び回るのに、この♀は同じ場所でずっとフラフラしている。

不思議に思い、捕らえてみ……




えええええっ!?




慌てて平らな場所まで持っていき、そこで改めて見てみる。

ヨーロッパミヤマモザイク-1


うっそだろ…


ヨーロッパミヤマモザイク-2

ヨーロッパミヤマクワガタ、雌雄モザイク。
頭部は♂だが大アゴはほぼ♀、前胸背の光沢がまだらになり左右でバランスも違う、そして胴体(中胸~腹部)はほぼ♀。
画像では分かりにくいが、前脚は左右で形が異なっており、右は♀に近く、左は♂に近い。
よく知られた左右真っ二つタイプではなく、「モザイク型」と言われる雌雄の特徴がゴチャゴチャに混じっているタイプだ。


…信じられない。

・初めてのフランス(…ていうか初めてのヨーロッパ)
・初めてのヨーロッパミヤマ(…ていうか初めての外産ミヤマ)
・ポイントも分からずGoogleマップと睨めっこして自分で決めた場所
・2週間弱という限られた滞在期間

…その限られた条件の中で、ミヤマの個体数の多いピンポイントを探し当て、その上まさかこんなモノに出遭ってしまうとは。
もはや奇跡に近い。


驚きすら通り越して、しばし呆気にとられてしまった。








……とまぁ、これでようやくフランス編が終了です。
他の記事を色々挟みながらだったとはいえ、7月頭に帰国したのに記事が完結するのが9月末…(汗

新婚旅行(の名目)でフランスに行き、憧れのヨーロッパミヤマクワガタの野生の姿を見ることが出来ました。
探し方が分かると思った以上に個体数の多い虫であったり、黄昏飛翔や交尾など野生下での生態をこの目で見て、同じミヤマクワガタの仲間でも日本のミヤマとは全く異なる生態をしているのだと肌で感じることも出来ました。
そしてミヤマ以外にも多くのヨーロッパの昆虫に出逢うことができ、非常に濃密で楽しい時間でした。



…そしてこの旅行でお金を使い果たし、帰国後は国内遠征にちっとも行けず、今年は地元採集に精を出しております(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

僕も、この前僕のすむ地域では珍しいセンチコガネを採取しました。

虫好きは、他の人より虫に気づきやすいのでしょうね。


ちなみに、6月には僕のすむ地域でカナブン採取しました。ド普通種なのに、なぜ僕のすむ地域では少ないのでしょうかね。

No title

ええっ、これってすごいことじゃないでしょうか。
いつも採集している人ならともかく、いやそれでも珍しいことだろうに、旅行に行ったそのときに捕まえてしまうなんて。
ヨーロッパの採集者が悔しがることでしょう(笑)

Re: No title

>melolontha@元TAROさん
なんだか記事とまったく繋がらない話ですが…

センチコガネは、実は意外と街中でも生息していたりします。
大都心の新宿中央公園でも見たことがあります。

カナブンはクズの藪の下などに幼虫が生息しているらしく、ちょっと放置されたような藪があった方が多く生息しているのかもしれませんね。

Re: No title

>Taku35歳さん
正直、ビックリしました。
国内で見つけてもビックリするようなものなのに、まさか海外で、しかも自分で決めた場所でこんなモノに出逢うとは思いませんでした。
狙って見つけられるようなモノではないですから、もやは「運」以外の何物でもないですね(笑)

No title

>虫けら屋さん
虫好きは、他の人より虫に気づきやすいのでしょうね。 という話です。
なぜでしょうか。虫好きになってから珍しい虫によく遭遇します。
ただ、雌雄モザイクをワイルドで採るとなると相当の運が必要ですね。(笑)
それにしても、以前にも黒いカナブンや赤いアオドウガネに遭遇しているようで、虫けら屋さんはかなりの運の持ち主ですね(笑)

ところで、雌雄モザイクは標本にしましたか?

Re: No title

>melolontha@元TAROさん
「見ることが出来ました」です。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。