スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫目テスト?

フランス記事もまだ少し残っておりますが、時期モノは旬のうちに…というコトで。
1年前ぐらいに、「虫目(むしめ)」という記事(→記事)を書いたが、その虫目を試すちょうど良い相手が、今の時期によく見られる…


9月2日
地元産オニヤンマをなんとか今シーズン中に仕留めようと、ポイントに向かって自転車を走らせていた時…
カラスウリやヤブガラシが絡んだ藪があるのが目につき、「アレがいそうだな~」と走りながらチラと見ると、予想たがわずソレがいた。


…どこに何がいるか、お分かり頂けるだろうか?
オオカマキリ-1





これを一発で見つけられた人は、虫目を持っている。

実は、画像の中央よりやや左、 オオカマキリ がいる。
…見つけられない方のために、答えは下のサムネイル画像をクリック!
オオカマキリ-1(答)

海外には恐ろしく精巧に擬態するカマキリもいるが、日本のカマキリは「カマキリ」というフォルムはそのままに、ほどよく(?)擬態しており、成虫が現れるこれからのシーズンは虫目を鍛える絶好の相手。
草葉にまぎれているけど、フォルムはカマキリそのものなので、ちゃんと見れば見える。

ただ、野外では、この画像のように「そこに“いる”という前提」がないので、探してもいないコトもある。
そして、そもそもにいそうな場所が分かっていなければ探しようがない。

虫目というのは、ただ「虫を見つける」だけではなく、こういう場所にはこういう虫がいる(いそう)という予想を自然と頭の中で組み立ててソレを探し、思惑通りに見つけたり…というのも含まれる。
注意力だけでなく、虫を探した経験もまた虫目を鍛えるのである。
…もちろん、予想外の場所に予想外の虫がいることもあるから、必ずしも「予想通り」にはいかないコトも多い。
経験・勘・注意力・観察力…等々、様々なものが組み合わさって、虫目 はできている。




…では、もう1問。

下の画像にもやっぱりオオカマキリが隠れているが、どこにいるか、分かるだろうか?
オオカマキリ-2
※もっと大きな画像で見たい方は、下のサムネイルをクリックして、出てきた画像をもう一度クリックすると大きくなるよ。
オオカマキリ-2-2


…答えは、「続きを読む」をクリック!

答え
オオカマキリ-2(答)

実は、画像の右下と左上の2ヶ所に、オオカマキリがいる。
野外では、そこに虫がいるかは分からないと同時に、そこにいる虫が1頭とは限らない のである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
子供の頃は、オオカマキリを探すのが得意で、この時期に草むらの画像を見ると瞬間オオカマキリを想像してしまいます。
案の定、オオカマキリでしたね。
数十年たった今でもオオカマキリを捜す虫目は衰えていなく、1枚目は難なくクリアー2枚目は1頭だけ見つかりました。
今も子供と一緒に河川敷でオオカマキリを探していますが、私は良く見つけるのに子供はなかなか見つけることができません。虫目は遺伝しないのかな??

Re: No title

>むっちゃんさん
こんばんは。
虫目はセンスと経験の両方から成り立つものですからね…。
虫を心から大好きになれば勝手に目が虫を探すようになるので自然と備わってくるとは思います。

…でも、もしかしたらカマキリ以外の虫を見つける虫目を持っているのかもしれませんよ?(笑)
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。